法律家のみなさまへ To lawyers

CALL4の仕組み Mechanism of CALL4

CALL4(コールフォー)は、日本で初めての「社会問題の解決を目指す訴訟」の支援に特化したウェブプラットフォームです。
公共訴訟と市民をつなぐことにより、その社会的認知度を高め、また経済的にも労力的にも法律家が取り組みやすくなる仕組みを作ることで、この分野をより活性化したいと考えています。
CALL4 is the first internet based platform in Japan specialized in providing support for litigations aiming to solve social issues.
By linking public litigation and citizens, we hope to further invigorate this field by creating a system that will increase social awareness and make it easier for both legal and financial lawyers to work.

CALL4が提供するサービス Service provided by CALL4

  訴訟に対する経済的支援 Economic support for lawsuits

公共訴訟と市民をつなぐことにより、その社会的認知度を高め、また経済的にも労力的にも法律家が取り組みやすくなる仕組みを作ることで、 この分野をより活性化したいと考えています。 By linking public litigation and citizens, we hope to further invigorate this field by creating a system that will increase social awareness and make it easier for both legal and financial lawyers to work.

  訴訟の背後にある物語の共有 Share the story behind the lawsuit

資金と人員が許す限り、原告や弁護団にライターと写真家を派遣し、ストーリーを配信することで、訴訟の背景事情にある人や物語について、 より多くの方に知っていただくお手伝いをいたします。
将来的には、市民が専門知識や技術といった方法で訴訟活動に貢献したり、プロボノ活動を希望する弁護士たちと弁護団をマッチングし、 かつ公益性の認証のお手伝いができるような仕組みなども整備していきたいと考えています。
In addition, as long as funds and personnel permit, we can send writers and photographers to plaintiffs and lawyers, and deliver stories to help more people know about people and stories behind the case. I will.
In the future, we will develop mechanisms to help citizens contribute to litigation through expertise and technology, match lawyers who wish to be probonoed with lawyers, and help identify the public interest. I want to go on.

  訴訟資料の共有 Share litigation material

各事件でアップロードされた訴訟資料を整理してデータベース化することも予定しています。 これにより、公共訴訟に関するオープンな議論を促進したり、類似訴訟に携わる弁護団を支援します。 In addition, we plan to organize the database of litigation materials uploaded in each case. This will facilitate open discussions on public lawsuits and assist lawyers in similar lawsuits.

非営利型の一般社団法人による運営のため
手数料・サービス利用料などは不要です。
There is no need for fees and service charges as it is operated by a nonprofit general incorporated association.

これらのサービスはいずれも無料でご利用いただけます。なお、クラウドファンディングについて、他のサービスと異なり、運営団体であるCPJは手数料をいただきません。お返しなどの設定も不要です。簡単にファンドレイジングが実現できます。 All of these services are free of charge. The crowdfunding company, unlike other services, does not charge a managing party CPJ. You do not need to make any settings such as return. Fundraising can be realized easily.

*CALL4の運営は非営利型の一般社団法人Citizen's Platform for Justice(シティズンズプラットフォームフォージャスティス、略称CPJ)が担っています。

支援について About support

私たちは、CALL4を法律家の皆様の共有財にしていきたいと考えています。法律家の皆様が、より社会課題も解決を目指す訴訟を事件に取り組みやすくなるよう、日々改善していく所存です。社会課題の解決を目指す裾野が広がり、議論が活性化することを目指しています。 We would like to make Call 4 a common asset for lawyers. We will improve every day to make it easier for lawyers to deal with cases that aim to solve social issues. We aim to solve the social issues by broadening the base and revitalizing discussions.
ぜひ、運営に対するご意見をお寄せください。ぜひ多くのケースでご利用ください。多くの方のご参画を心待ちにしています。 Please give us your feedback on the operation. Please use it in many cases. We look forward to the participation of many people.

ケースページ作成方法 Case page creation method

ケースページを作成すると、クラウドファンディング機能等が利用することができます。

作成方法は以下の3つの手順でとても簡単です。
*ご利用の際は必ず利用規約をご確認ください。
If you create a case page, you can use the crowdfunding function etc. Also,
The creation method is very easy with the following three steps.*Please be sure to check the terms and conditions before using.

ログイン画面にてアカウントを作成。 Create account on login screen.

ログインメニューから「マイケース管理」をクリック。 Click "My Case Management" from the login menu.

「ケースの新規登録」をクリックし、フォームに事件の概要を入力。
承認されるとCALL4にクラウドファンディングの募集ページが掲載されます。
Click "New Case Registration" and enter the case summary in the form.
Once approved, CALL4 will post a crowdfunding recruitment page.

またピックアップケースに選ばれると、CALL4からライターと写真家が派遣され、事件に関するストーリーページが無料で作成されます。
これにより、多くの方に事件の背景事情を知っていただくお手伝いをいたします。
Also, if it is chosen as a pickup case, a writer and a photographer will be dispatched from CALL 4 and a story page on the case will be created free of charge
This will help many people to know the background of the case.

ケースページ作成条件 Case page creation conditions

ケースページ作成の条件は以下の3点です。 The conditions for case page creation are the following 3 points.

  • 条件1 Condition 1

    事件ページの作成は原則として原告名義で行う必要があります。
    (原告の支援団体を含む。)
    In principle, the case page must be created under the name of the plaintiff (including plaintiffs' support groups).

    弁護士名義での作成は例外的な場合とするようお願いしています。 Creation in the name of a lawyer is requested to be an exceptional case.

  • 条件2 Condition 2

    訴訟の相手方は国・自治体に限定しております。 The other party of the lawsuit is limited to the state / local government.

    私人(大企業を含む)を相手方とする訴訟に関しては、ご利用いただけません。 また、刑事事件については、法律の解釈適用が争いになる事件に限ります(事実認定に争いがある事件を除きます。)。 今後の運用により範囲を広げることを検討しておりますが、当面の間、上記の事件に限定いたします。何卒ご理解ください。 The other party of the lawsuit is limited to the state / local government. It is not available for lawsuits against private individuals (including large companies). In addition, criminal cases are limited to cases in which the interpretation and application of the law is in dispute (except in cases where there is a dispute in fact finding). We are considering expanding the scope by future operations, but for the time being we will limit to the above cases. Please understand.

  • 条件3 Condition 3

    社会問題の解決を目指す訴訟であることを条件とします。 The condition is that it is a lawsuit aiming to solve social problems.

    何が「社会問題の解決を目指す訴訟」であるかは非常に難しい問題です。法律家ごとに定義が異なるかもしれません。 当面の間は試行錯誤が続くかと思いますが、ケースを当サイトに掲載するか否かは当団体にて判断させていただきます。 ただ、できる限り広く捉えたいと考えていますので、公共性があるとお考えの場合は是非ご利用をご検討ください。 The condition is that the lawsuit seeks to resolve social issues. It is a very difficult question what is “a lawsuit aimed at solving social issues”. Each lawyer may have different definitions. For the time being, I think trial and error will continue, but we will decide whether or not to post cases on our site. However, we want to capture as wide as possible, so please consider using it if you think it is public.