レペタ訴訟【アーカイブケース】 The Note-taking case(Repeta Case)

現在の支援総額 Total amount of current support

11,500円 ¥ 11,500

5%

目標金額 Target amount

200,000円 ¥ 200,000

パトロン数 Supporter

4 人 4 supporters

支援する Support a Case

裁判の傍聴に際して傍聴席でメモを取れないことの違法性を争った事件(この事件の前は、メモを取ることが一律に禁止されていました)。

※この事件は、訴訟資料アーカイブプロジェクトの対象事件です。訴訟はすでに終結しています。
The case that disputed the illegality of not being able to take notes at the hearing at the hearing of the trial (Before this case, taking notes in Japanese court was uniformly prohibited).

【アーカイブプロジェクトNo.0001】

※このケースに対する寄付は、当時、裁判を支援したJCLUに支払われます。


原告のローレンス・レペタさんはアメリカの弁護士でした。日本の経済法の勉強のために、所得税法違反の刑事事件を傍聴していました。

法廷でメモを取っていると、裁判長から禁止されました。数度にわたりメモを取らせて欲しいと申し入れましたが、いずれも受け入れられず、最終的に訴訟を起こしました。

調べてみると、記者クラブに加盟するメディアの記者であればメモを取れることがわかりました。裁判の公開原則違反や、表現の自由や取材の自由、平等権の侵害などを理由として、メモを禁止する裁判長の訴訟指揮は違法であると主張しました。

一審、二審とも、請求は退けられました。

最高裁は、上告自体は退けたものの、理由の中でメモを取る行為は原則として尊重されるべきであると判断し、これ以降、全国の裁判所でメモを取ることができるようになりました。



JCLU(自由人権協会)

【Archive project No. 0001】

※ The donation for this case will be paid to JCLU who supported the trial at that time.


Plaintiff Lawrence Lepeta was an American lawyer. He was watching a criminal case in violation of the income tax law in order to study Japanese economic law.

When taking notes in court, he was banned from the presiding judge. He offered to have them take notes several times, but none were accepted, and  finally filed a lawsuit.

In trial, he found that if you are a media reporter who joins a press club, you can take notes. He argued that the presiding judge, who forbids to take memorandums, is unlawful to lead a lawsuit because of violation of the open principle of the trial, freedom of expression, freedom of coverage, infringement of equal right, etc.

Both the first and second trial rejected the request.

The Supreme Court has ruled out that the appeal itself has been dismissed, but the act of taking notes in the reasons should be respected in principle, and it will be possible to take notes at national courts thereafter. .



JCLU(自由人権協会)

JCLUスタッフ

公益社団法人自由人権協会(JCLU)は、基本的人権の擁護を唯一の目的とする公益社団法人です。日本国憲法が施行された1947年に設立され、現在は、表現の自由、知る権利や外国人の人権を中心に研究・提言をするほか、人権訴訟の原告支援などの活動を行なっています。

The Japan Civil Liberties Union (JCLU) is a public interest association which aims to protect and promote human rights for all persons regardless of beliefs, religion or political opinion. JCLU’s work is conducted in accordance with internationally recognized human rights principles, namely the Universal Declaration of Human Rights.