結婚の自由をすべての人に訴訟(同性婚訴訟) Lawsuit for freedom of marriage to every

現在の支援総額 Total amount of current support

355,500円 ¥ 355,500

17%

目標金額 Target amount

2,000,000円 ¥ 2,000,000

パトロン数 Supporter

56 人 56 supporters

支援する Support a Case

法律上の性別が同じ人どうしは、日本では結婚できません。
2019年2月14日、札幌、東京、名古屋、大阪の各地方裁判所で提訴、さらに、9月5日には福岡地裁でも提訴しました。
本ケースは、日本初の同性婚についての集団訴訟(「結婚の自由をすべての人に」訴訟)です。
法律上の性別にかかわらず結婚できることを目指しています。
People with the same legal gender can not get married in Japan.

【このクラウドファンディングは、訴訟費用のみに充てられます。弁護士報酬にはなりません。】

日本初の同性婚集団訴訟(「結婚の自由をすべての人に」訴訟)

2019年2月14日、日本でも法律上の性別が同じ人どうしが結婚できるようになるために、札幌(3カップル)、東京(6カップル(現在は5カップル))、名古屋(1カップル)、大阪(3カップル)の各地方裁判所で13組のカップル(現在は12組)が提訴しました。

2019年9月5日には、福岡地方裁判所にも1組のカップルが提訴しており、全国で13組のカップルが訴訟中です。

なぜ同性婚を求めるのか

「愛し合っていれば、結婚できなくてもいいのではないか」と思われる方もいるかもしれません。
しかし、法律上の性別が同じ人どうしは、日本では結婚できず、法律上認められないことがたくさんあります。

例えば、遺言をしておかなければ一緒にいた時間がどんなに長くても財産を相続することは一切できません。
2人で子どもを育てていても、2人ともが親権者になることはできません。
外国人のパートナーがいる場合、男女であれば結婚して配偶者として日本にいる資格を得られますが、同性だと配偶者として日本にいる資格を得られません。

また、男女であれば、法的には結婚していなくても事実婚として保護されることがあります。
遺族年金の受給は法律で保障されていることが明文化されていますし、遺族としての慰謝料請求ができるなど法解釈での保護もあります。

しかし、同性の場合は事実婚として保護されるかが定かでなく、同性パートナーを殺され犯罪被害者遺族給付金を認められなかった方が裁判をしてもいます。

他にも、医療に関する困りごとがあります。
法的な家族でないとダメという法的な制限はなく病院さえ対応してくれればいいだけなのですが、法的な家族でないためパートナーの病状説明を受けられない、面会ができない、医療行為の同意ができないということも起こっています。

さらに、同性カップルの結婚が認められないことは、二人が社会的にいつまでも認知されないことを意味します。
「結婚すら認められない関係性」ということで劣ったものと印象付けられることにもなりかねません。
「同性同士の関係性は未来がないから」という理由で、別れた同性カップルも、残念ながら、少なくないはずです。

国に賠償を請求していますが、お金が目的ではありません

この訴訟では「国会がいつまでも”同性カップルが結婚ができるための法律”をつくらないのは、憲法上の人権を侵害し、違法だから国は賠償すべき」として、国に対し、原告1人当たり100万円を賠償金として請求しています。
形の上では「100万円支払え」と国に賠償金を求めていますが、お金が欲しくて訴訟をしているわけではありません。

日本の裁判所では法律等が憲法に違反するかどうかの判断のみを求めることができないため賠償金の支払いを求めているだけで、真に求めているのは、法律上の同性どうしでも結婚できるようにすることです。

訴訟弁護団

弁護団(結婚の自由をすべての人に訴訟弁護団)は全国各地の50名以上の弁護士からなります。

弁護団員については、こちらに掲載しています。 http://marriageforall.jp/lawyers/ (まだ掲載が間に合っていない弁護団員もおります)

ご支援の使い途

ご支援は、弁護士費用を除く訴訟の費用(印紙代、コピー代、交通費、意見書依頼費等)にあてます。

なお、結婚の自由をすべての人に訴訟弁護団では、2019年2月14日の一斉提訴後にも2019年2月14日の訴訟と同じ形式での提訴を検討しており、2019年9月5日に福岡地方裁判所で提訴いたしました。今回いただいたご支援は、2019年2月14日の一斉提訴後の後続の訴訟の費用にも使わせていただきます。

日本でも、法律上の性別が同じ人どうしが結婚することを選択できるようになり、結婚をする、しないの自由を法律上の性別が異なる人以外も持てるように、結婚の自由をすべての人に訴訟のご支援をよろしくお願いいたします。

結婚の自由をすべての人に - Marriage for All Japan -

Twitter MARRIAGE FOR ALL JAPAN -結婚の自由をすべての人に-

[This crowdfunding is dedicated to legal costs only. It will not be a lawyer's reward. ]

Japan's first same-sex class lawsuit ("Meeting freedom for all" lawsuit)

On February 14th, 2019, in order that the same legal sex could be married in Japan, Sapporo (3 couples), Tokyo (6 couples. now, 5 couples), Nagoya (1 couple), Osaka (3 couples) Thirteen(now, twelve) couples filed suit in each district court.


Why do you want same sex marriage

Some people may think, "If you love each other, you may not be able to get married."

However, there are many cases where people with the same legal gender can not get married in Japan and are not legally permitted.


For example, if you do not make a will, you will not be able to inherit the property for any length of time together.

Even if you are raising two children, they can not both be parents.

If you have a foreign partner, you can get married and get the qualification to be in Japan as a spouse if you are male and female, but you can not get the qualification to be in Japan as a spouse if it is same sex.


Also, men and women may be legally protected as a true marriage even if they are not married.

It is written that the beneficiary's pension is guaranteed by law, and there is protection by legal interpretation such as being able to request a beneficiary as a bereaved.


However, in the case of same sex, it is not clear whether it will be protected as a factual marriage, but one who has killed a same sex partner and is not permitted a crime victim's bereaved benefit will go to trial.


There are other medical problems as well.

If you are not a legal family, there is no legal restriction and you only have to respond to the hospital, but you can not receive information on your partner's medical condition because you are not a legal family, you can not meet, medical treatment agreement It also happens that you can not


Furthermore, the disapproval of same-sex couples means that they are socially unrecognized.

It can also be perceived as inferior by the fact that "a relationship where even marriage can not be recognized".

There should be no less than same sex couples because "the same sex relationship has no future".


I claim to the country for compensation but money is not the purpose

In this case, it is against the state that 100 plaintiffs per person claim that "the National Assembly will not make the law for the same sex couple to marry forever" violates the constitutional human rights and the country should be compensated because it is illegal. We claim 10,000 yen as compensation.

In terms of shape, we are asking the country to pay "1 million yen," but we are not asking for money and have not filed a lawsuit.


Japan's courts can not only ask for judgment of whether the law, etc. violates the constitution, but they are only asking for payment of compensation, and what they really are asking is to be able to marry by legal homosexuality It is to



Legal defense team

The lawyers (laws of freedom for marriage to all persons) consist of about 30 lawyers from all over the country.

The lawyers are listed here. Http://marriageforall.jp/lawyers/


Use of support

We will use support for legal expenses (except for legal fees) (copying expenses, transportation expenses, request for statement of opinion, etc.).

In addition, the legal counsel to all persons in the freedom of marriage has considered the case in the same format as the lawsuit on February 14, 2019, even after the filing of a lawsuit on February 14, 2019. Support will also be used for legal expenses after the February 14th, 2019, single action.


Even in Japan, it is possible for legal gender to choose to marry the same person, and to have the freedom to marry, not to have any legal gender gender, to all the freedom of marriage. Thank you for your support of the lawsuit.


結婚の自由をすべての人に - Marriage for All Japan -

Twitter MARRIAGE FOR ALL JAPAN -結婚の自由をすべての人に-

森あい

「結婚の自由をすべての人に」訴訟・弁護団員
当サイトの同訴訟についてのクラウドファンディング呼びかけ人