カメルーン人男性死亡事件国賠訴訟

Cameroon male death case reparation laws

カメルーン人男性死亡事件国賠訴訟

2014年3月30日、茨城県牛久市の入管収容所に収容中のカメルーン人男性が、大声で「死にそうだ」と訴えながら放置され、死に至った事件。

Cameroon male death case reparation laws

Cameroon male who was being detained in Ushiku City, Ibaraki Prefecture, was left with a loud voice claiming to be ”dead.”

パトロン数

Supporter

137 人

137 supporters

現在の支援総額

Total amount of current support

721,500円

¥ 721,500

パトロン数

Supporter

137 人

137 supporters

現在の支援総額

Total amount of current support

721,500円

¥ 721,500

ケースを支援する Support a Case

2014年3月30日、茨城県牛久市の入管収容所に収容中のカメルーン人男性が、大声で「死にそうだ」と訴えながら放置され、死に至った事件。

Cameroon male who was being detained in Ushiku City, Ibaraki Prefecture, was left with a loud voice claiming to be ”dead.”

【事案の概要】

 2014年3月30日、茨城県牛久市所在の入国者収容所東日本入国管理センターにおいて、収容中のカメルーン人男性Wさん(当時43歳)が死にそうだと痛みを訴え、七転八倒しているのを入管職員が監視しながら、7時間余りも放置し、死に至らせた事件。

 2017年9月26日水戸地方裁判所龍ヶ崎支部に国及び当時のセンター所長に対し、Wさんの遺族である母Fさん(カメルーン在住)1000万円の賠償請求訴訟を提起した。


【時系列】

2013年

 10月5日 成田空港に到着

 10月6日 成田空港の入管に収容

 11月6日 牛久の入国者収容所東日本入国管理センターに移収

 11月14日 庁内診療により糖尿病等の病気を患っていることが判明

2014年

2月27日 

「私は深刻な胸痛がある」と記載した診療願いを提出。職員も「1週間ほど前から胸が痛く、息をするのも苦しいです」と本人の申出を付記したほか、「苦しそうな顔をしており、脂汗をかいている」のを確認し、それも付記し

3月15日 

「両足がひどく痛み、なにかに掴まらないと歩けない」という申出

3月16日

 「約12日間足が痛く、夜も眠れない。めまいがする」旨の診療を求める申出書が提出。
 入管職員は、申出書別紙として、「数日前から体調不良の様子。同室者や同収者も本件カメルーン人を早く受診させるよう懇願している。できる限り早い診察をお願いしたい」旨の書面を提出した。

3月27日

 午前11時27分    入管職員に対して、「気分が悪くて立つことができない」という訴えをした。

 午前11時42分    容態を心配した被収容者十数名が「Wさんを早く医者に診せろ」と述べ、ホールに留まり帰室を拒否する

 午前11時54分、処遇首席の指示により、Wさんは104号室から休養3号室に移され、監視カメラによる動静監視が開始されました。この時、Wさんは自力で歩行することができず、車椅子に乗せられて休養室に運ばれ、入管職員によって休養3号室のベッドに横臥させられました。Wさんの移室後、Aブロック、Bブロックの被収容者らは帰室させられた。

3月28日

 3月27日の血液検査の結果が判明。ところが、この検査結果は、3月28日に検査業者が結果を出していたにもかかわらず、入管職員はこれを速やかに入手して医師に対して報告せず。また27日以降、Wさんが亡くなるまで、医師による診療はなされなかった。

3月29日

 午前2時11分    胸の痛みと不眠を訴える。

 午前11時11分    ベッドから落ち、床で寝ているのが確認され、職員らによってベッドに戻された。

 午後6時6分から7分

「要件あり」原文のママと記載されたボードを掲げ、職員に対応を要請。午後6時53分から54分にかけても同様。

 午後7時12分~    ベッドの上で体を反転させ、苦しみもがきながら、「I'm dying」(私は死にそうだ)と声を発した。その後ベッドから落ち、一度は職員によってベッドにあげられたが、その後も落ち、床の上を苦しみながら転げ回っていた。
 この状況を入管職員はビデオで観察していたが、動静日誌には「異常なし」と記録していた。

3月30日    

床で転がり苦しむ様子は続き、その様子は「0:35 床をズボン1枚で転げ回っている」「2:30 床にハーフパンツ1枚で横向きになっている」等と職員によって確認された。
 午前3時ころから、午前7時2分に職員が入室するまで、Wさんはベッドの下方で仰向けになったまま、殆ど動かなくなった。

    午前7時2分     職員が心肺停止状態にあるのに気付く

 午前7時19分     救急隊到着

 午前7時32分    救急搬送

    午前7時47分    牛久愛和総合病院に到着

 午前8時7分    心拍の再開がなく死亡が確認

【Summary of the case】

On March 30, 2014, at the Immigration Center East Japan Immigration Center located in Ushiku City, Ibaraki Prefecture, Cameroon male W (43 years old at the time) in custody complained of pain that he was likely to die, The case where the immigration staff was overdue for over 7 hours while monitoring, leading to death.


On September 26, 2017, I filed a lawsuit in the Mito District Court Ryugasaki Branch against Ms. F's bereaved mother Mr. F (resident in Cameroon) for 10 million yen.


【Time series】

2013

Arrived at Narita Airport on October 5

October 6 Contained at Narita Airport Immigration

November 6 Ushiku Immigration Detention Center Transferred to East Japan Immigration Center

November 14 medical treatment in the central office revealed that she is suffering from a disease such as diabetes


2014

February 27

We submitted a medical request stating that "I have serious chest pain." The staff also added that the person's proposal "I have a heartache for a week or so and it is hard to breathe," and I confirmed that "I have a painful face and I am sweating greasy sweat." Note that


March 15

"The feet are sore, I can not walk unless I grasp something"


March 16

A written proposal calling for a medical treatment stating that "I have a pain in my feet for about 12 days and I can not sleep at night. I feel dizzy" is submitted.

The Immigration Official, as a separate statement of the proposal, states that "The condition of the physical condition has been poor from a few days ago. The roommate and the same payee are begging for a quick visit to the Cameroon. We want a medical examination as soon as possible" submitted.


March 27

11:27 am I filed a complaint against the immigration officials saying "I feel sick and can not stand up."

11:42 am A few dozen detainees who worried about their physical condition stated that "Mr. W. should be consulted with a doctor promptly" and stay in the hall and refuse the return room

At 11:54 am, according to the instruction of the Chief of Treatment, Mr. W was moved from Room 104 to Room 3 and motion and motion surveillance using a surveillance camera was started. At this time, Mr. W was unable to walk on his own, was carried in a wheelchair and was taken to the rest room, and was put on the bed of Rest 3 by the immigration staff. After Mr. W's move out, the inmates in Block A and Block B were returned.


March 28

The results of the March 27 blood test are known. However, even though the test results on March 28 were obtained by the inspector, the immigration officials did not promptly obtain this and report it to the doctor. The doctor did not give medical care until Mr. W died on the 27th.


March 29

2:11 I complain of chest pain and insomnia.

11:11 am Dropped from bed, confirmed sleeping on the floor, and returned to bed by staff.

6:06 pm 7 minutes

"Required" with the board described as the original mom and asked the staff to respond. The same applies from 6:53 pm to 54 minutes.

7:12 pm-After turning over on the bed, I complained, "I'm dying" (I'm going to die) while suffering. After that, he fell from the bed and was raised to the bed by the staff at one time, but then fell and rolled around suffering on the floor.

The immigration officials observed this situation in a video, but recorded it as "no abnormality" in the activity diary.


March 30

It was confirmed by the staff that "rolling 0:35 on the floor with one trouser" and "2:30 lying on the floor with one half pants" etc. .

From around 3 am, Mr. W was almost immobile while lying on the bed below until the staff entered the room at 7:02 am.

7:02 am We notice that the staff is in cardiopulmonary arrest state

7:19 am Emergency team arrival

7:32 am Emergency transportation

7:47 am Ushiku Aiwa General Hospital arrives

8:07 am Confirmed death without resumption of heart rate


児玉晃一

この弁護団の団長を務めさせていただいています。マイルストーン総合法律事務所所属。http://milestone-law.com/