教育公務員の兼業のあり方を問う訴訟 Proceedings for side jobs of educational civil servants

現在の支援総額 Total amount of current support

871,500円 ¥ 871,500

87%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

252 人 252 supporters

支援する Support a Case

教員の兼業が、不明瞭な基準のもと制限されています。教員の兼業は法律上、本務遂行に支障のない限り認められると規定されています。原告は上記の規定を踏まえ、都に対し書籍出版に関する兼業許可を求めましたが、都はこれを認めず、判断の基準も示しませんでした。兼業は、教員の能力を磨く機会となるだけでなく、得た経験や知識は、教育活動を通じて子供たちに還元されます。豊かな教育の実現のため、基準の明確化を求めます。 Teachers side jobs are restricted under unclear standards. We request clarification of standards for the realization of rich education.

【訴訟の内容】

都立高校の教員である原告は、趣味で描いていた育児漫画を出版しようと兼業許可申請の手続を行いましたが、認められませんでした。この裁判では、東京都教育委員会が行った不許可処分の取消し及び原告の兼業許可申請を許可することを求めるとともに、不許可処分によって被った慰謝料等の損害賠償を請求しています。第1回公判期日は、7月14日水曜日です。



【訴訟に至った経緯】

令和2年8月、原告は教育公務員特例法17条に基づき、趣味で描いていた漫画の書籍化について、所属高校の校長に兼業許可申請書を提出しました。

校長はこれを確認し、所属長意見欄に許可相当である旨記載し、東京都教育委員会に提出してくれました。

ところが一カ月後、原告の提出した兼業許可申請書は、そっくりそのままの状態で原告の元に返されてしまいました。

その際、原告は校長より、「都教委としては本件について許可できないと判断したが、校長が許可相当とした申請を不許可にすることはできなかった。そのため不許可通知が提出されることなく、そのまま返す形となった」との説明を受けました。

この扱いに疑問を持った原告は、自ら弁護士に相談し、改めて、弁護士作成の意見書を添えて、再度兼業許可申請を提出しました。一カ月後、原告は校長より、再び申請は不許可となったとの報告のみを受けました。

この時、原告は、校長を通じて、東京都教育委員会に対し、なぜ不許可なのか、その理由を知りたいと、本件に対する処分の内容を明らかにする不許可通知の提出を求めましたが、これを受け取ることはできませんでした。

原告は東京都人事委員会に対し、本件処分についての審査請求をしていますが、現在までこれに対する裁決は出ていません。

原告は、教育公務員の兼業のあり方を問いたいと、本件訴訟を提起するに至った次第です。



【資金(寄付金)の使途】 

  • 訴訟費用(印紙代・コピー代など)

10万円程度を予定しています。

  • 学者(憲法学者、行政法学者等)に依頼する意見書費用

専門的な分野ですので、専門家に意見書を執筆していただくことを予定しています。謝礼は幅がありますが、50万円程度を想定しています。

  • 弁護団、証人、原告などの交通費

訴訟は東京で行います。代理人弁護士の出張や、専門家の方などにお越しいただく際の交通費等の実費を寄付金から支出できればと考えております。

  • 弁護士費用

今回2名の弁護士に依頼しました。着手金(1人当たり10万円)、訴訟が長期化した場合の追加着手金、勝訴した場合の成功報酬、出張日当などお支払いできればと考えております。 

  • 非営利団体への寄付

仮に多くの寄付をいただき、すべての経費を支出してなお余剰が出た場合には、教育関連の非営利団体へ寄付いたします。


【原告からのメッセージ】

始まりは出版社の編集から届いた一本の電話でした。

「書籍化いたしませんか?」

編集は、私の漫画に社会的な価値があること、男性の育児参加を促し、男女がもっと協力しあえる社会を目指していく中で書籍化には大きな意義があることを、熱を込めて語ってくださいました。

そこには、単純な利益追求だけでなく、望ましい社会に対するビジョンやポリシーがあるように私には感じられました。

この時の感動が、今日までの私のモチベーションとなっています。


私が訴訟を提起した背景には、編集と同じく、望ましい社会を形成する上での一助となりたいという気持ちがあります。

本件について、私は不許可通知を得ることができず、処分に対する判断基準を知ることもできませんでした。

その結果、表現活動をする際に、何が認められ、また認められないのかがわからず、様々な場面で多くの制限を受けざるを得ない状況となりました。

また、どんな処分を受けたのか明確に示されなかったにより、私には例えば不服申し立ての権利があるのかどうか、果ては意見を述べても良いのかどうかもわからなくなりました。

不許可との報告を受けた際、私は一度だけTwitterに、書籍化の話が合ったのだがダメになってしまったことを呟きました。

しかし数日後、上の立場の人間から、これは消した方が良いとの助言を受けました。

善意からの言葉だったのかもしれません。

結局私は、そのツイートを消しました。

しかしこうした状況では、あらゆる活動が封殺されてしまいかねません。

教育公務員(以下「教員」という)による兼業は、法律上、本務に支障のない限り認められると記載があります。

教員が実社会で活躍することは、教員たちの資質を磨く上でも重要な機会となるだけでなく、そこで得られた経験や知識は、教育活動を通じて子供たちにも還元されうるものです。

学校内で完結してしまいがちな現状を見直し、教育活動の幅を広げていく上でも意義があると考えます。

教員が、その立場上制限を受けることには納得しています。

しかし制限をかけるのであれば、その基準は明確に示される必要があります。


「時代が変われば、認められるのかもしれないけどね…」

これは不許可の報告を受けた際に、私がかけられた言葉です。

申請が通らなかったショックとともに、しばらく頭から離れませんでした。

しかしながら、なんて希望に満ちた言葉でしょう。

時代は、何か得体のしれない大きなものの手によって為すすべもなく動いているわけではありません。

例えコントロールができなくとも、その割合がどんなに小さくとも、その担い手は私であり、またこの文章を読んでくださっているあなたなのです。

時代は刻一刻と変わっている。

私の訴訟が、社会にとっても意義のある経験として還元されていくように、向き合っていきたいと思います。


【弁護団からのメッセージ】

働く私たちにとって、「仕事」は大事な一部ではありますが、すべてではありません。ほとんど全ての人たちが、仕事が終わった後や、仕事のない休日には、家族や友人と時間を過ごしたり、趣味に没頭したり、何もしない時間を楽しんだりすることと思います。この自由な時間は私たち個人のものであり、だとすれば、この自由な時間に別の「仕事」をして、時にはお金を得ることも、本来、自由に認められるべきといえます。

ようやく、時代が本来あるべき姿に追いついて、兼業について積極的な普及促進が図られるようになりました。2019年3月には国家公務員の兼業許可基準が明確化されるなど、公務員の世界でも兼業を認める流れは加速しています。

東京都教育委員会が行った、原告の兼業許可申請の不許可処分は、このような流れに逆らうものにほかなりません。

そして、原告の育児漫画は、男性の育休取得を促進するという社会的に重要な意義もありますが、それ以上に、原告が、教育公務員としての職務に従事していない、自由な時間に描きためた大切な作品たちです。

教育公務員であることを理由に、原告の自由を奪うことがどこまで許されるのか、この裁判を通じて、社会にも問うていきたいと思っています。


【弁護団メンバー】

弁護士 竹内明美

  • 東京弁護士会所属 
  • 上智大学法学部国際関係法学科卒業
  • 2008年9月 弁護士登録
  • 立川フォートレス法律事務所

弁護士 船戸暖

  • 東京弁護士会所属
  • 一橋大学法学部卒業
  • 一橋大学法科大学院卒業
  • 2016年12月 弁護士登録
  • 立川フォートレス法律事務所

原告(パパ頭)のTwitter

[Details of the proceeding]

The plaintiff, a teacher at a metropolitan high school, filed for a side job permit to publish a childcare manga he had drawn as a hobby, but was not accepted. In this case, the Tokyo Metropolitan Board of Education is requesting the cancellation of the disapproval disposition and the plaintiff's application for permission to work concurrently, and is also claiming damages such as consolation fees incurred due to the disapproval disposition.



[Background to the proceedings]

In August of 2nd year of Reiwa, the plaintiff submitted an application for permission to work side-by-side to the principal of his high school regarding the conversion of manga drawn as a hobby into a book based on Article 17 of the Special Law for Educational Public Employees.

The principal confirmed this, stated that it was equivalent to permission in the opinion column of the director, and submitted it to the Tokyo Metropolitan Board of Education.

However, a month later, the application for a side business permit submitted by the plaintiff was returned to the plaintiff as it was.

At that time, the plaintiff said from the principal, "The Tokyo Metropolitan Board of Education decided that this matter could not be approved, but the principal could not disapprove the application equivalent to the permission. Therefore, without submitting a notice of disapproval. , It became a form to return as it is. "

The plaintiff, who had doubts about this treatment, consulted with a lawyer himself and submitted the application for permission to work side-by-side again with a written opinion prepared by the lawyer. A month later, the plaintiff only received a report from the principal that the application was denied again.

At this time, the plaintiff requested the Tokyo Metropolitan Board of Education through the principal to submit a notice of disapproval clarifying the details of the disposition for this case in order to find out why it was disapproved. I was not able to receive this.

The plaintiff has requested the Tokyo Metropolitan Personnel Commission to examine the disposition, but so far no ruling has been issued.

The plaintiff has filed a proceeding in this case, hoping to question the ideal way of working as an educational civil servant.



[Use of funds (donations)]  

  • Court costs (stamp fee, copy fee, etc.)

We plan to pay around 100,000 yen.

  • Opinion fee to ask scholars (constitutional scholars, public administration law scholars, etc.)

Since this is a specialized field, we plan to have an expert write an opinion. The rewards vary, but we expect about 500,000 yen.

  • Transportation expenses for lawyers, witnesses, plaintiffs, etc.

The proceedings will be held in Tokyo. Business trip and of the attorneys, we believe that if you can spend the actual cost of transportation expenses when rather than just have come in, such as those of experts from donations.

  • attorney's fee

I asked two lawyers this time. We would like to pay the start fee (100,000 yen per person) , the additional start fee if the proceedings are prolonged, the success fee if the case is won, and the daily allowance for business trips.

  • Donations to non-profit organizations

If we receive a large amount of donations and spend all the expenses and still have a surplus, we will donate to an education-related non-profit organization.


[Message from the plaintiff]

It all started with a phone call from the publisher's editor.

"Would you like to make a book?"

The editing is enthusiastic about the social value of my manga and the great significance of making it into a book while encouraging men to participate in childcare and aiming for a society where men and women can cooperate more. He told me.

It felt to me that there was a vision and policy for a desirable society, not just a simple pursuit of profit.

The excitement at this time has been my motivation to date.


The background to my proceedings is, like editing, the desire to help form a desirable society.

I couldn't get a disapproval notice on this matter, nor did I know the criteria for disposition.

As a result, I didn't know what was allowed or not when I was doing expression activities, and I had to be subject to many restrictions in various situations.

Also, because I wasn't clearly shown what the disposition was, I wasn't sure if I had the right to appeal, for example, or if I could give my opinion.

When I received the report of disapproval, I muttered to Twitter only once that the story of making a book was met, but it was no good.

However, a few days later, a person in a higher position advised me that this should be erased.

It may have been a word from good intentions.

Eventually I deleted the tweet.

But in this situation, all activities can be slaughtered.

It is stated that a side job by an educational public employee (hereinafter referred to as "teacher") is legally permitted as long as it does not interfere with the main duties.

The success of teachers in the real world is not only an important opportunity to improve their qualifications, but the experience and knowledge gained there can be returned to children through educational activities.

I think it is also significant in reviewing the current situation that tends to be completed within the school and expanding the range of educational activities.

I am convinced that faculty members are subject to restrictions in their position.

But if you want to put restrictions, the criteria need to be clearly stated.


"If the times change, it may be accepted ..."

This is what I said when I received a report of disapproval.

I was shocked that the application did not pass, and I was stuck in my head for a while.

However, what a hopeful word!

The times are not moving without any help by the hands of something big and unfamiliar.

Even if you can't control it, no matter how small the ratio is, I'm the one who is responsible for it, and you are the one who reads this sentence.

The times are changing from moment to moment.

I would like to face my case so that it will be returned as a meaningful experience for society.


[Message from the defense team]

For us working, "work" is an important part, but not all. Almost everyone will spend time with family and friends, immerse themselves in their hobbies, and enjoy doing nothing after work or on holidays when they have no work. This free time is ours personally, and if so, doing another "work" and sometimes earning money in this free time should be freely allowed.

Finally, we have caught up with what the times should be and are actively promoting the spread of side jobs. In March 2019, the criteria for permitting side jobs for national civil servants were clarified, and the trend of allowing side jobs in the world of civil servants is accelerating.

The disapproval of the plaintiff's application for permission to work concurrently by the Tokyo Metropolitan Board of Education is nothing but against this trend.

And while the plaintiff's childcare cartoon has socially important significance in encouraging men to take childcare leave, more than that, the plaintiff is not engaged in his duties as an educational civil servant, so he can draw in his free time. These are important works.

Through this trial, I would like to ask society how much it is permissible to deprive the plaintiff of his freedom because he is an educational civil servant.


[Counsel members]

Attorney Akemi Takeuchi

  • Tokyo Bar Association affiliation
  • Graduated from Sophia University Faculty of Law, Department of International Relations Law
  • September 2008 Registered as a lawyer
  • Tachikawa Fortress Law Office

Attorney Warm Funato

  • Tokyo Bar Association affiliation
  • Graduated from Hitotsubashi University Faculty of Law
  • Graduated from Hitotsubashi University Law School
  • December 2016 Registered as a lawyer
  • Tachikawa Fortress Law Office

原告(パパ頭)のTwitter

教育公務員の兼業のあり方を問う訴訟弁護団

本クラウドファンディングは弁護団が主催しています。
代表:弁護士竹内明美(立川フォートレス法律事務所)
お問い合わせは下記専用アドレスまでお願いします。
takeuchi.kengyo@gmail.com