「人間を育てる教員に、人間らしい働き方を」訴訟 A human-like way of working for teachers who raise humans

現在の支援総額 Total amount of current support

1,852,500円 ¥ 1,852,500

92%

目標金額 Target amount

2,000,000円 ¥ 2,000,000

サポーター Supporter

488 人 488 supporters

支援する Support a Case

一人の現職の教員が戦っています。「私たちの世代で、この長時間労働に歯止めをかけなければならない」一個人の利益のためではなく、教育の未来について考え、危機感から戦っているのです。これは、一教員だけの問題ではない。教育に関わる全ての人の問題です。教育の未来のため、支援をお願いします。
追記:2021年10月1日の地裁判決を踏まえ、控訴を決定しました。控訴審に向け、さらなる支援をお願いします。
Teachers fight for the future of education starts with the sense of crisis,not from personal benefit.This problem concerns everyone involved in education.Please support us for the future of education.

【はじめに】

私は、教職を志す学生です。

私の友人は、一足先に夢を叶え、教員になりました。しかし、長時間労働による疲労から、心を病みました。休職をしています。夢を叶え、教育現場に入ったにも関わらず、長時間労働が彼を苦しめたのです。

教員の長時間労働は、子どもが学びを育む環境を大きく阻んでいるのではないだろうか。教員の長時間労働の問題は、現職教員、学校、保護者、子どもだけの問題ではないと感じ、様々なことを調べるうちに、友人の誘いで、超勤訴訟を起こす一人の現職の先生に出会いました。

田中まさお(仮名)先生です。
「私たちの世代で、この長時間労働に歯止めをかけなければならない。」

田中先生は、一個人の利益のためではなく、教育の未来について考え、危機感から戦っているのです。これは、一教員だけの問題ではない。学校に通う子どもや、保護者、教員を目指す学生など、教育に関わってきた全ての人の問題です。そして、誰のせいでもない、制度(仕組み)の問題ではないでしょうか。

年々、教員採用試験の倍率が下がっています。教職の魅力が伝わっていないのではありません。その魅力を上回るほどの負の側面を見て、教員になること諦めているのです。教員になるために大学に入り、一生懸命勉強してきた学生が教員になることをためらってしまうような現状があります。

この裁判の判決は、教員の働き方が大きく見直される可能性がある重要なものです。

 ・人間を育てる教員が、人間らしい働き方をできる学校になってほしい

 ・子どもが、元気で笑顔な先生と共に学べる学校になってほしい

 ・教員を目指す学生が、安心して教員を目指せる社会になってほしい 

そのために、私たちは学生としてこの裁判を支援し、教員の長時間労働の原因である法律の見直しを求めます。この裁判では、教員の「労働時間」を見直すことで、本当に「子どものため」に全力を尽くすことのできる環境を取り戻すことを目指しています。

 

【裁判のきっかけ】

田中まさお(仮名)さんは、埼玉県内の公立小学校の教員をしていました。38年間務め、平成31年末には定年退職をしました。再任用で現在も教壇に立たれています。

田中まさおさんは、定年退職を前に、これまで自分が経験してきた不合理なことを、次世代を担う若い人たちに引き継いではいけないと思い、長時間労働是正のため訴訟を起こしました。

 

【教員の長時間労働の現状】

①小学校教員の約3割、中学校教員の約6割が過労死ラインを超えて働いている。(文科省「教員勤務実態調査(平成28年度)」)

②年間約5000人の人がうつ・精神疾患によって休職している。(文部科学省「平成30年度公立学校教職員の人事行政状況調査」)

③5年間で28人の教職員が過労死(総務省「平成 29 年度地方公務員の過労死等に係る 労働・社会分野に関する調査研究事業 (教職員等に関する分析)」)

④とある自治体では、教員不足により1ヶ月授業ができない事例も。

 

【裁判の争点】

公立学校の教員には、「給特法」という法律が適用されています。

給特法は、教員の残業代を月額の4%で固定し(教職調整額)、その一方で、「超勤4項目」と呼ばれる4つの業務(実習、学校行事、職員会議、非常災害)に限って教員の時間外労働を認めることを定めています。

しかし、実際には、教員は、給特法が適用されない「超勤4項目」以外の業務を数多く命じられ、長時間の時間外労働を余儀なくされています。

このような時間外労働の実態は、労働時間の上限を定めた労働基準法に違反しているはずです。

ところが、教員の時間外労働は全て「自主的な労働」として扱われ、労働時間の規制や残業代の支払いの対象ではないとされているのが現状です。

職員会議で決まった業務も「自主的な労働」にされ、同じ業務をしていても、勤務時間内であれば通常の労働として認められるのに、勤務時間外であれば自主的な労働とされてしまう、という状況です。

これでは、教員の長時間労働はなくなりません。

この裁判では、教員の時間外労働は自主的なものではないとして、時間外労働に対する残業代の支払い、または違法な時間外労働を強いられたことに対する損害賠償の支払いを求めています。

(より詳しい内容はHPをご参照ください https://trialsaitama.info/)

 

【資金の必要性】

今回の裁判は、埼玉県を相手として、原告がしてきた時間外労働分の残業代の支払いを求めるもので、長期に及ぶものと思われます。そこで、クラウドファンディングにより以下の費用を賄いたいと考えております。

 ・訴訟費用:弁護士費用や裁判に係る諸費用(コピー代、交通費、意見書作成費用等)について、50万円程度

 ・イベント、広報費用:本裁判を広く人々に知ってもらうために開催するイベントやその広報費用について、50万円程度。

寄付金に余剰が出た場合には、関連する訴訟を今後行う場合の費用に充てたいと考えています。

社会から広く支援を得ることは、経済的にも精神的にも、原告や担当の弁護士にとって大きな支えとなります。どうかご支援頂けますようお願い致します。


【発起人より】

支援事務局は教育学生有志によって立ち上げました。まだ教育の現場に入っていないから関係ないとは、思えなかったのです。

教育実習に行ったとき、子どもたちの学びの環境を作り上げる先生方を拝見し、なんと素敵な、尊い職業なんだ、と思いました。子どもの成長に携わり、まさに「未来」を作っていく職業なのだと思いました。

しかし、一足先に夢を叶え、教育現場に入った友人たちから聞いた声は辛いものでした。彼らの顔はみるみる疲弊していきました。心を病み、休職をした友人もいました。私は、教員の勤務実態を目の当たりにしました。

 「子どものため」に朝から夜まで仕事をし、疲弊していき、時には心身を壊してしまう人もいるような環境。これは本当に「子どものため」になっているのでしょうか。どんなにいい教育活動を行っていても、それを研究し研鑽する時間がなければ、効果的な教育活動を行うことはできません。

子どもたちがSOSを出しても、疲弊し余裕がなくなってしまっては、その声は届かないかもしれません。本当に子どものためを求めるのであれば、まずは、教員が心身ともに健康でいられる環境を作ることが、最前提の条件ではないでしょうか。

この訴訟は一教員の問題ではなく、重要かつ深刻な社会問題を解決し、未来の社会を作っていく運動の一つである、と考えています。

もしよろしければ、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

埼玉教員超勤訴訟 田中まさおのサイト〜長時間労働に歯止めをかけたい〜

I am a student who wants to be a teacher.


A friend of mine realized his dream and became a teacher. However, I was sick from the fatigue caused by long working hours. I am on leave. Despite his dream come true and he entered the field of education, long working hours afflicted him.


The long working hours of teachers may be a major obstacle to the environment in which children nurture learning. I felt that the problem of long working hours for teachers was not just a problem for incumbent teachers, schools, parents, and children, and while investigating various things, I met an incumbent teacher who filed an overtime proceeding at the invitation of a friend. I did.


This is Masao Tanaka (pseudonym).

"In our generation, we must put an end to this long working hour."

Professor Tanaka thinks about the future of education and fights from a sense of crisis, not for the benefit of an individual.

This is not just a problem for one faculty member. It's a problem for everyone involved in education, including children attending school, parents, and students aiming to become teachers.

And isn't it a problem of the system (mechanism) that is not the fault of anyone?


The ratio of teacher employment exams is decreasing year by year. It's not that the charm of the teaching profession is not conveyed. Seeing the negative side that exceeds its appeal, I have given up on becoming a teacher. The current situation is that students who have entered university to become teachers and have studied hard are hesitant to become teachers.


The ruling in this case is an important one that could lead to a major overhaul of the way teachers work.


・ I want teachers who raise human beings to become a school where they can work in a human-like way.

・ I want the school to be a place where children can learn with a cheerful and smiling teacher.

・ I want students who want to become teachers to become a society where they can aim to become teachers with peace of mind.


To that end, as students, we support this trial and call for a review of the law that causes teachers to work long hours.


In this trial, we aim to regain an environment where we can really do our best for "children" by reviewing the "working hours" of teachers.


[Cause of trial]

Masao Tanaka (pseudonym) was a teacher at a public elementary school in Saitama prefecture. I worked for 38 years and retired at the end of 2019. He is still on the podium for reappointment. Before retirement, Masao Tanaka filed a lawsuit to correct long working hours, thinking that the unreasonable things he had experienced so far should not be passed on to young people who will lead the next generation.


[Current status of long working hours for teachers]

(1) About 30% of elementary school teachers and about 60% of junior high school teachers work beyond the karoshi line. (Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology "Faculty Work Survey (2016)"

(2) About 5,000 people take leave due to depression and mental illness every year. (Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology "2018 Survey of Personnel Administration of Public School Staff")

(3) 28 faculty members died from overwork in 5 years (Ministry of Internal Affairs and Communications "FY2017 Research Project on Labor and Social Sectors Related to Overwork Deaths of Local Public Employees (Analysis of Faculty and Staff)")

④ In some local governments, there are cases where classes cannot be held for a month due to a shortage of teachers.


[Fighting in court]

Public school teachers are subject to a law called the Special Salary Law.

The special salary law fixes the overtime pay for teachers at 4% of the monthly fee (teaching profession adjustment amount), while for four tasks called "4 items of overtime" (practice, school events, staff meetings, emergency disasters). It stipulates that overtime work for teachers is permitted only.

However, in reality, teachers are ordered to do a lot of work other than the "4 items of overtime work" to which the special salary law does not apply, and they are forced to work overtime for a long time.

The reality of such overtime work must be in violation of the Labor Standards Law, which sets an upper limit on working hours.

However, the current situation is that all overtime work by teachers is treated as "voluntary work" and is not subject to restrictions on working hours or payment of overtime pay.

The work decided at the staff meeting is also regarded as "voluntary work", and even if the same work is done, it is recognized as normal work during working hours, but it is regarded as voluntary work outside working hours. It is a situation that will be done.

This does not eliminate the long working hours of teachers.

The case finds that overtime work for teachers is not voluntary and requires payment of overtime pay for overtime work or damages for being forced to work illegally.

(Please refer to the website for more details)


[From the founder]

The support office was set up by volunteers of educational students. I didn't think it was irrelevant because I hadn't entered the field of education yet.

When I went to the practical training, I saw the teachers who created the learning environment for the children and thought that it was a wonderful and precious profession.

I think that it is a profession that is involved in the growth of children and creates the "future".


However, the voices I heard from my friends who came to the educational site to make their dreams come true were painful. Their faces were exhausted. I had a friend who was sick and took a leave of absence. I witnessed the actual working conditions of teachers.


An environment where some people work from morning till night for "children", become exhausted, and sometimes break their minds and bodies. Is this really "for children"? No matter how good the practice is, if you do not have time to study and study it, you will not be able to carry out effective educational activities. Even if children issue SOS, if they are exhausted and cannot afford it, their voices may not reach. If you really want for children, the first prerequisite is to create an environment where teachers can be physically and mentally healthy.


I believe that this proceeding is not a problem of one teacher, but one of the movements to solve important and serious social problems and create the society of the future. If you do not mind, thank you for your support.



埼玉教員超勤訴訟 田中まさおのサイト〜長時間労働に歯止めをかけたい〜

田中まさお支援事務局

関連コラム