警察庁保有個人情報管理簿一部不開示決定取消請求訴訟

FOIA case against the NPA

警察庁保有個人情報管理簿一部不開示決定取消請求訴訟

警察庁の秘密ファイルの開示を求めています。

FOIA case against the NPA

FOIA case against the National Police Department asking for the disclosure of the ”secret” File.

現在の支援総額

Total amount of current support

7,500円

¥ 7,500

3.75%

目標金額:200,000

Target amount:¥ 200,000

現在の支援総額

Total amount of current support

7,500円

¥ 7,500

目標金額

Target amount

200,000

¥ 200,000

3.75%

パトロン数

Supporter

4 人

4 supporters

募集終了まで残り

Remains until the end of recruitment

956 日

956 days

ケースを支援する Support a Case

警察庁の秘密ファイルの開示を求めています。

FOIA case against the National Police Department asking for the disclosure of the ”secret” File.

国の機関は、取り扱う個人情報の保護のため、行政機関個人情報保護法という法律を守らなければなりません。

この法律は、行政機関が個人情報ファイルを保有する場合は、事前に総務大臣に通知し(10条1項)、個人情報ファイル簿を作成して公表する(11条1項)ことを義務づけています。

他方、法律には、この事前通知とファイル簿の作成・公表をしなくともよい、例外事由が定められています。

この例外の類型としては、

  • 国の安全、外交上の秘密その他の国の重大な利益に関する事項を記録する個人情報ファイル
  • 犯罪の捜査、租税に関する法律の規定に基づく犯則事件の調査又は公訴の提起もしくは治安の維持のために作成し、または取得した個人情報ファイル

などが定められています。これらに該当すると、個人情報ファイルを保有すること自体が秘密にされてしまいます。いわば秘密ファイルです。


警察庁が、どれほどの秘密ファイルを保有しているか、また秘密ファイルにはどのようなものがあるのか。全く明らかにされていません。


本訴の原告の情報公開クリアリングハウスは、この秘密ファイルとされている個人情報ファイルの数、ファイルの名称、含まれる個人情報の概要が分かるものについて警察庁に情報公開請求を行いました。

すると、「保有個人情報管理簿」122件のうち登録項目名以外は全て不開示(情報公開法5条3号、4号)とされました。

その1つが、ケースページに掲載した画像です。このような黒塗りの資料だけの開示は情報公開法の趣旨に合致しません。


クリアリングハウスは、この不開示決定の取消と開示の義務付けを求めて2018年3月に東京地裁に提訴しました。

情報の適正な公開を求め、警察の民主的な統制を実現するため、ぜひ本訴をご支援ください。


※いただいた寄付は、印紙・郵券、専門家の鑑定意見費用、会議費等の実費のほか、残額を弁護士費用に充てることを予定しています。なお、弁護団の中に当団体の理事が1名含まれていますが、同理事に対する弁護士報酬には充てません。

Government agencies must abide by the Act on Administrative Personal Information Protection Act to protect personal information they handle.

This law requires that when an administrative organization owns a personal information file, it notifies the Minister of Internal Affairs and Communications in advance (Article 10 paragraph 1) and prepares and publishes a personal information file list (Article 11 paragraph 1) You

On the other hand, the law provides an exception event that does not require the advance notice and the creation and publication of the file list.

As a type of this exception,

  • Personal information file that records matters concerning national security, diplomatic secrets and other important interests of the country
  • Personal information file created or acquired for criminal investigation, investigation of a criminal case based on the provision of tax law, prosecution or maintenance of security

there is. If these conditions are met, the possession of the personal information file itself is kept secret. It is a so-called secret file.


How many secret files are held by the National Police Agency, and what kinds of secret files are there? It has not been revealed at all.


The Information Clearing House of the plaintiff in this case has made a request to the National Police Agency for information disclosure about the number of personal information files considered as secret files, the names of the files, and the outline of the personal information contained.

Then, it was made non-disclosure (information disclosure law Article 5 No. 3 and No. 4) except for the registered item name out of 122 “held personal information management book”.

One of them is the image posted on the case page. Disclosure of only such black-out materials does not fit the purpose of the Information Disclosure Act.


The Clearinghouse filed a lawsuit with the Tokyo District Court in March 2018 seeking cancellation of this non-disclosure decision and mandatory disclosure.

Please support this case in order to realize appropriate disclosure of police information and democratic control.

情報公開クリアリングハウス

情報公開クリアリングハウス