結婚の自由をすべての人に訴訟(同性婚訴訟) The “Marriage For All” Lawsuit

現在の支援総額 Total amount of current support

2,504,500円 ¥ 2,504,500

50%

目標金額 Target amount

5,000,000円 ¥ 5,000,000

サポーター Supporter

349 人 349 supporters

支援する Support a Case

法律上の性別が同じ人どうしは、日本では結婚できません。
2019年2月14日、札幌、東京、名古屋、大阪の各地方裁判所で提訴、さらに、9月5日には福岡地裁でも提訴しました。
本ケースは、日本初の同性婚についての集団訴訟(「結婚の自由をすべての人に」訴訟)です。
法律上の性別にかかわらず結婚できることを目指しています。
A class-action lawsuit for the right to same sex marriage, the first of its kind in Japan.
We filed law suits in the district courts of Sapporo, Tokyo, Nagoya , Osaka and Fukuoka.

【ご支援は、弁護士費用を除く訴訟のための費用に充てられます。弁護士費用にはなりません。】

【おかげさまで当初の目標金額を達成しましたが、全国5か所で6つの訴訟が進行中であり、費用がまだまだかかると思われますので、目標金額を引き上げ、引き続きご支援を承っています】

日本初の同性婚集団訴訟(「結婚の自由をすべての人に」訴訟)

2019年2月14日、日本でも法律上の性別が同じ人どうしが結婚できるようになるために、札幌、東京、名古屋、大阪の各地方裁判所で、一斉に提訴しました。

2019年9月5日には、福岡地方裁判所にも提訴しており、全国5か所で訴訟中です。

また、2021年3月26日、東京地方裁判所に新たに提訴(第2次東京訴訟)しており、全国5か所で6つの訴訟が進行中です。

なぜ同性婚を求めるのか

「愛し合っていれば、結婚できなくてもいいのではないか」と思われる方もいるかもしれません。
しかし、法律上の性別が同じ人どうしは、日本では結婚できず、法律上認められないことがたくさんあります。

例えば、遺言をしておかなければ一緒にいた時間がどんなに長くても財産を相続することは一切できません。
2人で子どもを育てていても、2人ともが親権者になることはできません。
外国人のパートナーがいる場合、男女であれば結婚して配偶者として日本にいる資格を得られますが、同性だと配偶者として日本にいる資格を得られません。

また、男女であれば、法的には結婚していなくても事実婚として保護されることがあります。
遺族年金の受給は法律で保障されていることが明文化されていますし、遺族としての慰謝料請求ができるなど法解釈での保護もあります。

しかし、同性の場合は事実婚として保護されるかが定かでなく、同性パートナーを殺され犯罪被害者遺族給付金を認められなかった方が裁判をしてもいます。

他にも、医療に関する困りごとがあります。
法的な家族でないとダメという法的な制限はなく病院さえ対応してくれればいいだけなのですが、法的な家族でないためパートナーの病状説明を受けられない、面会ができない、医療行為の同意ができないということも起こっています。

さらに、同性カップルの結婚が認められないことは、二人が社会的にいつまでも認知されないことを意味します。
「結婚すら認められない関係性」ということで劣ったものと印象付けられることにもなりかねません。
「同性同士の関係性は未来がないから」という理由で、別れた同性カップルも、残念ながら、少なくないはずです。

国に賠償を請求していますが、お金が目的ではありません

この訴訟では「国会がいつまでも”同性カップルが結婚ができるための法律”をつくらないのは、憲法上の人権を侵害し、違法だから国は賠償すべき」として、国に対し、原告1人当たり100万円を賠償金として請求しています。
形の上では「100万円支払え」と国に賠償金を求めていますが、お金が欲しくて訴訟をしているわけではありません。

日本の裁判所では法律等が憲法に違反するかどうかの判断のみを求めることができないため賠償金の支払いを求めているだけで、真に求めているのは、法律上の同性どうしでも結婚できるようにすることです。

訴訟弁護団

弁護団(結婚の自由をすべての人に訴訟弁護団)は全国各地の70名以上の弁護士からなります。

ご支援の使い途

ご支援は、弁護士費用を除く訴訟の費用(印紙代、コピー代、交通費、意見書依頼費等)にあてます。

なお、結婚の自由をすべての人に訴訟弁護団では、2019年2月14日の一斉提訴後にも2019年2月14日の訴訟と同じ形式での提訴を検討しており、2019年9月5日に福岡地方裁判所で提訴いたしました。2021年3月26日には、東京地方裁判所で第2次提訴もしました。今回いただいたご支援は、2019年2月14日の一斉提訴後の後続の訴訟の費用にも使わせていただきます。

日本でも、法律上の性別が同じ人どうしが結婚することを選択できるようになり、結婚をする、しないの自由を法律上の性別が異なる人以外も持てるように、結婚の自由をすべての人に訴訟のご支援をよろしくお願いいたします。

Twitter 「結婚の自由をすべての人に」訴訟 訴訟進捗・資料のCALL4掲載情報お知らせ用

Twitter 「結婚の自由をすべての人に」訴訟・東京弁護団

Twitter 「結婚の自由をすべての人に」訴訟九州弁護団

A class-action lawsuit for the right to same sex marriage, the first of its kind in Japan

On February 14, 2019, we simultaneously filed law suits in the district courts of Sapporo, Tokyo, Nagoya and Osaka seeking the right for same sex couples to marry. 

On September 5, 2019, another law suit was filed in Fukuoka district court by a same sex couple.
 There are now five of these high-profile lawsuits going on in Japan. 


Why seek same-sex marriage?

A couple whose gender is legally the same can’t marry, which means that they are not entitled to certain rights afforded to married couples. For example, no matter how long they live together, the survivor can’t inherit the deceased’s properties without a will. When a same-sex couple are raising children together, parental authority is not granted to both. 

And if a Japanese national marries a partner of the opposite sex of a foreign nationality, that partner can acquire resident status to live in Japan, whereas a foreign partner of the same sex cannot acquire such status to enable him/her to stay in Japan as a spouse. 

Opposite-sex couples can enjoy protection in the form of common-law marriage without formal marriage registration. 

In this framework, eligibility for receiving pension as the surviving “spouse” is stipulated by law, while the survivor’s right to demanding compensation for damages is also protected through legal interpretation. But in the case of same-sex couples, similar protection enjoyed by opposite-sex common-law marriage is not fully established. Also, there has been a case in which a survivor whose same-sex partner had been killed was denied survivor benefits when he filed a lawsuit to have the right to make an application for these benefits in accordance with the Law for Providing Compensation to Innocent Victims of Crimes. 


Same-sex couples also suffer issues concerning health care. Although there is no legal restriction to force hospitals to accept only legally defined “families” as families, there are cases in which individuals whose partners are same-sex are denied explanation of a patient’s condition, visits, or consent for clinical treatment, because they are not considered the patients’ legitimate family members.


We cannot accept the idea that we don’t need enactment of the same-sex marriage as long as there is love. Even though the realization of same-sex marriage may not change the way people think immediately, it will definitely influence their reception of same-sex couples. This is also the reason why we are advancing this lawsuit for same-sex marriage.


There are many other areas where same-sex couples may be at a disadvantage in addition to the above.

When facing these difficulties, is believing “as long as we love each other” enough? Two men or two women love each other the same way as a man and a woman; is it not unequal treatment to deny them the right to marry and all the protections that brings? 


No matter how long a same sex couple is together, society does not formally recognize their union, love and commitment to each other. This thereby creates a perception that same sex love and relationships are “inferior” to heterosexual love and relationships. Living in this kind of cultural climate, many same sex relationships fall apart prematurely, believing there is “no future” for them. 


Why are we asking for money then?
The Japanese judiciary system is not able to pass judgements solely regarding interpretations of the Constitution itself. The court must decide first among many lawsuits that might have a concrete violation of rights against a defendant. Then among those determine if an examination of the Constitution is necessary. Only these latter cases decided as such shall be reviewed.
 It is not permitted to file an abstract lawsuit requesting a judgement on the constitutionality of marriage equality. We need to give specific cases of how same-sex couples’ rights have been violated. Therefore we will first make a claim for compensation then also add a claim that this is a constitutional violation. The amount of reparations is one million yen per plaintiff.


About our lawyers

“Marriage for All” team consists of more than 70 lawyers residing all over Japan. 


Your financial support covers all the expenses for the lawsuit except compensations for lawyers. These include revenue stamps, photo copies, transportation, compensation for professionals to prepare “opinion in writing”, and others.  


A lawsuit started in Fukuoka on September 5, 2019, in the same manner as we did on February 14, 2019. Your monetary support will also go to this law suit. 


“Marriage For All Japan” is aiming to realize a society in which everyone can have a choice of either getting married if they wish or remaining unmarried without being forced to do so, regardless of sex, sexual orientation or gender identity. Let’s make same-sex marriage a reality in Japan and make marriage something for everyone by sharing our stories. Your support is truly appreciated. 


Translated by Kikumi Suda and  Eric Ellefsen
Translation sponsored by Fruits in Suits Japan

Twitter 「結婚の自由をすべての人に」訴訟 訴訟進捗・資料のCALL4掲載情報お知らせ用

Twitter 「結婚の自由をすべての人に」訴訟・東京弁護団

Twitter 「結婚の自由をすべての人に」訴訟九州弁護団

森あい

「結婚の自由をすべての人に」訴訟・弁護団員
当サイトの同訴訟についてのクラウドファンディング呼びかけ人

「結婚の自由をすべての人に」訴訟・弁護団員(2021.4.12時点)
■北海道弁護団
【札幌弁護士会】上田文雄 加藤丈晴 須田布美子 高橋友佑 綱森史泰 林拓哉 皆川洋美 本橋優子

■東京弁護団
【東京弁護士会】上杉崇子 榎本一久 金子美晴 熊澤美帆 樋田早紀 清水皓貴 蕭以亮 寺原真希子 中川重徳 永野靖 服部咲 北條友里恵 松田亘平 溝田紘子 山下敏雅 油原麻帆
【第一東京弁護士会】井上皓子 宇治野壮歩
【第二東京弁護士会】加藤慶二 佐藤樹 沢崎敦一 鈴木創大 仲村渠桃 原島有史 松宮英人 三浦徹也 横山佳枝
【千葉県弁護士会】喜田康之 南川麻由子
【神奈川県弁護士会】齋藤信子 藤井啓輔
【愛知県弁護士会】水谷陽子

■愛知弁護団
【愛知県弁護士会】佐藤あゆみ 進藤一樹 砂原薫 堀江哲史 矢崎暁子 山田麻登

■関西弁護団
【大阪弁護士会】大畑泰次郎 寺野朱美 宮本庸弘 三輪晃義 山岸克巳
【香川県弁護士会】佐藤倫子

■九州弁護団
【福岡県弁護士会】安孫子健輔 石井謙一 石田光史 井上敦史 岩橋愛佳 太田千遙 緒方枝里 久保井摂 後藤富和 武寛兼 徳原聖雨 富永悠太 仲地彩子 西亜沙美 塙愛恵 原田恵美子 吉野大輔
【熊本県弁護士会】藤井祥子 藤木美才 森あい
【山口県弁護士会】鈴木朋絵
【鹿児島県弁護士会】永里佐和子
【東京弁護士会】入野田智也

関連コラム