カメルーン人男性死亡事件国賠訴訟 A compensation lawsuit against the Japanese government, et al., regarding the death of a Cameroonian in the Ushiku detention center.

現在の支援総額 Total amount of current support

1,248,100円 ¥ 1,248,100

124%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

285 人 285 supporters

支援する Support a Case

 2014年3月30日、茨城県牛久市の入管収容所に収容中のカメルーン人男性が、大声で「死にそうだ」と訴えながら放置され、死に至った事件。 A detained Cameroonian in the Ushiku detention center, Ibaraki Prefecture, was abandoned and died, although he had been seeking help by screaming “I’m dying” overnight.

弁論準備手続(Web)

Preparatory Proceedings(Online)

日時 Date
2021年7月20日(火)
11:30~
2021.7.20(Tue)
11:30~
場所 Location
非公開 Not open to the public
期日
内容
Details
Web会議による弁論準備手続
相手方の今回の準備書面に対して、7月9日までに反論の準備書面を提出する予定
Preparatory Proceedings.
Plaintiffs will file a reply brief to defendants' brief.
期日
報告会
Report
Meeting
予定していません。
I have no plans.

児玉晃一

この弁護団の団長を務めさせていただいています。マイルストーン総合法律事務所所属。http://milestone-law.com/