裁判アーカイブプロジェクト

The Public Interest litigation Archive Project

<裁判アーカイブプロジェクトとは>

<What is the Public Interest litigation Archive Project?>

社会課題の解決を目指す訴訟(公共訴訟)の裁判記録を、ウェブ上で保存し、公開するプロジェクトです。

The goal of this project is to build an online archive of records of public interest litigation (PIL) cases, including written allegations, evidence, and decisions to promote efforts to deliver justice on key social issues.

訴訟記録には、主張書面や証拠、判決などが含まれます。

<なぜプロジェクトを始めるのですか?>

<What inspired you to start this project?>

司法における議論は、私たちの社会を形づくるものです。判決は、一種の法律のような効果を持ちますし、そこにいたる議論の過程は、国会議事録に匹敵する公的な性格を持つものです。

We believe that discussions in courts are one of the factors that form our society. Judicial decisions have a power similar to that of laws, and the process of judicial decision-making is of a nature similar to that of the Diet minutes.

しかしながら、社会課題の解決を実現してきた著名裁判には、記録が特別の保護の対象とされていないものも多く、これらは相次いで廃棄されています(2019年2月5日、参照:朝日新聞デジタル版 https://digital.asahi.com/articles/ASM1D446WM1DULZU006.html)。

However, the records of some of the milestone cases that resolved social issues are not subject to protection, and unfortunately, they have been disposed of.

Refer to the digital version of the Asahi Shinbun in February 5, 2019: https://digital.asahi.com/articles/ASM1D446WM1DULZU006.html

現在、いくつかの団体が、裁判記録の保存を求めて活動しています。

Currently, several groups are working towards the goal of preserving the records of litigation in courts.

Call4では、そのような団体と連携しつつ、裁判記録を社会の共有財とするべく、pdf化して公開することとしました。

In collaboration with some of these groups, we, at Call4, are working to publish PDF version of these records to promote them as a shared public good.

<プロジェクトはどうやって運営されますか?>

<How is the project managed?>

過去の事件は、それぞれ新たにケースとして登録されます。
過去案件ですので、いくつか特殊性があります。

Past PIL cases are recorded as individual new cases. The following are the characteristics to be noted:

  1. 訴訟記録の提供者が、ケース登録者となります。
  2. The provider of a case record becomes the provider of the case.
  3. マスキングの責任は、ケース登録者に帰属します。
  4. The provider of a case is responsible for anonymization of the record.
  5. ケース登録者は、その訴訟と関連する団体を寄付先として指定することができます(個人や法律事務所は寄付先とはなれません。)。
  6. The provider of a case may donate the record to an organization related to the case, excluding individuals and law firms.

<ぜひご支援ください>

<Your help is much appreciated.>

私たちは、裁判記録の公開を通じて、法律家、学生、研究者にとどまらず、社会の全ての人々が裁判というものを身近に感じてくださることを願っています。

We hope that by publishing the records of PIL cases, we can help not only legal specialists, students, and researchers but also everyone in society familiarize themselves with litigations.

公開された記録を参考にして、新たな訴訟が提起されたり、議論が生まれることを求めています。

We expect that our archive will stimulate discussions and encourage people to engage in public interest litigation to achieve social justice.

多くの方のご利用を心待ちにしています。

We are looking forward that our archive will emerge as one of the foremost resources for anyone seeking information on PIL cases.

<裁判記録をお持ちの皆様へ>

是非、お手持ちの裁判記録を公開してください。

下記の「ケースの新規作成」からケースページを作成してください。承認されるとCall4にクラウドファンディングの募集ページが掲載されます。

適切なマスキングをした上で、アップロードをお願いします。
なお、ご利用の際は必ず利用規約をご確認ください。