カメルーン人男性死亡事件国賠訴訟

Cameroon male death case reparation laws

2014年3月30日、茨城県牛久市の入管収容所に収容中のカメルーン人男性が、大声で「死にそうだ」と訴えながら放置され、死に至った事件。

Cameroon male who was being detained in Ushiku City, Ibaraki Prefecture, was left with a loud voice claiming to be ”dead.” …

目標 1,000,000 円 / 募集終了まで残り 166

Target ¥ 1,000,000166 days to go

支援者情報 Supporter information
ユーザーネーム User name
氏名 Real name
メール Email address

※支援する金額を選択してください。

※Please select the amount to support.

金額を直接入力 Enter the amount directly.

最低支援金額は500円となっています。

The minimum support amount is ¥500.

コメント Comment