結婚の自由をすべての人に訴訟(同性婚訴訟) The “Marriage For All” Lawsuit

現在の支援総額 Total amount of current support

2,544,500円 ¥ 2,544,500

50%

目標金額 Target amount

5,000,000円 ¥ 5,000,000

サポーター Supporter

357 人 357 supporters

支援する Support a Case

法律上の性別が同じ人どうしは、日本では結婚できません。
2019年2月14日、札幌、東京、名古屋、大阪の各地方裁判所で提訴、9月5日には福岡地裁でも提訴しました。
さらに、2021年3月26日、東京地裁で新たに提訴しました。
本ケースは、日本初の同性婚についての集団訴訟(「結婚の自由をすべての人に」訴訟)です。
法律上の性別にかかわらず結婚できることを目指しています。
A class-action lawsuit for the right to same sex marriage, the first of its kind in Japan.
We filed law suits in the district courts of Sapporo, Tokyo, Nagoya , Osaka and Fukuoka.

北海道 6月1日開催 傍聴券配布あり&報告会はオンライン配信

Sapporo (June 1, 2020)

2020/5/26 20:30

結婚の自由をすべての人に北海道訴訟弁護団からのお知らせです。

 

結婚の自由をすべての人に北海道訴訟の次回口頭弁論期日は、6月1日(月)15:15から、予定どおり行われることになりました!

公開の法廷での口頭弁論ですので、もちろん傍聴は可能ですが、新型コロナウィルス対策のため、80席あるうちの3分の1くらいしか座れないようです。

しかもそこからさらにマスコミ席が用意されるので、一般傍聴席は20席程度が見込まれます。

3月の期日が取り消されているので、是非とも応援してくださる皆様に傍聴していただきたいところですが、お席に限りがあることをご了承ください。

6月1日(月)

14:15~14:45 傍聴券配布(14:45締め切り)

15:15~ 札幌地裁8階805号法廷で口頭弁論期日

報告会はライブ配信!

報告会についてはライブ配信で行います。

6月1日(月)18時半〜からです。
【内容】
・綱森弁護士による裁判の説明
・尋問手続きに向けた原告さんの意気込み
・次回期日の予告

【M4AHokkaido YouTubeチャンネル】で行いますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします
https://www.youtube.com/channel/UCAenzfFz39GrQNiddnOte4Q/

Coming soon

【重要】九州訴訟5月25日裁判中止&当日夜YouTubeライブ配信のお知らせ

Canceled Fukuoka Oral Argument (May 25)

2020/5/8 20:33

結婚の自由をすべての人に九州訴訟弁護団からのお知らせです。

本日、福岡地方裁判所から連絡があり、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

5月25日(月)に行われる予定だった裁判は中止になりました。

傍聴を予定くださっていた皆様は裁判所に行かれないようご注意ください。

裁判の後に予定されていた報告会もありません。

裁判が中止になるのは、弁護団としても、大変残念には思いますが、安心してたくさんの方々が応援に来ていただけるときがきましたら、ぜひ傍聴に来ていただければと思っています。

新たな裁判の日程(期日)については、まだ決まっていません。

決まり次第お知らせします。

しかし、残念なお知らせだけではございません。

次回の裁判がいつになるかわからない中で、この裁判をせっかく応援してくださっている皆さまに九州弁護団として何かお届けできないかと思いまして、

5月25日(月)午後7時から

結婚の自由をすべての人に九州YouTubeチャンネルにてライブ配信を行うことを決定しました!!

原告こうすけさん、まさひろさん、こうぞうさん、ゆうたさんも登場の予定です。

これまでの裁判の内容説明や、「裁判で使われているあの言葉ってどういう意味なの?」など、皆さまにこの裁判のことをより知ってもらい、想いを感じてもらえるような内容を配信できればと思っております。

裁判を見に来たことがある方にも、ない方にも、お楽しみいただける内容にいたします。

初めてのライブ配信でつたないところも多々あるかもしれませんが、

ぜひ結婚の自由をすべての人に九州のチャンネル登録&ご視聴ください!

【結婚の自由をすべての人に九州 YouTubeチャンネル】

https://www.youtube.com/channel/UCteru1OgHdvXislPHPFGvoQ

最後に、新型コロナウイルスの感染拡大により不安な日々が続いておりますが、皆さまどうぞご自愛ください。

2020年5月8日

結婚の自由をすべての人に訴訟・九州弁護団

******

知らずに、裁判所に行く方がいないよう、シェアやお知り合いへのお知らせをどうぞよろしくお願いいたします。

なお、大阪名古屋東京も期日取り消しとなっています。

名古屋は日時の指定がなされ、次は、6月30日午後3時30分になりました。

札幌(6月1日 15時15分~)は現時点では変更は決まっておりませんが、変更がありましたら、すぐにお知らせいたします。

Coming soon

【重要】東京訴訟5月13日、口頭弁論期日取消のお知らせ

Canceled Tokyo Oral Argument (May 13)

2020/4/27 16:25

結婚の自由をすべての人に東京訴訟弁護団からのお知らせです。

5月13日の口頭弁論期日は取り消されることになりました。
新型コロナウイルス緊急事態宣言の延期の有無を含めた不透明な社会情勢に鑑みての裁判所の判断です。
新たな期日は追って日程調整の上に指定されます。
新たな期日が決まり次第お知らせします。

傍聴を予定くださっていた皆様は裁判所に行かれないようご注意ください。

いつも応援をありがとうございます。
新たな期日に改めてお会いしましょう。

不安な日々が続きますが皆様ご自愛ください。

結婚の自由をすべての人に訴訟・東京弁護団

******

知らずに、裁判所に行く方がいないよう、シェアやお知り合いへのお知らせをどうぞよろしくお願いいたします。

なお、大阪、名古屋も期日取り消しとなっています。

名古屋は日時の指定がなされ、次は、6月30日午後3時30分になりました。

福岡(5月25日 14時~)、札幌(6月1日 15時15分~)は現時点では変更は決まっておりませんが、変更がありましたら、すぐにお知らせいたします。

Coming soon

【重要】名古屋訴訟5月8日、口頭弁論期日取消のお知らせ

Canceled Nagoya Oral Argument (May 8)

2020/4/21 22:11

「結婚の自由をすべての人に」名古屋訴訟について、第5回口頭弁論期日は、名古屋地方裁判所で5月8日午前10時に開かれる予定でした。

‪しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況下、裁判所との協議の結果、口頭弁論期日が取り消されることになりました。報告会もありません。

傍聴を予定してくださった皆様には誠に申し訳ありませんが、ご了承ください。

次回期日は、6月30日午後3時30分に、1号法廷(大法廷)で行われる予定です。

但し、今後の社会状況によって、再度、延期となる可能性も否定できません。

その場合には、改めてご報告いたしますので、ご留意ください。

5月8日に誤って来られる方がないよう、SNSでのシェアや、お知り合いの方へお知らせいただきますようお願いします。

引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。


結婚の自由をすべての人に名古屋訴訟弁護団

Coming soon

【重要】関西訴訟4月24日、口頭弁論期日取消のお知らせ

Canceled Osaka Oral Argument (Apr 24)

2020/4/3 19:38

結婚の自由をすべての人に関西訴訟弁護団からのお知らせです。


追記20200617

7月9日午後3時30分~書面による準備手続
(当日は、今後の裁判の進行について裁判官と双方の代理人のみで電話会議を行なう予定で、支援してくださる皆様には傍聴していただけません。集会等も行いませんが、公開の弁論の期日が決まり次第、お知らせいたします。)

 *******


「結婚の自由をすべての人に」関西訴訟について、第5回口頭弁論期日は、大阪地方裁判所で4月24日午前11時に開かれる予定でした。‬
 
‪しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況下、裁判所との協議の結果、公開の法廷で行われる口頭弁論期日は取り消されることになりました。
 
当日は、今後の裁判の進行について裁判官と双方の代理人のみで電話会議を行なう予定で、支援してくださる皆様には傍聴していただけません。

((追記)緊急事態宣言の発令に伴い、電話会議も中止となりました。) 

‪これに伴い、口頭弁論終了後に予定されていた報告集会も中止致します。‬
‪ ‬
‪傍聴を予定してくださった皆様には誠に申し訳ありませんが、ご了承ください。‬
 
大阪地方裁判所や報告会に誤って来られる方がないよう、シェア、またお知り合いへのお知らせをよろしくお願いいたします。
 
‪次回期日は、追ってご案内いたします。
 
結婚の自由をすべての人に関西訴訟弁護団

Coming soon

札幌(2020年3月10日)

Sapporo (March 10, 2020)

2020/3/10 14:57

「結婚の自由をすべての人に」北海道訴訟第5回期日報告

日時:2020年3月9日14時00分から14時30分

場所:札幌地方裁判所の第707号法廷

裁判官:武部知子裁判長 松長一太裁判官 臼倉尭史裁判官

内容:

今回の期日では、新型コロナウィルス感染予防のため口頭弁論期日が取り消され、進行協議期日のみが行われました。

1. 原告第6準備書面が提出されたことの確認

2. 原告証拠(甲A第245号証ないし第259号証)が提出されたことの確認

 甲A第245号証から258号証の証拠説明書

 甲A第259号証の証拠説明書

 甲A第259号証(鈴木賢明治大学法学部教授、北海道大学名誉教授による意見書)

3. 被告は、原告第6準備書面に対する反論をするか否か検討し、反論をする場合には次回までに反論を提出する。

4. 原告は、憲法学者等の意見書を随時提出し、原告らの陳述書の提出と人証の申請を次回までに行う。

5. 次回、次々回の裁判の日程調整

原告の準備書面及び証拠が提出されたことが確認された上で、準備書面の陳述と証拠の取調べは次回の口頭弁論期日で行うこととされました。

また、次々回の裁判では原告の本人尋問及び証人尋問を行うことし、8月に実施する方向で調整することとなりました。

次回期日

2020年6月1日15時15分(第5回口頭弁論) 札幌地方裁判所の第805号法廷

被告は、原告第6準備書面に対する反論をする場合には、次回までに反論を提出することになりました。

原告は、憲法学者等の意見書を随時提出しつつ、原告らの陳述書の提出及び人証の申請を次回までに行うことになりました。

Coming soon

福岡・第2回口頭弁論(2020年2月17日)

Fukuoka 2nd Oral Argument (Feb 17, 2020)

2020/2/18 11:53

「結婚の自由をすべての人に」九州訴訟第2回期日報告

日時:2020年2月17日(月)14時00分から14時30分

場所:福岡地方裁判所の第101号法廷

裁判官:立川毅裁判官、石山仁朗裁判官、田中悠裁判官

内容:

この日、福岡では初雪が降りとても寒い一日となりました。にもかかわらず、大勢の方が傍聴に駆けつけてくださり、今回も、前回と同様に傍聴席が満席となりました。残念ながら傍聴できなかった皆さんには、裁判所近くの福岡市科学館内の大ホールで、一斉提訴1周年企画用に撮影した九州訴訟関係の動画などを観ていただきました。

【本日の裁判の内容】

1.被告・第1準備書面の正式提出

2.原告・第1準備書面の正式提出

3.原告・第2準備書面の正式提出

4.原告提出証拠(甲A83~甲A109)の取調べ

5.原告まさひろさんによる意見陳述

原告まさひろさんが、ゲイであることを隠してきた学生・社会人時代、母親へのカミングアウト、原告こうすけさんと出会い人生を切り開いてきたこと、法律婚ができないことによる不安などを述べた上で、この裁判によって、今もがいている子どもたちに明るい未来を見せてあげたいと裁判にかける想いを、淡々と、かつ力強く語りました。

6.代理人による意見陳述

弁護団の岩橋愛佳弁護士が、前回の期日報告集会の参加者の方々から寄せられた応援メッセージを一部読み上げ、この裁判は、「明日につながる明かり窓」となるべきものであること、当事者たちの苦しみに終止符を打つためのチャンスとするか、それとも不安を抱えながら生きることを強いるのかについて裁判所に選択を迫る意見を述べました。

7.次回期日までの進め方についての協議

国の主張は、根拠や裏付けなどが不明なため、弁護団は、国に対し、明確な主張や裏付けをするように求めていました(原告・第2準備書面)。これに対し、国は、国の主張としては被告・第1準備書面で十分と考えており、弁護団の求めに回答するつもりはないと述べました。

裁判終了後の進行協議において、最終的には、国は、確実に回答を提出するとはいえないが、提出するかどうかを検討することになりました。

8.次回の裁判の日程調整

国は、弁護団から提出した書面に回答するかは確定的ではないものの、もしするのであれば、2020年5月15日までに提出すべきことが決められました。

次回期日

2020年5月25日(月)14時00分(※見込み)(第3回口頭弁論)福岡地方裁判所の第101号法廷

※この回も傍聴抽選券配布になる可能性があります。次回どうなるかは分かりませんが、これまでは、傍聴抽選券の配布は、13時15分頃から30分まででした。傍聴抽選券の配布に間に合わないのを避けるため、13時15分頃には裁判所に来るようにしていただくことをオススメいたします。


情報は分かり次第、CALL4の進捗のページ(この報告を載せているこのページです)、「結婚の自由をすべての人に」訴訟・九州のtwitter(@KejisubeKyushu https://twitter.com/KejisubeKyushuやLINE公式アカウント(https://line.me/R/ti/p/%40167akvmf#等にてお知らせします。

期日報告会

裁判が終了し、裁判所・原告・国で次回に向けての進め方を協議したあと、記者会見を挟み、期日報告会を行いました。

前回来られた方や、今回はじめて来ていただいた方など、前回と同様、約100名の方に参加していただきました。

まず、この裁判を応援するために設立された「けじすべ応援団・KOE」の代表から設立の挨拶、団体の趣旨説明、団体への参加の呼びかけをしていただきました。活動内容は、裁判の応援につながるメッセージの発信やイベントの企画などで、できる人ができる事をすればよく、負担や義務はないとのことです。

けじすべ応援団・KOE の参加申込みフォーム https://forms.gle/T1qrcnUgFCk7pbq66


その後、弁護団代表からの挨拶、原告さんたちからのお礼と報告、意見陳述をした弁護士からの説明、国の提出した書面についての説明等を行いました。

最後に、質疑応答・応援メッセージコーナーを行いました。原告さんたちの精神的負担をおもんばかる声や、励まし・支援の言葉などがたくさんあり、参加者のこの裁判に対する想いを聞くことができました。

今後も裁判は続きます。2月14日には、政府は、同性婚が憲法に適合するかどうかも検討していないという見解を示しました。裁判の傍聴は、国の政策や方針がおかしいと声を上げるための大事な手段のひとつです。次回以降も、傍聴席が満席になりますよう、ぜひ裁判にご参加ください。

Coming soon

大阪・第4回口頭弁論(2020年2月7日)

Osaka 4th Oral Argument (Feb 7, 2020)

2020/2/7 20:31

「結婚の自由をすべての人に」関西訴訟第4回期日報告

日時:2020年2月7日15時00分から15時10分

場所:大阪地方裁判所第202号法廷

内容: 

  1. 原告側から,国の主張に対する反論が書かれた書面を提出しました
  2. 三輪弁護士が意見陳述を行い,原告側が提出した書面の内容の概略が説明されました
  3. 国は,原告側から提出された書面に対して,次回の裁判までに反論の書面を提出すると答えました。
  4. 次回の裁判の日程調整をしました。
  5. 大勢の方が傍聴に来てくださり,大法廷はちらほらと空席が見られる状態でほぼ満員でした。マリフォーのチャリティTシャツを着て来てくださった方もおられて,とても勇気づけられました。

次回期日

20204241100分(第5回口頭弁論) 大阪地方裁判所第202号法廷

国から,原告側の主張に対する反論の準備書面が出されます。

期日報告会

裁判終了後に、AP大阪淀屋橋で期日報告会を開催しました(司会は寺野弁護士)。傍聴に来られていたほとんどすべての方が引き続き期日報告会に来てくださいました。

まず三輪弁護士から,この日の裁判の手続の内容について説明がありました。国がこれまでどのような主張をしているか,それに対して原告側がどのような反論をしているかについて解説されました。

次に,原告の皆さんから裁判に出席した感想等が話されました。皆さんからは,寒い中裁判所に足を運んでくださった方への感謝の気持ちや,国からどのような反論が出されるのか中止したいという発言がありました。

会場からは,「府中青年の家事件」の裁判例に触れながら同性婚実現への思いを語る発言をいただきました。また,憲法解釈に関する鋭い質問等もいただき,より突っ込んだ議論をすることができました。

毎回裁判の後には期日報告会を開催して裁判の内容について説明する機会を持ちますので,引き続き傍聴のご支援をよろしくお願いします。

Coming soon

名古屋・第4回口頭弁論(2020年2月4日)

Nagoya 4th Oral Argument (Feb 4, 2020)

2020/2/6 13:19

「結婚の自由をすべての人に」愛知訴訟第4回期日報告

日時:2020年2月4日10時00分から10時30分

場所:名古屋地方裁判所 第1102号法廷

裁判官:桃崎剛裁判長 植村一仁裁判官 藤本理裁判官

内容:

  1. 被告第2準備書面の提出
  2. 被告証拠説明書の提出、提出証拠(乙1~20)の取調べ
  3. 裁判長から原告に対する指示

裁判長から原告に対して、今回の被告準備書面に対する反論を、特に意見が明白になった時期について、社会的事情の変化等ふまえて整理されたい、との指示がありました。

また、専門家意見書の提出時期の目処についても質問され、現在調整中であり、次回期日には提出時期について明示できると回答しました。

なお、原告から被告代理人に対して、被告第2準備書面の内容について、「歴史や法制度を異にする諸外国の例で結論を導けないというのは、一般論としても憲法解釈に比較法学的視点を取り入れることはないという主張か」と確認したところ、被告代理人からは「書面で書いたとおり、同性婚についての理由にはならないというものである」との回答がありました。これを踏まえ、次回の期日においては、被告が準備書面を提出することとなりました。

*傍聴席は満席でした。

次回期日

2020年5月8日午前10時(第5回口頭弁論) 名古屋地方裁判所 第1102号法廷

2020年4月30日までに、今回の期日における被告第2準備書面を前提として、原告が準備書面を提出することとなりました。

期日報告会

 期日後の報告会は、裁判所近くの桜花会館の会議室で開催され、裁判を傍聴していただいた方を中心に20数名ほどの方が参加されました。

 まず弁護団から、裁判の概要、これまでの経過、本日の期日におけるやり取りなどを説明し、次に参加者から質疑応答がなされました。全国で裁判が展開されているが、判決の内容は横並び的なものになるのかなどといった質問がなされました。

 弁護団からの期日報告後、同性カップル二組のスピーチがあり、法律婚ができなくて悩んだり困ったりしていることや、この裁判への期待などが語られました。

 次回以降も、毎回期日報告会は開催いたしますので、今回参加できなかった方も、ぜひご参加ください。


Coming soon

東京・第4回口頭弁論(2020年2月4日)

Tokyo 4th Oral Argument (Feb 4, 2020)

2020/2/4 21:35

日時:2020年2月3日 午後2時30分から午後3時

場所:東京地方裁判所103号法廷

裁判官:田中寛明裁判長、寺内康介裁判官、吉原裕貴裁判官

内容

1 書面提出

【原告】

第6準備書面(現行法の規定が違憲になったことが国会にとって明白になった時期)第7準備書面(憲法24条2項違反の主張)を陳述

証拠の取調べ(甲A184~189、191~194、甲C3、4、甲F3、4)

原告の個別事情に関する第5、第8、第9、第10準備書面は、次回期日に陳述することになりました。


2 原告ら訴訟代理人による意見陳述

原告ら代理人(仲村渠弁護士)が、第7準備書面の主張(憲法24条2項違反)について、以下のとおり意見陳述しました。

憲法24条2項は、「配偶者の選択・・・並びに婚姻及び家族に関するその他の事項」について、法律が「個人の尊厳」に立脚して制定されなければならないと定めています。

同性同士の婚姻を認めない現行規定は、以下の理由から「個人の尊厳」を損なっています。

・婚姻と密接に結びついている相続権、共同親権、在留資格など社会生活における重要な利 益を受けられないこと。

・性的指向・性自認という自ら変更できない属性を理由に婚姻を認めないことは、人種や出 自による差別と同様に、個人の尊厳を最も深く傷つけること。

・現行規定は、同性愛者等から婚姻する機会そのものを奪っていること。

・原告らが述べるように、同性愛者等はこれまで差別・偏見によるつらい経験をしてきたが 原告規定は社会の差別・偏見を助長するものであること。


3 今後の立証計画について

原告代理人は、裁判所に、次回期日までに、被告第2準備書面に対する反論、原告の個別事情に関する書面等を提出する予定であると伝えました。

裁判所は、次回期日の次に被告が反論を提出する期日を設けると述べました。


4 求釈明について

裁判所は、国に対し、札幌訴訟等など別件訴訟において、裁判所の求釈明に対して行った回答を本訴訟でも提出するよう指示し、国は同意しました。

原告代理人は、国に対し、裁判所が昨年の進行協議期日で本訴訟の争点として示した、「憲法制定時の憲法適合性だけでなく、その後の社会情勢の変動の中で憲法適合性に変化が生じているのか否か、生じているとしてもそれが違憲レベルまで至っているのか否か」について、事実を摘示した上で正面から主張するよう強く求めました。

裁判所もその点を争点として考えていると法廷で改めて述べました。また、原告代理人は、2020年1月30日予算委員会において森法務大臣が現状の制度がずっと続くとか絶対に完璧であるというつもりはなく、時代の流れや様々な要請に応じて見直していくことは重要だと思っているといった趣旨の国会答弁をしたことを示しながら、国に誠実な回答を求めました。

国はこの点について提出するかどうかの明確な回答を避けました。


5 意見陳述について

原告代理人は、原告の個別事情について、原告本人による意見陳述の実施を求め、これまでに原告3名の意見陳述が行われました。原告代理人は、次回期日に原告3名の意見陳述の実施を求めました。

また、原告小野さんと原告西川さんが、直接裁判長に対し、まだ話していない原告の意見陳述の機会を設けて欲しい、私たち同性愛者の思いを直接聞いて欲しい、それぞれの抱えている事情は異なるので1人1人の話を聞いて欲しい、と口頭で求めました。

裁判所は、人数については4月の進行協議期日で決めると明言は避けましたが、原告の発言にも最後まで耳を傾けた上で、意見陳述の実施については前向きに考えていると述べました。


次回期日

2020年4月中に進行協議期日を行う予定(日程は未定)

2020年5月13日 午後2時30分


期日報告会

2月3日 午後3時30分~4時30分

弁護士会館2階クレオC


最初に、代理人意見陳述を行った仲村渠弁護士が、憲法24条2項違反の主張の意義と現在の法律が憲法24条2項に違反する理由について説明しました。

次に、上杉弁護士が、今回の期日での裁判官とのやりとりについて、裁判所が、これまで消極的だった原告の意見陳述について前向きな姿勢を見せ、また、国に対して、自ら、札幌など他の訴訟の求釈明事項について主張を出すよう指示するなど大きな進展があったと説明しました。

その後、中川弁護士が、今後の裁判の進行を説明しました。中川弁護士は、裁判官を動かすには、現在の法制度で当事者の尊厳がいかに傷つけられているのかをわかってもらうことが必要で、それには原告が法廷で日常生活やこれまでの経験を話すことが重要であると説明し、今回の期日で原告の意見陳述の実施に向け突破口を開くことができたと述べました。

また、法律上の主張については、社会情勢の変化により憲法解釈が変化したことを主張し、これに関し、憲法学者など専門家の意見書を証拠として提出する予定であると説明しました。

最後に、原告の皆さんが今回の期日の感想を話しました。原告の皆さんからも、これまで裁判所が原告の意見陳述の実施に消極的だったため、自分達のつらい経験もたいしたことではないといわれているように感じて傷ついてきたが、今回、裁判所の姿勢に良い方向での変化が見られたという喜びの声が多く聞かれました。

Coming soon

72 件中 41-50

41-50 of 72 cases

森あい

「結婚の自由をすべての人に」訴訟・弁護団員
当サイトの同訴訟についてのクラウドファンディング呼びかけ人

「結婚の自由をすべての人に」訴訟・弁護団員(2021.7.12時点)
■北海道弁護団
【札幌弁護士会】上田文雄 加藤丈晴 須田布美子 高橋友佑 綱森史泰 林拓哉 皆川洋美 本橋優子

■東京弁護団
【東京弁護士会】上杉崇子 榎本一久 金子美晴 熊澤美帆 樋田早紀 清水皓貴 蕭以亮 寺原真希子 中川重徳 永野靖 北條友里恵 松田亘平 溝田紘子 山下敏雅 油原麻帆
【第一東京弁護士会】井上皓子 宇治野壮歩
【第二東京弁護士会】加藤慶二 佐藤樹 沢崎敦一 鈴木創大 仲村渠桃 原島有史 松宮英人 三浦徹也 横山佳枝
【千葉県弁護士会】喜田康之 南川麻由子
【神奈川県弁護士会】齋藤信子 藤井啓輔
【愛知県弁護士会】水谷陽子

■愛知弁護団
【愛知県弁護士会】佐藤あゆみ 進藤一樹 砂原薫 堀江哲史 矢崎暁子 山田麻登

■関西弁護団
【大阪弁護士会】大畑泰次郎 寺野朱美 宮本庸弘 三輪晃義 山岸克巳
【香川県弁護士会】佐藤倫子

■九州弁護団
【福岡県弁護士会】安孫子健輔 石井謙一 石田光史 井上敦史 岩橋愛佳 太田千遙 緒方枝里 久保井摂 後藤富和 武寛兼 徳原聖雨 富永悠太 仲地彩子 西亜沙美 塙愛恵 原田恵美子 吉野大輔
【熊本県弁護士会】藤井祥子 藤木美才 森あい
【山口県弁護士会】鈴木朋絵
【鹿児島県弁護士会】永里佐和子
【東京弁護士会】入野田智也

関連コラム