「海外でも国民審査を」訴訟

”National examination even overseas”

「海外でも国民審査を」訴訟

海外でも国民審査を実現するために、制度の改善を求めています。

”National examination even overseas”

We are seeking improvement of the system to realize the national assessment overseas.

現在の支援総額

Total amount of current support

107,500円

¥ 107,500

53.75%

目標金額:200,000

Target amount:¥ 200,000

現在の支援総額

Total amount of current support

107,500円

¥ 107,500

目標金額

Target amount

200,000

¥ 200,000

53.75%

パトロン数

Supporter

9 人

9 supporters

募集終了まで残り

Remains until the end of recruitment

225 日

225 days

ケースを支援する Support a Case

海外でも国民審査を実現するために、制度の改善を求めています。

We are seeking improvement of the system to realize the national assessment overseas.

※募集期間を延長しました

 2017年10月22日、衆議院議員選挙と最高裁判所裁判官国民審査が行われました。 

アメリカに居住していた私(谷口)とブラジルに居住していた私の友人(永井)は、それぞれ在外選挙に行きました。しかし、投票できたのは衆院選挙のみで、国民審査はできませんでした。

なぜ憲法で国民に認められている国民審査権を、海外に在住していると行使できなくなってしまうのだろう、私たちは疑問に思いました。

 少し前まで、海外在住者は、国政の選挙についても制限的にしか認められていませんでした。これに対し問題提起をし、裁判を起こした人たちがいました。それを受けて2005年に最高裁判所で違憲判決が出ました。その結果、海外在住者も国内居住者と同様の選挙権を行使できるようになりましたました。

しかし、調べてみると、海外在住者から国民審査権が奪われたままであることがわかりました。 私たちは、最高裁裁判官の国民審査権という、憲法によって国民に認められた民主主義の基本的な権利が奪われ、かつ、その問題が長らく放置されているということは大きな問題だと考えました。そして問題意識を他の原告の方に声をかけ、また弁護士の方々の協力を得て、この訴訟を起こすことにしました。 

この訴訟は、100万人を超える在外日本人の、憲法上の権利を回復することを目指すものです。これによってより良い民主主義社会が実現できると考えています。 

今回のクラウドファンディングによって集まったお金は、今後最高裁判所まで続くことが予想される裁判にかかる実費に充て、その後もしお金が余るようであれば、現在手弁当で大変な労力を費やしてくれている弁護団の皆さんに費用をお支払いしたいと思っています。 

※このケースの原告の1人は、Call4の代表です。

※いただいた寄付は弁護士費用等の実費に充て、残額は当団体に寄付いたします。なお、弁護団の中に当団体の理事が1名含まれていますが、同理事に対する弁護士報酬には充てません。

※ The recruitment period was extended 

On October 22, 2017, the House of Representatives election and the Supreme Court Judges National Examination were held. 

I (Taniguchi) who lived in the United States and my friend (Nagai) who lived in Brazil respectively went to overseas elections. However, only the House of Representatives election was able to vote, and the national examination was not possible. 

We wondered why it would be impossible to exercise the National Reviewing Authority, which is recognized by the people in the Constitution, when living abroad.

Not long ago, people living abroad were only recognized as restrictive in national elections. There were those who raised the issue and made a trial.As a result, in 2005 the Supreme Court issued unconstitutional judgment. As a result, foreign residents can now exercise the same voting rights as domestic residents.

However, when I checked it, I found that people living overseas were deprived of the right of national examination.

We believe that the fundamental right of democracy, recognized by the Constitution as the Supreme Court's right to judge the people, has been taken away from the people and that the problem has been left for a long time is a big problem. 

Then, I called out to other plaintiffs about the problem and, with the help of lawyers, I decided to file this lawsuit. 

The lawsuit seeks to restore the constitutional rights of over 1 million foreign Japanese. We believe that a better democratic society can be realized by this.The money collected through this crowdfunding will be used to cover the actual cost of a trial that is expected to continue to the Supreme Court, and if money is left after that, it will spend a great deal of effort now at lunchboxes. 

I would like to pay the expenses to all the lawyers who are there.

※ One of the plaintiffs in this case is a representative of Call4. 

※ All donations will be allocated to the actual costs such as attorneys' fees, and the remaining amount will be donated to the group. In addition, although one member of the group is included in the defense team, it is not used for the attorney's fee for the member.

「海外でも国民審査を」弁護団

谷口太規

Call4代表の谷口です。また、海外でも国民審査を!事件の原告です。弁護士をしています。