海は誰のもの?沖縄県への「開発認可取消」訴訟(沖縄海岸国定公園事業) Who owns the sea?Lawsuit against Okinawa prefecture for canceling development authorization (Okinawa coast national park project)

現在の支援総額 Total amount of current support

56,100円 ¥ 56,100

2%

目標金額 Target amount

2,000,000円 ¥ 2,000,000

パトロン数 Supporter

14 人 14 supporters

支援する Support a Case

“ 自然の恩恵、国定公園 ” 私たち国民が享受するべき、平等な権利を守ること。

沖縄県を相手に開発認可取消の行政訴訟を行なっています。
沖縄県恩納村の国定公園内で行われているホテル開発(ハレクラニ沖縄 / 三井不動産)において、沖縄県の開発許可は間違いです(環境庁管轄であれば許諾しないと環境庁から回答あり)。違法な開発認可の取消を求めます。
国内屈指の豊かな自然を誇る沖縄では、守られるべき自然が沖縄県の乱開発により日々破壊されています。
”日本の自然”という恩恵は国民が平等に受ける権利があります。法律で自然保護が規制されているのにも関わらず、なぜ違法な開発が存在するのでしょうか?
“Benefits of nature, a national park” Protecting the equal rights that our people should enjoy. We have filed an administrative lawsuit against cancellation of development authorization against Okinawa Prefecture. In the hotel development (Halekulani Okinawa / Mitsui Fudosan) carried out in the National Park in Onna Village, Okinawa Prefecture, the Okinawa Prefecture's development permission is incorrect (if it is not under the jurisdiction of the Environment Agency, the Environment Agency responds that it will not permit it). We call for the cancellation of illegal development approvals. In Okinawa, which boasts one of the richest natural environments in Japan, the nature to be protected is being destroyed daily by over-exploitation of Okinawa Prefecture. The benefits of “Japanese nature” are equally entitled to the people. Why is there illegal development despite the fact that nature protection is regulated by law?

本人側 Person side

訴訟資料はありません。

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。

本人側 Person side

訴訟資料はありません。

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。

本人側 Person side

訴訟資料はありません。

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。

本人側 Person side

訴訟資料はありません。

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。

本人側 Person side

訴訟資料はありません。

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。

本人側 Person side

訴訟資料はありません。

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。

本人側 Person side

訴訟資料はありません。

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。

本人側 Person side

訴訟資料はありません。

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。

本人側 Person side

訴訟資料はありません。

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。

Megumi BOURDET(ブルデ恵)

東京から沖縄に移住して7年目、フランス人の夫と息子が2人。
沖縄の問題は基地だけではありません。自然環境、住む人を蔑ろにする乱開発は沖縄の深刻な問題です。沖縄が大好きで旅行に来ていた頃には見えなかった問題でした。
家の目の前にできるホテル開発を知り「海は誰のもの?」と考えたのが本件訴訟のきっかけです。
法律は生活に身近ではなかったし、行政訴訟なんて自分が経験すると思わなかったです。
でも私たちの“当然の権利”を主張する行為は特別なことではなく、私たちの権利は本来法律で守られるべきです。しかし、取り組みを始めてから、普段、私たちはあまりにもその権利に無関心であることに私自身が気づきました。

It has been 7 years since I’ve moved from Tokyo to Okinawa. My husband is a French native of Marseilles and I’m also the mother of 2 boys (11 and 6 years old).
Okinawa’s issues are not only about US military bases. Natural environment, rampant development, neglecting the residents are also serious issues. Those are issues I couldn’t see when I used to travel here because I love Okinawa.
When I heard a hotel will be developed right front of our house, I thought ”Who owns the sea?” and that was the trigger of this lawsuit.
The law wasn’t something familiar in my life and I never thought I would someday experience myself an administrative lawsuit.
Although no one knows the outcome, claiming our ”deserved rights” is nothing particular. People’s rights should normally be defended by the law. However, once I’ve started working on the lawsuit, I’ve realized myself how much we were usually indifferent to those rights.