「人間を育てる教員に、人間らしい働き方を」訴訟 A human-like way of working for teachers who raise humans

#働き方 #Labor Rights

現在の支援総額 Total amount of current support

2,710,500円 ¥ 2,710,500

90%

目標金額 Target amount

3,000,000円 ¥ 3,000,000

サポーター Supporter

689 人 689 supporters

支援する Support a Case

一人の現職の教員が戦っています。「私たちの世代で、この長時間労働に歯止めをかけなければならない」一個人の利益のためではなく、教育の未来について考え、危機感から戦っているのです。これは、一教員だけの問題ではない。教育に関わる全ての人の問題です。教育の未来のため、支援をお願いします。
追記:2022年8月25日の高裁判決を踏まえ、上告を決定しました。最高裁に向け、さらなる支援をお願いします。
Teachers fight for the future of education starts with the sense of crisis,not from personal benefit.This problem concerns everyone involved in education.Please support us for the future of education.

ケースに支援いただいた方たちのコメントです Comments from the people who supported the case

いくこ
少しでも身体を壊さずに、幸せに働ける教員が増えて欲しいです。
2023/1/3 18:54
makiko
控訴審の判決は、日本の教育の未来を大切にしているとは思えない内容でした。最高裁でしっかり訴えが届き、教育の明るい未来が保障されることを心から願っています。田中まさおさん、関係の皆様、この訴訟を起こしてくださったことにとても感謝しております。引き続き応援しています。教育に携わるものだけでなく、社会全体で応援してほしいです。
2022/12/20 20:06
hamikano
息苦しい世の中を変えたい。教育現場の改革もそのひとつ。
2022/12/13 18:35
おんせんさん
微力ながら同業の後輩として、田中まさおさんの闘いに敬意を表したく。感謝申し上げます。
2022/12/1 22:31
たっちやん
田中さんのまっとうなことを求める活動に共感し、寄付をします。皆様ご自愛ください。
2022/11/26 21:35
今後の日本の教育に関わる重要な裁判だと思っています。頑張ってください!
2022/10/19 3:14
きままじゃけん
定額支給で働かせ放題の先生に支援
2022/10/12 18:10
きいの
全く同じ思いです。
教員5年、現在は講師。
2022/10/2 21:29
公教育をよいものにできるよう応援しています!
2022/9/17 21:50
radio dialogue を聴いて、そこから来ました。わたしも教員です。
田中先生の裁判はTwitterやニュースなどでも拝見していましたが、9月7日の放送を聴いて、声を挙げてくださった田中先生や田中先生を支える皆さんに思いを伝えたく、少しですが寄付いたします。
応援しています。
2022/9/8 20:00
じゃがー
高裁判決読みました。あり得ません。
頑張ってください!
2022/9/6 16:36
らじ
教員の仕事を続けながら、教育の未来を守るために立ち上がることがどれだけ勇気のいることか。まさお先生の助けになればと思い、微力ながら協力させていただきます。私にとって3万円は少なくない額ですが、まさお先生や若生弁護士なら適切に使ってくださると思い募金します。
2022/9/6 9:43
hr
一部ですが恩送りします。
2022/9/2 15:27
リョータ
私などでは想像もできないほどの精神的な負担を担い、全ての教職員のために戦っている田中さんに敬意を表します。この問題をより多くの教職員の仲間と議論していきます。
2022/9/2 9:06
田邊栄治
教育を考えるうえで,とても大切な裁判だと思っています。
2022/8/28 21:21
yuki
私たちの思いを代弁していただいていることに、感謝しかありません。職場でも、話題にしたいと思います。校長とも、今回の判決について、話し合います。応援しています。
2022/8/28 13:27
シン
高裁の判決は、到底納得できません。
現場で働く身として、最後まで応援いたします!
2022/8/27 21:27
hirahira
教員の労働条件は教育の質、ひいては国の未来に直結するものだと思います。応援します。
2022/8/27 17:36
ゴキブリーズ蟻
この訴訟がきっかけだったと振り返る日が、そう遠くない日にきっと来ると信じています。
2022/8/27 15:36
あんてぃ
学校経営側にいました、教員兼管理職も15年やりました。
学校で「生徒のため」という目的をもつことには異論はありません。ただ、先生が幸せじゃないと生徒が幸せにならない(解釈は割愛します)と実感しています。それを目指して色々行動しました。
誰かの幸せは犠牲の上に成り立つでしょうか。その犠牲はギリギリの効率性向上の中で何とかして、結果として生徒を「檻」に閉じ込める。働き方改革はまた効率性向上を目指す。遅れまくったデジタル化を爆速で推進することはいいことです。「これは教員の「仕事」かどうか」という仕事の切り分けし、教育業界だけではないはずの労働者不足を財政で解決・・・できるのでしょうか。
個々人が生きる上で他者や自然・目の前で起きることを体験し、そこから学び自分の成長を実感して、次の一歩を踏み出す。これを実現するのに今の(いや100年以上前に作られた)「学校」システムでいいのかな、と思って、学校現場を離れました。

この訴訟は、いろんなことを学ばせてくれると感じ、支援しました。

2022/8/27 12:28
田中まさおさんは、わたしでもあります。
些少ですが、支援を通して、わたしの闘いに連帯します。
2022/8/27 10:58
Wong Chang
高等裁の判決、おかしいと思います。
教員に求められる業務内容、特に各教科の指導内容、個別対応やインクルーシブ教育といったなど、生徒にもろに関わる部分に関しての業務内容が、時代の変遷とともに今まで以上に専門性を求められるものとなっていると思います。
教員の業務が時間管理にそぐわないということは分かりますが、それに対する適切な対価が与えられないのは間違っていると強く思います。
田中先生が、我々を代表して闘ってくださっていて、本当に感謝しています。これからも健康に留意され、我々の強い味方であってください。
2022/8/27 10:07
みのむし
25日の東京高裁での判決、直に聞きました。全身から力が抜けるような判決文の「読み上げ」でした。日本の司法って、こんなものだったのでしょうか。田中先生や江夏弁護士、若生弁護士の意見陳述書や控訴審準備書面、毛利先生の意見書、裁判長はどれだけ読み込んだのでしょうか。全く議論になっていないと感じました。田中先生が学校での仕事をあれだけ詳細に紹介し、どれもが児童生徒のために必要不可欠と認められるのに、なぜ、命令された仕事と自主的な仕事を峻別する必要があるのでしょうか。それでも峻別する必要があるというのなら、なぜ、学校現場に自ら足を運んで実態を理解しようとしないのでしょうか。その上で理由を付けてこれは命じられた仕事、これは自主的な仕事、と主張するならまだ議論の余地がありますが…。裁判長は、国会で都合の悪い質問をはぐらかす政治家のようにしか見えませんでした。
2022/8/27 0:22
なおき
母親が非常勤講師として、約20年ほど勤めています。
完全な休日をあまり見たことも無く、仕事とプライベートが別れられない職種なのかなと感じていました。
そう言った中で、このような取組みを拝見し、本当に微力ですが、応援したいと思いました。
2022/8/26 9:04
はると
司法の決定は絶対におかしいと思います。
現役で頑張っておられる先生方にも絶望が広がるのが怖いです。
頑張ってください。
2022/8/26 7:26
まつこ
微力ながら応援させていただきます。
2022/8/26 6:46
ゴキブリーズ
採点も通信簿もすべて業務だと思います。業務の定義を改めて定義しなおした上で、どこの優先順位を下げるかを決めること。その為に労力を少なくするための施策を検討することが求められると思います。応援しています。
2022/8/26 0:01
フィン
仕事柄、教員を目指す学生さんと接しますし、教員の友達もいます。自分の子どもも来年から小学校です。教員の待遇が一刻も早く改善され、社会的地位が向上することを願います。待遇改善は子ども達へも良い影響があると思います。ささやかながら応援させていただきます。頑張ってください!
2022/8/25 23:54
いながき
高裁訴訟お疲れ様でした。不当な判決だったと思います。非常に残念です。最高裁での訴訟を応援しております。
2022/8/25 23:43
太郎
現職教員です。田中先生の想いと同じ気持ちですので微力ですが応援させてください。
先生に時間と何より心の余裕がないと、子どもたちにも余裕は生まれません。余裕のない子どもたちがすくすく育つとは思えません。子どもたちのためには、今の先生達の状況を変える必要があると思います。そもそもの業務を減らすことが1番だと考えていますが、現状、業務は増えるばかりです。だから少なくとも少しでも賃金が上がればモチベーションにもなりますし、これから教員を目指す人にも少しは魅力的な仕事になるのではないでしょうか。
2022/8/25 22:45
青月
「これからの若い先生方を支えたい」気持ちに共感します。いつも応援しています。
2022/8/25 22:43
千葉県我孫子市の教員
応援しています!
2022/8/25 22:01
タダで人を使おうという考えは間違っています。
プロにはプロに相応しい待遇が必要です。
このままでは日本の教育は駄目になってしまいます。
2022/8/25 21:06
kinchan
教員が人間らしい生活を送れるように、日本の未来のために、応援しています。頑張ってください。
2022/8/25 20:45
西野
私たちの代表として戦っていただいているものと感じています。
諸事情により、自分自身が表に立てずに心苦しいです。
せめてもの支援をさせてください。
2022/8/25 20:13
あっきー
応援しています!
2022/8/25 19:49
あみの
微力ながら、応援しています。
2022/8/25 19:00
Shokofk
全国の先生たち、これから先生を目指す若者たち、先生とともに学校で過ごす子どもたちのための裁判、応援しています。
2022/8/25 17:05
みど
8/25東京高裁の裁判お疲れさまでした。
残念な結果でしたが、上告されるとのことで、引き続き応援しています。
私はもう労働環境に耐えられず民間企業に転職しましたが、また子どもたちと過ごせるのなら、ぜひそうしたいです。
過労に脅かされているのは教員だとしても、教育は国全体の課題なので、離職しても自分ごととして向き合っていきます。
関係者の皆様、どうかお体ご自愛ください。
微々たるものですが、資金の一部としてご活用いただけるとありがたいです。
2022/8/25 16:05
みそ
これから教員になろうとしている者です。切実に、切実に教員の労働環境が変わることを望んでいます。
2022/8/25 15:54
どんな判決がでるのか、社会全体で注視する機運が高まってきました。
これも、田中まさお先生をはじめ、関係する皆様に感謝したします。
2022/8/25 15:04
br
応援しています。
2022/8/22 12:31
マゴ
 高校の教員です。田中まさおさんの裁判のことを今年知りました。近年の労働環境の悪化、それに対して何の改善もなされていない状況が続いていることに対して憤りを通り越して、公教育そのものが崩壊の危機なのではと不安になっています。
 田中さんの行動はとても勇気のある行動だと思います。微力ながら応援しています。
2022/8/22 12:25
さあはなやらは
応援しています。
2022/8/16 23:31
カッツン
私は後期高齢者。孫が小学生から大学生まで4人おります。いまの学校を見ていると教員がかわいそうでなりません。裁判で勝利してぜひ学校の教員に明るい笑顔がもどることを願っています。教員が笑顔で子どもに接することができない学校は、教育をするところではなくなってしまいます。頑張れ!。日本中の人たちが見ています。
2022/8/4 11:34
クマユジ
間違ってると分かっていてながら変わろうとしない社会が、一日でも早く、より良い方向に変わってくれる事を祈ってます。
2022/7/22 22:26
KNHK
身近な存在でとても大変な思いをしている人がいるので、他人事には思えません。一つの裁判が大きな流れとなり全体の制度自体を変えていけるように支援させて頂きます。
2022/6/30 13:25
すずき
私の恋人も中学校で教員をしていますが、その多忙さからほぼ毎週土日も学校に出る、もしくは家に持ち帰ってずっと仕事をしています。倒れてしまいそうで無理しないでほしいと伝えると、結局皺寄せは子供たちに行くからと、自分の時間を犠牲にしてやらざるを得ない状況です。
せめてその働きに見合った対価を得てほしい。生産性云々や業務効率化の話は、成果物とかかった時間だけでなく、かかった金額も明確である必要があるのではないでしょうか。
教師の業務改善を行うためにも、まずは彼ら彼女らに正当な対価が支払われますように。微力ながら応援しております。
2022/6/22 20:17
Noriko-san
ある日本の会社を通して、アメリカ在住の国際結婚のお子さん中心に日本語をオンラインで教えています。普通の教材が使えない生徒さんの場合には、準備にどんなに時間がかかることか、非常に理解できます。しかし、その塾から頂く額は、アメリカのWalmart Targetといったスーパーよりも半額に近い時間給です。私の経験から言うと、1時間の授業に1時間は準備が必要と思っています。
現在、日本の経済は世界の経済から取り残されているので、給料基準が低いことはよくわかっています。だた、強く思うのは、教育は内容・金額的にも軽視される傾向があると思います。声を大にして主張する人が少ない日本で、このように立ち上がっていることは素晴らしいと思います。老人国家となる中で、若い人達が世の中を変えていかなければなりません。がんばれ!
2022/6/22 2:32
パパ頭
田中まさお様には、教育公務員の兼業のあり方訴訟でも、大変お世話になりました。
私も、教員の働き方を巡って提訴した人間ではありますが、長時間労働は、様々ある教員の働き方に関する課題の中でもとりわけ根が深く、最も重要な問題だと認識しています。
教員に対し、人間らしく働ける環境を整えることは、教育活動の充実にも繋がり、ひいては子供たちにも還元されると思います。
教育は、言うまでもなく大切な営みです。
そのなり手がいなくなってしまう前に、少しでも状況が改善されていくことを望みます。
2022/6/21 20:59

523 件中 1-50

1-50 of 523 cases

田中まさお支援事務局

関連コラム