「セックスワークにも給付金を」訴訟 Proceedings for "Benefits for Sex Work"

現在の支援総額 Total amount of current support

6,149,300円 ¥ 6,149,300

102%

目標金額 Target amount

6,000,000円 ¥ 6,000,000

サポーター Supporter

792 人 792 supporters

支援の募集は終了しました Application Closed

国から「国民の理解を得られない」としてコロナ給付の対象から除外され差別を受けた性風俗店が、国に対しての訴訟を行います。訴訟を通じて『セックスワークisワーク』の意味が多くの人に伝わることを願います。※性風俗店で働くキャストは届け出をする事業者ではないため給付の対象です。

クラウドファンディング期間:2020年11月24日まで
A sex shop that has been excluded from the corona benefits and discriminated against because it "cannot get the public's understanding" will file a lawsuit against the country.

【原告のコメント】

私は関西にて無店舗型性風俗店(いわゆるデリヘル)を経営しています。

 新型コロナにおける国からの給付である「持続化給付金」「家賃支援給付金」について、風営法を守って「性風俗関連特殊営業」の届け出をしている事業者は除外されています。※性風俗店で働くキャストは届け出をする事業者ではないため給付の対象です。

他の職業の方や企業と同じように性風俗業にも多くの従業員がおり、多くの取引先もあります。従業員や取引先には家族がおり、生活があり、命があります。新型コロナの影響は国民全体が受けています。それなのに、「この『職業』だけは助けない」と国が決めることは、命の選別であり職業差別だと言えます。性風俗業への優遇を求めるわけではありません。ただ『平等に扱ってほしい』と願っています。 

具体的な根拠のない国の決定により、給付金をもらえないだけではなく、性風俗業という職業に対する世の中からの偏見や差別意識がいっそう助長されてしまいます。また、この新型コロナの影響が続く状況下では、給付金などの補償がなければ生活のために自粛をやめて営業をせざるを得ない状態にもなります。もしもそこで感染者が出てしまった場合、職業に対する差別意識はさらに助長されます。 

さらには、法律を守って正しく営業している事業者が潰れ、逆に違法な業者が生き残ることにもなり、「まともな経営をするだけ損」という発想にもつながります。これでは業界がアンダーグラウンド化してしまい、社会と分断されてしまいます。

 そういった差別を助長する構造を、国自身が作り出し、平等に取り扱われる権利などの人権を脅かすことはあってはなりません。性風俗産業に関わる全ての人を守るためにも、職業・業種によって差別されることのない平等な取り扱いを国に求める訴訟を行います。

 性風俗店は、受付業務や集客業務のみならず、そこで働くセックスワーカーの安全や働きやすい環境を守る役割も担っています。セックスワーカーは、自身で届け出をして、ひとりで営業をすることもできますが、現在、ほとんどの場合で性風俗店と契約を交わして働くことを選択しています。なぜなら、店の存在があることによって、セックスワーカーの安全が守られているからです。今回の問題のように、国が性風俗業に対して差別的な扱いをすることは、そこで働くセックスワーカーを危険にさらすことにもつながります。

 私は性風俗店の事業者ですが、この訴訟はセックスワーカーが安全に働けることを目指す訴訟であり、さらに言えば、性風俗業全体の未来に関わる訴訟だと捉えています。

 訴訟を通じて『セックスワークisワーク』、すなわち、セックスワークは仕事であり、職業選択の問題だという理念を多くの人に伝えてゆきたいと考えています。性風俗業の事業者だけでなく、そこで働く人たちの安全や働きやすい環境で働く権利を守るため、そして今後、性風俗業界が差別的な扱いを受けることがなくなるよう、後悔なく闘うことのできる裁判にしたいです。そのためには、以下の具体的な使途を挙げたとおり、出来る限り多くの費用が必要となります。ご支援をいただけたらありがたいです。

 また、職業によって差別されない世界を目指すことは、性風俗業だけでなく、誰しもに関わることではないかと思います。今回は性風俗業の問題ですが、今後、同じようにあいまいな理由によって、別の職業の方や業種の事業者が差別されることになるかもしれません。その意味で、この訴訟は、この国で生活する人ひとり一人の問題とつながっています。この訴訟を多くのかたに知っていただき、職業差別について考えていただくきっかけになればと願っています。ご支援のほどよろしくお願いいたします。


 【セックスワークisワーク】 


セックスワーク/ワーカーという言葉は、"性の商品化"や"売春婦"といった、それまでの差別的でネガティブな意味合いの言葉とは違い、「性的サービスを提供する仕事/労働者」という中立的な意味の言葉として使われるようになりました。 

こうした仕事としての認識が広がっていく中で、風俗で働く人どうしが繋がり、働く上での悩みや問題についてお互いに助け合うピアサポート活動が90年代から始まりました。 

現在では国内に様々な当事者団体があり、活動内容も多岐に渡っています。

安全な働き方や職場環境の普及啓発、労働問題における様々な制度や社会資源の活用、差別撤廃、権利擁護の社会啓発等、様々な課題解決に、各専門分野のエキスパートの人々も協力するようになりました。


【訴訟の内容】

①本来は風俗店にも平等に支払われるべき持続化給付金と家賃支援給付金を支払うよう国に請求する訴えと、それに加えて②差別的な取り扱いを受け、訴訟せざるを得なくなったことによる費用と慰謝料も賠償請求いたします。


【資金(寄付金)の使途】 

・訴訟費用(印紙代・コピー代など):10万円程度を予定しています。

 ・学者(憲法学者、行政法学者等)に依頼する意見書費用:専門的な分野ですので、専門家に意見書を執筆していただくことを予定しています。謝礼は幅がありますが、100万円程度を想定しており、寄付金からお支払いできればと考えております。

 ・弁護団、証人、原告などの交通費:訴訟は東京で行います。原告が関西から東京での裁判に出頭する際の交通費や、弁護団が関西に出張する際の交通費、さらには専門家の方などにお越しいただく際の交通費を寄付金から支出できればと考えております。 

・セックスワークisワークの活動を伝えるためのイベント開催・広報費用:この裁判について、原告が給付金を求めることにとどまらず、さらにはセックスワーク is ワークの理念や活動を広く社会に広めるためのきっかけにできればと考えています。頂いた寄付から、裁判に関連させた形で、そのような活動のイベント・広報費用に用いることができればと考えています。

 ・弁護士費用:専門性の高い訴訟のため、専門的な知見を有する6名の弁護士に弁護団を組んでもらいました。取り急ぎの着手金として1人あたり20万円でお願いしておりますが、弁護団からは、寄付金から実費に優先的に支出した上で、余剰が出た場合に弁護士費用を支払ってもらえれば良いと言われています。大変な訴訟をお願いするので、しっかりとお支払するべく、まずはその分をなんとか集めたいと思いますし、それ以上の寄付を頂けましたら、訴訟が長期化した場合の追加着手金、勝訴した場合の成功報酬、出張日当などもお支払いできればと考えております(なお、弁護団の中にCALL4のメンバーが含まれていますが、その方の弁護士費用は、寄付金からお支払うことはいたしません。)。 

・仮に多くの寄付をいただき、すべての経費を支出してなお余剰が出た場合には、今回の裁判にご協力いただいた支援団体へ寄付などをしたいと考えています。

※クラウドファンディング期間は2020年11月24日までを予定しています。


 【支援団体の紹介】 

・SWASH https://swashweb.net/

・ナイト産業を守ろうの会 


【弁護団メンバーの紹介】 

左から 三宅弁護士・亀石弁護士・井桁弁護士

弁護団長 弁護士 平 裕介(鈴木三郎法律事務所) 

2004年 中央大学法学部卒業 

2006年 日本大学大学院法務研究科修了 

2008年 弁護士登録(東京弁護士会) 

2012年 日本大学大学院法務研究科(現在、法学部)助教 


弁護士 出口かおり(さくら通り法律事務所) 

1998年 早稲田大学法学部卒業 2000年 早稲田大学大学院法学研究科公法学専攻憲法専修 

2011年 弁護士登録(東京弁護士会) 


弁護士 三宅千晶(早稲田リーガルコモンズ法律事務所) 

2013年 早稲田大学法学部卒業 

2016年 早稲田大学大学院法務研究科修了

2017年 弁護士登録(第二東京弁護士会) 


弁護士 井桁大介(宮村・井桁法律事務所) 

2007年 早稲田大学大学院法務研究科修了 

2008年 弁護士登録(第二東京弁護士会) 


弁護士 亀石倫子(法律事務所エクラうめだ)

2008年 大阪市立大学法科大学院修了 

2009年 弁護士登録(大阪弁護士会) 


弁護士 福田健治(早稲田リーガルコモンズ法律事務所)

2000年 京都大学法学部卒業

2006年 ペンシルバニア大学ロースクールLLMプログラム修了

2007年 早稲田大学大学院法務研究科修了

2007年 ニューヨーク州弁護士登録

2009年 弁護士登録(第二東京弁護士会)

2014年 早稲田大学法学学術院助手(〜2017年)


【弁護団のコメント】 


法律を守り、税金も納めている事業者なのに、「性風俗」であるというだけで持続化給付金や家賃支援給付金を受けられません。あなたはそれに賛成ですか?賛成だとしたら、その理由は?「いかがわしい」から?暴力団とのつながりがあるから?人身売買をしているから?それは、性風俗のリアルを知らないがゆえの誤解や、愛のある性行為だけが許されるという道徳観と関係があるのかもしれません。 

国は長いあいだ、性風俗事業者を多くの公的給付の対象から外してきました。その根底には、性風俗への誤解や偏見、特定の道徳観があるのではないか。これは、コロナ禍が浮き彫りにした「職業差別」です。 

私たち弁護団は、この訴訟を通じて性風俗に対する差別の根っこに何があるのかを明らかにしたい。そして、国が続けてきた性風俗への職業差別の歴史を終わらせたいと思っています。ぜひご支援をお願いいたします。 



※ご支援いただいた際のニックネームとコメントはCALL4サイト上の「支援者の声」に載りますのでご了承ください。

※支援金額の決定時にはCALL4さんへの支援金枠も表示されますので、よろしければCALL4さんへのご支援もぜひお願いいたします。

※JCBのクレジットカードはご利用いただけません。

※口座振込での支援も可能です。詳しくはFAQをご覧ください。

https://www.call4.jp/other.php?key=qa

公式Twitterアカウントはこちら→クラウドファンディングや訴訟の経過のお知らせ、イベント告知をいたします

[Plaintiff's comment]

I run a storeless sex shop (so-called delivery health) in Kansai.

Regarding the "sustainable benefits" and "rent support benefits" that are the benefits from the government in the new Corona, businesses that have filed "special business related to sex and customs" in compliance with the Fudosan Law are excluded. * Casts who work at sex shops are eligible for benefits because they are not the business operator who makes the notification.

Like other professions and companies, the sex industry has many employees and many business partners. Employees and business partners have families, livelihoods, and lives. The entire population is affected by the new corona. Nevertheless, it can be said that the government's decision that "only this'occupation'will not help" is a selection of life and occupational discrimination. We do not seek preferential treatment for the sex industry. I just hope that they will be treated equally.

A country's decision without a concrete basis not only makes it impossible to receive benefits, but also further promotes prejudice and discrimination against the profession of the sex industry. In addition, under the influence of this new corona, if there is no compensation such as benefits, we will have to stop refraining from self-restraint for living and start business. If an infected person emerges there, discrimination against the profession is further promoted.

Furthermore, businesses that comply with the law and operate properly will collapse, and on the contrary, illegal businesses will survive, leading to the idea that "just doing proper management is a loss". This will underground the industry and separate it from society.

The country itself must not create a structure that encourages such discrimination and threaten human rights, such as the right to be treated equally. In order to protect all people involved in the sex industry, we will file a lawsuit seeking equal treatment without discrimination by occupation or industry .

The sex shop not only plays the role of reception and attracting customers, but also protects the safety and comfortable working environment of the sex workers who work there. Sex workers can file their own notifications and operate on their own, but most now they choose to work under a contract with a sex shop. Because the existence of the store keeps sex workers safe . Discriminatory treatment of the sex industry by the country, as in this issue, also puts the sex workers working there at risk.

I'm a sex shop operator, but I see this proceeding as a lawsuit aimed at ensuring that sex workers can work safely, and for that matter, a proceeding related to the future of the sex industry as a whole .

Through the proceedings, I would like to convey to many people the idea that "sex work is work," that is, sex work is a job and a matter of career choice. To protect the safety of not only the sex business operators but also those who work there and the right to work in a comfortable environment, and to prevent the sex industry from being discriminated against in the future, fight without regrets I want to make a trial that can be done. For that purpose, as much as possible costs are required, as shown in the specific uses below. We would appreciate your support.

Also, I think that aiming for a world that is not discriminated against by occupation is not just about the sex industry, but about everyone. This time it's a matter of sex business, but in the future, for the same ambiguous reason, people in different occupations or businesses in other industries may be discriminated against. In that sense, the proceedings are linked to the problems of each and every person living in this country. We hope that many people will be aware of this proceeding and that it will be an opportunity to think about occupational discrimination. Thank you for your support.


[Sex work is work]


The term sex work / worker is different from the traditionally discriminatory and negative connotations such as "commodification of sex" and "prostitute", and is neutral to "work / worker providing sexual services". It came to be used as a word with a typical meaning.

As the recognition of this kind of work spreads, peer support activities began in the 1990s, in which people who work in customs connect with each other and help each other with their worries and problems in working.

Today, there are various parties involved in the country, and their activities are diverse.

Experts in each specialized field should also cooperate in solving various issues such as dissemination and enlightenment of safe working styles and working environments, utilization of various systems and social resources in labor issues, elimination of discrimination, and social enlightenment of advocacy. became.


[Details of the proceeding]

(1) An action to demand the government to pay the sustainability benefit and the rent support benefit that should be paid equally to the sex shop, and (2) the discriminatory treatment and the proceedings had to be filed. We will also claim compensation for the costs and consolation fees.


[Use of funds (donations)]

・ Proceedings (stamp fee, copy fee, etc.) : About 100,000 yen is planned.

・ Opinion written by scholars (constitutional scholars, administrative law scholars, etc.) Cost : Since this is a specialized field, we plan to have an expert write an opinion. There is a wide range of rewards, but we are assuming about 1 million yen, and we would like to pay from donations.

・ Transportation expenses for lawyers, witnesses, plaintiffs, etc .: The proceedings will be held in Tokyo. I hope that the donations will cover the transportation costs for the plaintiff to appear in a trial in Tokyo from Kansai, the transportation costs for the defense team to travel to Kansai, and the transportation costs for experts. is thinking.

・ Holding an event to convey the activities of sex work is work ・ Public relations expenses : In this case, the plaintiff not only seeks benefits, but also an opportunity to spread the idea and activities of sex work is work widely to society. I hope to do it. We would like to use the donations received for events and public relations expenses for such activities in a form related to the trial.

・ Attorney's fees : For highly specialized proceedings, we asked six lawyers with specialized knowledge to form a defense team. We ask for an urgent start of 200,000 yen per person, but if the defense team gives priority to the actual expenses from the donations and then pays the attorney's fees if there is a surplus. It is said to be good. I would like to ask for a serious litigation, so in order to pay firmly, I would like to collect that amount first, and if you donate more than that, an additional start fee if the litigation is prolonged, if you win the case We would like to pay the success fee, business trip daily allowance, etc. (Although the defense team includes members of CALL4, we will not pay the legal fees for that person from the donation. Hmm.).

・ If you donate a lot and spend all the expenses and still have a surplus, we would like to donate to the support group that cooperated with this trial.

* The crowdfunding period is scheduled for November 24, 2020.


[Introduction of support groups]

・ SWASH https://swashweb.net/

・ Meeting to protect the night industry


[Introduction of defense team members]

From left: Miyake Lawyer, Kameishi Lawyer, Igashi Lawyer

Attorney-at- law Yusuke Hira (Suzuki Saburo Law Office)

2004 Graduated from Chuo University Faculty of Law

2006 Completed Graduate School of Law, Nihon University

2008 Bar Association Registration (Tokyo Bar Association)

2012 Assistant Professor, Graduate School of Law, Nihon University (currently Faculty of Law)


Kaori Deguchi (Sakura-dori Law Office)

1998 Graduated from Waseda University Faculty of Law 2000 Waseda University Graduate School of Law, Department of Public Law, Department of Constitution

2011 Bar Association Registration (Tokyo Bar Association)


Attorney Chiaki Miyake (Waseda Legal Commons Law Office)

2013 Graduated from Waseda University Faculty of Law

2016 Completed Waseda Law School Graduate School of Law

2017 Bar Association Registration (Daini Tokyo Bar Association)


Daisuke Igita (Miyamura / Igita Law Office)

2007 Completed Waseda Law School Graduate School of Law

2008 Lawyer registration (Daini Tokyo Bar Association)


Lawyer Michiko Kameishi (Law Office Ecla Umeda)

2008 Completed Osaka City University Law School

2009 Lawyer registration (Osaka Bar Association)


Attorney Kenji Fukuda (Waseda Legal Commons Law Office)

2000 Graduated from Faculty of Law, Kyoto University

2006 Completed the University of Pennsylvania Law School LLM Program

2007 Completed Waseda Law School Graduate School of Law

2007 New York State Attorney Registration

2009 Bar Association Registration (Daini Tokyo Bar Association)

2014 Assistant Professor, School of Law, Waseda University (-2017)


[Comment from the defense team]


Even though I am a business that complies with the law and pays taxes, I cannot receive sustainability benefits or rent support benefits just because I am a "sex person". Do you agree with it? If so, why? Because it's "suspicious"? Because you have a connection with the gangsters? Are you trafficking? It may have something to do with the misunderstanding of not knowing the reality of sex and the moral view that only loving sexual activity is allowed.

For a long time, the country has excluded sex business operators from many public benefits. At the root of this may be misunderstandings, prejudices, and specific moral views of sexual customs. This is the "occupational discrimination" highlighted by the Corona sword.

Through this proceeding, we lawyers want to clarify what is at the root of discrimination against sex and customs. And I want to end the history of occupational discrimination against sex customs that the country has continued. Thank you for your support.



* Please note that the nickname and comments for your support will be listed in the "Voice of Supporters" on the CALL4 site.

* When the amount of support is decided, the support amount frame for CALL4 will be displayed, so please support CALL4 if you like.

* JCB credit cards cannot be used.

* Support by wire transfer is also possible. See the FAQ for details.

https://www.call4.jp/other.php?key=qa

公式Twitterアカウントはこちら→クラウドファンディングや訴訟の経過のお知らせ、イベント告知をいたします

FU-KEN(フーケン)

性風俗店(デリヘル)の経営者。

国がコロナ支援で性風俗業を除外した問題について、6/15に中小企業庁へと陳情書・署名簿を提出しました。