Call4とは

About Call4

谷口太規 Motoki Taniguchi(代表、写真中央右)

Motoki Taniguchi (President)

井桁大介 Daisuke Igeta(プロジェクトマネージャー/副代表、写真右)

Daisuke Igeta (Project Manager)

杜多真衣 Mai Toda(サイト構成・ディレクション、写真中央左)

Mai toda (Web-director)

東出紀之 Noriyuki Higashide(デザイン、写真左)

Noriyuki Higashide (Designer)

Call4(コールフォー)は、日本で初めての、「社会課題の解決を目指す訴訟」の支援に特化したウェブプラットフォームです。

Call4 is the first internet based platform in Japan specialized in providing support for litigations aiming to solve social issues.

Call4が提供するサービスは、クラウドファンディングによる訴訟に対する経済的支援、ストーリーページによる訴訟の背後にある「人」に焦点を当てた物語の共有、訴訟資料のデータベース化による共有財化の実現、クラウドソーシング機能による訴訟活動へのサポート(近日中に実装予定)などの仕組みです。

Among the services Call4 provides are economic support for litigations through crowdfunding, sharing stories of the people behind litigations, and supporting litigations through crowdsourcing (setting up in the near future).

Call4の運営は非営利型の一般社団法人Citizen's Platform for Justice(シティズンズプラットフォームフォージャスティス、略称CPJ)が担っています。

Call4 is run by a nonprofit general incorporated association, Citizen's Platform for Justice (CPJ).

私たちが目指すもの

Our Mission

これまでも、司法の場を通じて、しいたげられた人々の尊厳を取り戻し、不正義をただし、またより良い社会のあり方を問う努力が続けられてきました。

Many legal efforts have been made to recover the dignity of downtrodden people, remedy injustice, and question existing social conditions in the aim of creating a better society.

こうした活動は、一定の成果を挙げてきましたが、残念ながら、多くの人たちにとって身近なものとは言いがたいものでした。ごくたまに、判決などが出た際にテレビニュースとなったものを見ることはあっても、そうした訴訟の背後にある「人」のストーリーを見聞きしたり、訴訟への共感を形にして訴訟を支援したりする機会は、多くの人にとってあまりありませんでした。

Such actions have been successful to some extent, but, unfortunately, the actions in the legal field are unfamiliar to many people. Although they may see some decisions of the court on TV on rare occasions, seldom have people had opportunities to see stories of people behind lawsuits.

そのため、日本では、司法を通じてより良い社会を作っていくというせっかくの手段は、活発に使われているとは言えない状況です。

It is also rare for the public to have supported lawsuits in order to show their empathy and understanding. When we think about the current situation, we could seldom say that we have made the best use of the law as a means of social improvement.

私たちは、「社会課題の解決を目指す訴訟」に関する情報を集め、公開し、それを支えるプラットフォームを作ることで、ひらかれた司法を実現することを目指しています。

We aim to open the legal process to the public by creating a platform to gather and share information on “lawsuits that aim to solve social issues,” as well as a means to support the lawsuits.

このプラットフォームを通じて、より多くの人たちが司法で起きていることを知り、関心を持ち、そしてさまざまな形で参画することができる仕組みを作ります。また司法関係者、研究者や報道のプロフェッショナルたちにもより正確で豊富な情報を届け、科学的で生産的な議論を後押しします。

We have created a system where more people can learn what is happening in the legal field, increase their interest, and get involved in the issues. We also deliver precise and rich information to professionals such as lawyers, researchers, and journalists, and we support more factual and productive discussions.

私たちの社会を形づくる力の一つである司法が、真に人々にひらかれたものとなった時、より多様で公正な社会を私たちは見ることができるはずです。

When law, one of the most powerful factors shaping our society, has become truly open to people, we shall see more fair and diverse world.

ライター

Writer

writer-img

原口侑子 Yuko Haraguchi

Yuko Haraguchi

東南アジア・アフリカを拠点に活動。

Website

写真家

Photographer

photographer-img

神宮巨樹 Ooki Jingu

Ooki Jingu

「動く心、お待ちしています!」

Website

Instagram

名前の由来

The Origin of the Name “Call4

call4_logo

Call4は、「〜を求めて呼ぶ」「〜を必要とする」という意味の英語の”call for”という熟語から名付けられました。

Call4 stands for an English phrase “call for”, which means “to publicly ask for or demand” and “to need a particular action, remark, or quality.”

立法、行政、司法は三権と呼ばれていますが、社会を形作る4つめの力として「人々の共感」というものがあるはずだと私たちは考えます。

Besides the three powers in the society: administration, legislation, and judicature, we regard “Empathy” as the fourth power to shape the society.

そうした人々の持つ力=4つめの力を、求めて呼ぶ、という意味で、”four”の代わりに、”4”という数字を使っています。

We use the numeral, “4”, to represent such the fourth power possessed by the public.

メッセージ

Message

Call4の活動も皆様の「共感」によって初めて成立します。ぜひCall4のことを友人に、家族に伝えてください。SNSで話題にしてください。ぜひご意見をお聞かせください。ぜひ寄付してください。ぜひ取り上げた訴訟を傍聴に行ってください。議論をしてください。皆様のご支援を心よりお願いいたします。

Call4 cannot exist without your “Empathy.” Please tell your friends and/or family about Call4. Spread Call4 on SNS. Give us your opinion. Donate us. Attend a trial of the cases you see on Call4. Make discussions of the cases. We appreciate your support and cooperation very much.

Call4は非営利型の一般社団法人です。Call4は一部助成金を得ている以外は、皆様からの寄付で運用されています。いただいた寄付は、サイトの開発・運営やストーリーの配信等に要する人件費などに当てられます。どうぞ寄付をお願いします。

Call4 is a nonprofit general incorporated association. Call4 receives various grants, but mainly runs on donations. The donation is used for labor costs to develop and maintain the website. We appreciate your donation.

銀行振込で寄付する:
三菱UFJ銀行 池袋東口支店(支店コード173)
普通預金口座0627274
名義:シティズンズ・プラットフォーム・フォー・ジャスティス

クレジットカードを利用して寄付する場合は、以下からお願いします。

Donate by bank transfer:
Branch Name: MUFG Bank, Ltd. Ikebukuro Higashiguchi Branch
Beneficiary Account Number: 173-0627274
Beneficiary Name: Citizen’s Platform for Justice

If you wish to donate using a credit card, please contact us from the following:

*このプロジェクトは在日米国大使館の助成金を運営資金の一部として実施しています。

*This project has received a grant from the US Embassy in Japan.