ネパール人取調べ中死亡国賠訴訟事件 National compensation case for death of Nepalese in custody

#外国にルーツを持つ人々 #Immigrants/Refugees/Foreign residents in Japan

現在の支援総額 Total amount of current support

1,269,581円 ¥ 1,269,581

63%

目標金額 Target amount

2,000,000円 ¥ 2,000,000

サポーター Supporter

105 人 105 supporters

支援する Support a Case

 両手に手錠をはめられたまま始められた検事の取調べ中、片方の手錠が外されるや突然白目をむいて意識不明となり不審な死を遂げたネパール国籍の男性の遺族が、身体拘束及びその解除の方法が不適切であったために男性が死亡したとして国家賠償請求を提起した事件です。 During the interrogation, which was started with handcuffs on both hands, the bereaved family of a Nepalese man who died suspiciously.

控訴審第2回口頭弁論期日

2nd appellate court argument

日時 Date
2024年4月22日(月)
15:30~16:00(予定)
2024.4.22(Mon)
15:30~16:00(plans)
場所 Location
東京高等裁判所・第809号法廷 Tokyo High Court/Courtroom No. 809
期日
内容
Details
急な告知にもかかわらず第1回期日の傍聴有り難うございました。大学生など多くの傍聴人に参加頂き、この事件の社会的重要性を改めて認識しました。第2回期日では、書面だけでなく、口頭でも、国賠法6条(相互保証主義)の違憲性・解釈、当方の主張する注意義務違反・死因について弁論を行います。引き続き傍聴に来て頂けますと幸いです。
Thank you for attending the first session despite the short notice. Many spectators, including university students, participated in the event, which made us realize once again the social importance of this incident. On the second date, we will make arguments not only in writing but also orally regarding the unconstitutionality and interpretation of Article 6 of the National Liability Law (mutual guarantee principle), the violation of the duty of care that we claim, and the cause of death. I hope you will continue to come and listen.
期日
報告会
Report
Meeting
期日直後に簡単に期日内容について説明し、皆さんからの御質問にもお答え致します。
Immediately after the deadline, we will briefly explain the deadline and answer any questions you may have.

控訴審第1回口頭弁論期日

1st appeal argument date

日時 Date
2024年1月24日(水)
15:30~16:00(予定)
2024.1.24(Wed)
15:30~16:00(plans)
場所 Location
東京高等裁判所・第809号法廷 Tokyo High Court/Courtroom No. 809
期日
内容
Details
いよいよ控訴審の審理が開始されます。弁護団でこの間準備した相互保証主義に関する研究者の意見書を提出し、東京都の控訴理由に対する求釈明を行います。
The appeal court hearing is about to begin. We will submit a researcher's opinion on the principle of mutual guarantee, which the defense team has recently prepared, and provide an explanation of the Tokyo Metropolitan Government's grounds for appeal.
期日
報告会
Report
Meeting

判決言渡期日

Judgment date

判決 Judgement
日時 Date
2023年3月17日(金)
14:00~14:30(予定)
2023.3.17(Fri)
14:00~14:30(plans)
場所 Location
東京地方裁判所・第510号法廷 Tokyo District Court, Court No. 510
期日
内容
Details
判決の言い渡しがあります。
There is a verdict to be handed down.
期日
報告会
Report
Meeting

口頭弁論

trial

日時 Date
2023年1月6日(金)
16:00~16:15(予定)
2023.1.6(Fri)
16:00~16:15(plans)
場所 Location
東京地方裁判所第510号法廷 Tokyo District Court, Court No. 510
期日
内容
Details
結審予定です。
期日
報告会
Report
Meeting

口頭弁論

oral arguments

日時 Date
2022年10月4日(火)
10:00~11:00(予定)
2022.10.4(Tue)
10:00~11:00(plans)
場所 Location
東京地裁・606号法廷 Tokyo District Court, Court No. 606
期日
内容
Details
国・東京都から反論の準備書面が提出される予定です。
期日
報告会
Report
Meeting

証人尋問期日その2

Witness cross-examination date 2

日時 Date
2022年5月27日(金)
15:00~17:00(予定)
2022.5.27(Fri)
15:00~17:00(plans)
場所 Location
東京地方裁判所・第510号法廷 Tokyo District Court, Court No. 510
期日
内容
Details
原告側協力医の尋問を行い、亡アルジュンの死因を明らかにします。
We will cross-examine the plaintiff's cooperating doctor and clarify the cause of death of the late Arjun.
期日
報告会
Report
Meeting

証人尋問期日

Witness cross-examination date

日時 Date
2022年5月10日(火)
10:00~15:30(予定)
2022.5.10(Tue)
10:00~15:30(plans)
場所 Location
東京地方裁判所・第706号法廷 Tokyo District Court, Court No. 706
期日
内容
Details
事件当日、亡アルジュンさんに対する制圧及び戒具使用等に関与した警察官4名の尋問を行います。
On the day of the incident, we will cross-examine four police officers who were involved in the suppression of the dead Arjun and the use of restraints.
期日
報告会
Report
Meeting
16時から裁判所周辺で期日報告会を開催します。

口頭弁論

trial

日時 Date
2022年1月21日(金)
10:00~10:30(予定)
2022.1.21(Fri)
10:00~10:30(plans)
場所 Location
東京地方裁判所・第510号法廷 Tokyo District Court, Court No. 510
期日
内容
Details
死因と注意義務について整理して主張します。
期日
報告会
Report
Meeting

口頭弁論

trial

日時 Date
2021年12月3日(金)
13:15~13:45(予定)
2021.12.3(Fri)
13:15~13:45(plans)
場所 Location
東京地方裁判所・第510号法廷 Tokyo District Court, Court No. 510
期日
内容
Details
当方医学鑑定書に対する東京都の反論書面、取調検事の過失に関する国の反論書面が陳述される予定です。
また、この間に国より開示された保護室内でアルジュンさんを緊縛する様子及び護送する様子が撮影されたハンドカメラの映像も証拠調べされます。既に開示されていた監視カメラでは聞き取れなかった、アルジュンさんの痛みを訴える生々しい声を聞くことができる映像でした・・・。
The Tokyo Metropolitan Government's counter-argument against our medical opinion and the national counter-argument regarding the negligence of the interrogation prosecutor will be stated. In addition, evidence will be examined from the hand camera footage of Mr. Arjun being tied up and escorted in the protection room disclosed by the government during this period. It was a video that I could hear the vivid voice complaining of Mr. Arjun's pain, which I could not hear with the surveillance camera that had already been disclosed.
期日
報告会
Report
Meeting

9 件中 1-9

1-9 of 9 cases

  • 1

小川隆太郎

弁護士(東京共同法律事務所・東京弁護士会)
http://www.tokyokyodo-law.com/

認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ事務局長
認定NPO法人日本国際ボランティアセンター理事
日本弁護士連合会国際人権条約WG自由権規約PT事務局次長
日本弁護士連合会国際人権問題委員会幹事
全国難民弁護団連絡会議世話人 ほか

関連コラム