カメルーン人男性死亡事件国賠訴訟

Cameroon male death case reparation laws

カメルーン人男性死亡事件国賠訴訟

2014年3月30日、茨城県牛久市の入管収容所に収容中のカメルーン人男性が、大声で「死にそうだ」と訴えながら放置され、死に至った事件。

Cameroon male death case reparation laws

Cameroon male who was being detained in Ushiku City, Ibaraki Prefecture, was left with a loud voice claiming to be ”dead.”

現在の支援総額

Total amount of current support

660,000円

¥ 660,000

66%

目標金額:1,000,000

Target amount:¥ 1,000,000

現在の支援総額

Total amount of current support

660,000円

¥ 660,000

目標金額

Target amount

1,000,000

¥ 1,000,000

66%

パトロン数

Supporter

114 人

114 supporters

募集終了まで残り

Remains until the end of recruitment

225 日

225 days

ケースを支援する Support a Case

2014年3月30日、茨城県牛久市の入管収容所に収容中のカメルーン人男性が、大声で「死にそうだ」と訴えながら放置され、死に至った事件。

くりくり
2019/05/17 16:47

日本でこんな事があったとは…黒人への差別であれば許せないです。お亡くなりになった方は戻りませんが、せめてご家族が納得できる判決を望みます。

Nozomi
2019/05/16 11:14

このようなケースはいずれの国でも起こしてはならない。日本という国が世界で成熟した国として認められたければ、こんな基本的なずさんな処置は政府としても恥ずべきこと。この件の男性のご冥福とご遺族の平和を。

支配人
2019/05/15 12:25

信じ難い事件です。真相究明と関係者の処分を求めます。

ゆき
2019/05/14 23:00

こんなひどい事件が二度と繰り返されませんように。

Asami
2019/05/14 20:38

この4月より「入管改正法」で多くの外国人労働者の受け入れを決めた日本政府。
なのに日本の入管収容施設から聞こえてくるのは、収容者にたいする処遇のひどさである。最近は親と子どもが引き離されて収容されるケースが増えているというニュースも目にした。そういう状況で、果たして外国人労働者たちが気持ちよく働ける環境がつくれるのだろうか。
少し前に,東京弁護士会所属の弁護士を中心とする視察団がイギリスの収容施設を訪問した時の報告書を読んだ。(駒井 知会弁護士による)
http://iminseisaku.org/top/pdf/journal/006/006_180.pdf
その施設の内容の違いにもびっくしりたが、その中で心に残っているのは
『被収容者を「尊厳ある人」として認めることは,「被収容者の人生の時間を無駄にしない」との 発想を生み,その発想は,被収容者が,「将来,英国か祖国かのどちらかの社会で有為の人物となっ てほしい」との施策と結びつく』
という文章だ。なぜ日本の入管はそういう発想ができないのだろうか。
このケースはあまりにも残念すぎる。少しでも支援につながるなら。

2019/05/10 22:19

酷い話です。日本という国の民度が実際は低いことがわかります。支援させてください。

kazuchiyo
2019/05/06 15:24

日本政府の悲しい非人道的な仕組みに一石を投じることになればと思います。支援させてください。

Miyako
2019/04/23 13:53

朝日新聞の記事でこちらの活動を知りました。
日本の入管は人の命を軽視していると思います。
こちらの訴訟を引き受けてくださり、ありがとうございます。

ヨシ
2019/04/22 07:14

しっかり、国を追求してください。

風来坊
2019/04/21 21:17

応援します。。入管収容所における非人道的な扱いは、もっと国民が知っておかなくてはならないと思います。また、なんでもかんでも入管が所管するのは不適切だと考えています。難民申請は別の独立した機関が専門にやるべきだと思います。

高橋
2019/04/20 22:09

とても非人道的な行為です。
WさんFさんが報われるよう、これから第二のWさんが生まれないよう、このケースに適切な処置がされるよう願っています。

m
2019/04/20 18:04

ありえない事件。日本の入管のあり方全体を見直すためにも、支援します。

2019/04/16 13:11

応援しています!

2019/04/16 07:39

入管問題には非常に憤りを覚えます。原告の皆様をささやかながら応援します。

ゆかり
2019/03/30 23:16

一連の流れを読んで、胸が苦しくなりました。どうしてこんなことが起きてしまったのか、もっと私達は関心を持たなくてはいけないと思います。

2019/03/25 21:38

500円も選べるのはいいと思います。
1000円以上限定の所も多いため。

touchpon
2019/03/24 05:09

難民支援協会のニュースで知りました。閉鎖的な入管や国を相手に困難なことが多いと思います。しかし、正しいことはきっと実現されると信じます。現在、仕事でルワンダに在住しています。タンザニア、ウガンダ、ザンビアなどアフリカ経験が長くなり、アフリカ人の明るさ、やさしさに接するとき、本当に日本で無念の死を迎えたカメルーンの方のことを考えると、本当に悲しく、また、自国がこのような非人道的な制度を持つことを悲しく思います。帰国後は、行政書士の資格や海外経験を生かして、何かこれらのことに役立つ仕事ができればと思います。事件をサポートしておられるかたのご健闘をお祈りします。

abe
2019/03/20 11:05

応援しています

ユニコ
2019/03/19 21:26

入管のニュースに接するたび大変いたたまれない気持ちになり、自分に何かできることはないかと考えている時にこのケースを知りました。亡くなるに至った具体的な経緯を知り、あまりのことに言葉もありません。

2019/03/18 12:21

死ななくていい人が死んだとしたら、それは正さねばならないと思いました。僅かばかりではありますが、サポートさせていただきます。

56 件中 1-20

1-20 of 56 cases

児玉晃一

この弁護団の団長を務めさせていただいています。マイルストーン総合法律事務所所属。http://milestone-law.com/