立候補年齢引き下げ訴訟 Lawsuit for Lowering the Age of Candidacy

#公正な手続 #Procedural Justice
#政治参加・表現の自由 #Democracy/Freedom of Expression

現在の支援総額 Total amount of current support

1,383,000円 ¥ 1,383,000

13%

目標金額 Target amount

10,000,000円 ¥ 10,000,000

サポーター Supporter

197 人 197 supporters

支援する Support a Case

日本が直面する少子高齢社会、中高年が多くを占める政治の場に、若い世代の声はなかなか届きません。戦後変わらない立候補年齢は若者の政治参加を制限し、社会の一員として政治に関わることを難しくしています。長期的な視点を持った10代・20代の声が届く政治は、日本をもっと持続可能で、生きやすい社会にします。若い世代の声が届く社会に向けて、私たちは立候補年齢の引き下げを提案します。 In Japan’s aging society, where the older generation dominates the political arena, it is difficult for the voices of the younger generation to be heard. The unchanged age of candidacy since the post-war era restricts young people’s political participation and makes it difficult for them to engage in politics. A politics that embraces the voices of teenagers and people in their 20s with a long-term perspective will create a more sustainable and livable society in Japan. In pursuit of a society where the voices of the younger generation are heard, we propose lowering the age of candidacy.

立候補年齢引き下げプロジェクト

若い世代の声が届く社会に向けて、私たちは、#立候補年齢の引き下げを 提案します。
本プロジェクトの意図や、よくいただくご質問(FAQ)などサイトに掲載しています。
hikisage.jp

関連コラム