利用規約

Terms of use

概要

Basics

本規約は、一般社団法人Citizen’s Platform for Justice(以下「当団体」または「CPJ」といいます。)が提供する訴訟専門プラットフォームサイト「Call4」(https://www.call4.jp/、以下「当サイト」または「Call4」といいます。)の利用に関するルールを定めるものです。本規約をよくご理解の上本サイトをご利用ください。本規約を印刷・保存することをお勧めします。本規約の概要は以下のとおりです。

The terms of use set out below provide details of the terms of using “Call4”, a platform website specialized in lawsuits(https://www.call4.jp/)(“this website” or “Call4”). Call4 is owned by a general incorporated association, Citizen’s Platform for Justice (CPJ). Please read the terms of use carefully. By accessing this website, you agree to be bound by the terms of use below. Printing out/saving a copy of the terms of use is recommended. Below is the basics of the terms of use.

  1. 当サイトは、社会課題の解決を目指す訴訟(以下「公共訴訟」といいます。)の原告・被告人・支援団体・弁護団その他の担い手(以下「原告等」といいます。)と、公共訴訟を支援して社会的変革の後押しを求める人々の架け橋となるものです。当団体自身は、直接公共訴訟を実践したり、ロビイング活動をするものではありません。
  2. This website aims to be a bridge between a plaintiff, defendant, support group, defence counsel (“Case Owners”) of a lawsuit to solve social issues (“Public Law Litigation”) and people who support Public Law Litigation to bring a change into a society. CPJ does not file Public Law Litigation or lobby for Public Law Litigation.
  3. 当サイトはクラウドファンディング機能を有します。当サイトを通じて公共訴訟の原告等に直接資金を寄付することができます。寄付された資金は、クレジットカード手数料・銀行振込手数料等の一部の実費を除き、すべて原告等に提供されます。当団体は中間手数料等を徴収しません。
  4. This website offers a crowdfunding service. Through this website, you can directly donate to Case Owners of Public Law Litigation. All donations benefit Case Owners with the exception of credit card handling fees and remittance fees. CPJ does not charge any intermediate fees.
  5. 原告等は、当団体との間で本サイトのケースページ利用契約(以下「利用契約」といいます。)を締結します。原告等は当団体に対して利用契約に定める義務(訴訟に関する報告義務等)を負いますが、他方で当サイトの利用者その他の第三者に対しその他の法的義務を負うものではありません。特に、下記の点にご留意ください。
  6. Case Owners agree to the terms of using the Case Page (“Agreement”). Whereas they are obligated to items in Agreement (ex. the duty to report on a legal project for which funding is sought (“Case”)), Case Owners do not have any obligations toward any of Call4 users or any third party. Especially;
    • 原告等は、受領した寄付に関する会計報告義務を負わないこと
    • Case Owners do not have a duty to report a donation accounting.
    • 原告等は勝訴を請け負うものではないこと
    • Case Owners do not guarantee the win of the Case.
    • 原告等は、勝訴に際し金銭的、社会的、政治的を問わず何らの特典・補償・配当等を提供するものではないこと
    • Case Owners do not provide any incentive, compensation, or dividend.
    • 原告等は訴訟の進め方、主張内容、証拠の提出時期等その他一切の訴訟行為および訴訟関連行為に関して、寄付者を含めいかなる第三者の指示に対しても従う義務を負わないこと
    • Case Owners are not subject to any donators or third parties regarding the process and the content of a Case, actions in the Case, or actions relating to the Case.
  7. 当サイトは、公共訴訟を対象としたサービスですが、当サイトが、原告等の訴訟の遂行に関してなんらかの水準を担保するものでも、原告等が提起する訴訟の結果を請け負うものでもありません。また、当サイトは、法的見解を提供したり、個別の訴訟について特別に支援したりするものでもありません。当団体は、各訴訟について何らかの支配を及ぼすものでも、各ケースのページについて編集権を行使するものでもありません。各事件ページに記載された事項につき、適切な管理を心がけますが、その内容の正確性、適法性、正当性等につき一切の責任を負いかねますのでご留意ください。
  8. CPJ does not guarantee the completion and/or the consequence of a lawsuit on Call4. CPJ does not provide with any judicial opinions or any support for a particular Case. CPJ does not posses control over any Cases or does not have the right to edit a webpage of each Case. CPJ is not responsible for/does not supervise the accuracy, lawfulness, or validity of a Case.
  9. 当団体は、非営利型の一般社団法人です。当団体は、本サイトの運営に関し本規約に定めるものを除き一切の義務を負いません。特に、当団体が、一般社団法人として求められる会計報告義務を除き、受領した寄付に関する個別の会計報告義務を負わないことにつきご留意ください。
  10. CPJ is a nonprofit general incorporated association. The obligations of CPJ are exclusively bound to the terms of use. Especially note that CPJ does not possess the obligation to report the accounting of the each individual donation it received while it has the obligation to report an accounting which all the general incorporated associations are required to do.
  11. 当サイトを通じてなされた寄付は、48時間に限り返金いたします。返金を希望する方は、寄付に用いたニックネームと寄付の日時を以下のアドレス(refund@call4.com)までお知らせください。
  12. CPJ will process the refund of your donation when cancelled within 48 hours of donating. If you need to cancel your donation on Call4, please send an email to refund@call4.com including the name used when registering for the donation and the date of the donation.
  13. その他ご不明な点がございましたらお気軽に以下のアドレス(help@call4.jp)までお知らせください。
  14. Contact to help@call4.jp if you have further questions.

※ The governing language of this Terms shall be Japanese. The English translation foregoing is an summary only for reference purpose. If there is any contradiction between the English language version as the summary of the terms and the Japanese language version, then the wording of the Japanese version shall prevail.

一般条項

当サイト(https://www.call4.jp/)はCPJによって運営されます。Call4は公共訴訟の支援に特化したウェブプラットフォームです。当サイトは、クラウドファンディング機能、クラウドソーシング機能、訴訟資料データベース、公共訴訟に関するメディア機能等から構成されます。当サイトは、市民に公共訴訟に関する充実した情報を届けるとともに、公共訴訟の担い手が市民から簡単に支援を受けられるようにするサービスを提供します。
CPJは非営利を目的とする一般社団法人です。
本規約は、当サイトの利用に関する一切の事項に適用されます。当サイトの利用にあたっては、当サイトの利用者(ケースの管理者、当サイト訪問者、当サイトにアップされた訴訟記録の閲覧者、寄付者その他一切の利用者を含みます)は、当サイトを利用することにより本規約に同意したものとみなします。
本規約をよくお読みください。必要に応じて本規約を印刷し保存してください。
本規約は、必要に応じて当団体により自由に変更されます。なお、会員の地位等に関する重大な変更につきましては、会員の皆様にメール等により通知いたします。
変更の効力は当サイト掲載時またはメール通知時から3日後に効力を生じるものとします。効力変更後の利用は、変更後の規約に同意したものとみなします。

プライバシー

当サイトの利用に関する一切の情報は、厳格に保存されます。当団体のサービスの改善、本規約改定等の通知、寄付をしたケースに関する連絡、寄付金の返還その他の利用者にとって必要な目的のために利用されることがあります。
ケースの管理者は、当サイトのサービスの一環として、当サイトを通じてケースに寄付をした利用者に対して通知をすることができます。
当団体は、利用者の情報を目的外に利用することはいたしません。令状、本人の同意または人の生命に関わる緊急時を除き第三者に提供することもいたしません。

当団体の義務

当団体は、原告等の訴訟の遂行に関してなんらかの水準を担保するものでも、原告等が提起する訴訟の結果を請け負うものでもありません。また、法的見解を提供するものでも、個別の訴訟について特別に支援するものでもありません。当団体は、各訴訟について何らかの支配を及ぼすものでも、各事件ページについて編集権を行使するものでもありません。各事件ページに記載された事項につき、適切な管理を心がけますが、その内容の正確性、適法性、正当性等につき一切の責任を負いかねますのでご留意ください。
当サイトのご利用にあたって利用者の皆様になんらかの損害が生じた場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。

ケースの管理者

それぞれのケースにつき管理者が設定されます。管理者は、当団体との間でケースに関する別のケースページ利用規約に同意します。当団体は、寄付者からお預かりした寄付金につき、募集期間終了後1月以内に管理者に引き渡します。
当団体はクレジットカードによる寄付に関してstripe.comのサービスを利用しています。同社のサービスに要する3.6%の手数料その他の実費を除き、お預かりした寄付金の全額が管理者によって指定された支払い方法により支払われます。
今後、寄付金の募集にあたり他の決済サービスを利用する場合には、同様の方法により、必要な手数料等の実費を除き全額を支払います。
ケースの管理者は、当団体に対し、提訴義務、誠実訴訟追行義務、訴訟進捗報告義務、訴訟資料提供義務その他ケースページ利用規約記載の義務を負います。
ケースの管理者が原告の場合、ケース管理者は、当サイトを通じて得られた寄付金を訴訟費用に優先的に充当するものとします。また、提訴義務、誠実訴訟追行義務、訴訟進捗報告義務、および訴訟資料提供義務を果たす限り、実費、弁護士報酬等を除いた余剰金をケース管理者が自ら収受することを否定するものではありません。訴訟の追行は原告にとっても相当な労力であることを踏まえ、訴訟の追行を目的として集めた寄付金をどのように用いるかにつき、当団体は介入しません。
ケースの管理者が支援団体等である場合は、原則として管理者が原告である場合に準じます。ただし、各種義務は、当該支援団体が原告に対し当サイトに定める義務を遵守させる義務として構成されます。
ケースの管理者が弁護士である場合、管理者は寄付金を弁護士を報酬として分配するときには、その旨を明示するものとします。
当団体は、ケースの管理者が当団体に対する義務を怠る場合、当団体の理念と著しく反する態様でケースを管理する場合、その他当団体が必要やむを得ないと判断した場合には、ケースを非公開とし、または削除することができます。
ケースの管理者は、当団体がケースの管理者に本ケースページ利用規約の義務違反があると認めた場合で、催告によってもなお改善しないときは、個人または法人として、クラウドファンディングによって受領した金員を返還する義務を負います。

原告等の裁量

訴訟の追行は原告等の完全な裁量に委ねられます。期日の設定、主張の内容、証拠提出の有無、和解の受諾当一切の訴訟行為に関し、原告等が利用者の想定と異なる態様で訴訟を追行した場合でも、利用者は当団体、原告等および訴訟代理人に対してなんらの権利を有しません。訴訟代理人に弁護過誤が認められる場合であっても同様です。
原告と担当弁護士が、当サイトに掲載するケース以外のケースについて委任関係、雇用関係、親族関係その他の社会的関係にある場合があります。当団体は、原告等が提訴義務、訴訟進捗報告義務、訴訟資料提供義務その他ケースページ利用規約記載の義務を遵守する限り、これらの社会関係にあることに異議を述べません。利用者は、原告と担当弁護士の間に上記のなんらかの社会関係があることを理由として、損害賠償請求権等なんらの権利も有するものではないことを確認します。
当団体は、原告等が当団体に対する義務を怠るとき、またはケースの担当弁護士に看過しがたい懲戒事由が認められるときに、寄付の返還請求、損害賠償請求、懲戒請求等の法的措置を採ることがありますが、当サイトの利用者が当団体のこれらの権利を行使することはできません。また、利用者自身にこれらの権利が発生することもありません。

機能

当団体は、クラウドファンディング機能、クラウドソーシング機能、訴訟資料データベース機能、メディア機能等を有します。
クラウドファンディング機能は、公共訴訟の担い手がケースの管理者として募集します。クラウドファンディング機能を介した寄付に関する詳細は後述のとおりです。
クラウドソーシング機能は、作業の支援の募集者と担い手のマッチングを目的とします。当団体は掲示板として機能するボードを設置します。管理者やアカウント登録をした利用者は自由にボードに書き込むことができます。当団体は、ボードの記載内容につき一切責任を負いません。書き込み内容等につき、名誉毀損、信用毀損、プライバシー侵害、営業秘密侵害等の疑いがある場合、当団体は、これらの書き込みを非公開または削除することができます。
訴訟資料データベース機能は、公共訴訟の訴訟資料のうち、ケースの管理者の責任でプライバシー情報をマスキングしたうえでアップロードしたものをデータベース化したものです。利用者は自由に閲覧・ダウンロードできます。
メディア機能は、公共訴訟に関するストーリーを当団体の名義で掲載するものです。記載内容の責任は当団体にあります。
当団体は随時機能を追加・改善していく予定です。

寄付

利用者は、当サイトを通じて公共訴訟に寄付をすることができます。
寄付は、原告等に対して直接なされるものです。当サイトは公共訴訟に関する情報を掲載し、寄付者が寄付金を原告等に円滑に支払うシステムを提供するにとどります。
寄付された資金は、クレジットカード手数料・銀行振込手数料等の一部の実費を除き、すべて指定された原告等に提供されます。
原告等は、当サイトの利用にあたり、当団体との間で一定の義務を負いますが、寄付者を含む当サイトの利用者に対して一切の義務を負いません。
当サイトのクラウドファンディングの対象は、社会課題の解決を目指す訴訟に特化しています。寄付に対するサービス、物品等の返礼等は原則として予定されていません。訴訟を遂行し、社会課題の解決を目指すこと自体を応援していただければ幸いです。
寄付は原告等に対する寄付者による報酬等を意味するものではありません。寄付者と原告等の間にはなんらの権利・義務関係は生じません。
寄付は、寄付から48時間以内に限り解約することができます。寄付の解約は以下のアドレスにニックネームと金額を返金希望であることを明示して送信することにより行うことができます。当団体は、メールを受信してから7日以内に寄付を返金します。それ以降はいかなる理由であっても寄付の返金には応じかねますのでご留意ください。
原告等による訴訟追行の態様や訴訟の結果が想定と異なる場合も同様です。敗訴、和解、上訴権の放棄、訴訟代理人の弁護過誤その他いかなる理由であっても、寄付から48時間を超える場合の寄付の返還は認められません。
原告等は、寄付金の用途に関して、当団体に対する一定の義務を除き、完全な裁量を有します。訴訟に要する印紙・郵券、弁護士報酬、交通費、日当、専門家意見書等の実費、翻訳費用等に用いることが想定されますが、これらに限られるものではありません。
原告等は、寄付金の用途に関する報告義務を負いません。これは公共訴訟を追行する弁護士らに対する信頼に基づくものですが、運用を変更する可能性もあります。変更の際は本規約の変更としてお知らせいたします。

アカウント登録

利用者は、当サイトにアカウント登録することができます。アカウント登録をすることにより、ボードの作成、書き込み、編集等を行うことができます。アカウント登録者に対するサービスは随時更新されます。
当団体は、利用者が登録したIDおよびパスワードでログインされた場合、登録者によるものとみなします。IDおよびパスワードは厳重に管理してください。第三者に利用させることは禁止されます。

知的財産権

当サイトに掲載されたストーリー情報その他当サイトに関する一切の知的財産権は当団体に帰属します。
利用者が当サイトの利用にあたり提供した情報の著作権等は利用者に帰属しますが、当団体は必要に応じてこれらの情報を利用することができます。利用者は、利用者に不利益をもたらすものでない限り当団体のこれらの利用につき許諾するものとします。

免責

当サイトの利用者は、一般社団法人としての当団体、その理事、従業員その他の関係者、及び当サイトを利用する原告等または他の利用者に対し、当サイトの利用に関して利用者に生じた一切の損害につき免責するものとします。

その他

当サイトの利用に関する準拠法は日本法とし、紛争の一切は東京地方裁判所を管轄とします。
本規約に関するお問い合わせは、以下のアドレス(help@call4.jp)または当サイトのお問い合わせフォームからお寄せください。

作成 2019.02.14