「海外でも国民審査を」訴訟 ”National examination even overseas”

現在の支援総額 Total amount of current support

228,500円 ¥ 228,500

114%

目標金額 Target amount

200,000円 ¥ 200,000

サポーター Supporter

29 人 29 supporters

支援する Support a Case

海外でも国民審査を実現するために、制度の改善を求めています。 We are seeking improvement of the system to realize the national assessment overseas.

大法廷に回付されました

Circulated to the en banc

2021/7/5 19:31

6月23日付で最高裁判所第1小法廷において双方の上告受理申立てを受理する決定がなされ、翌6月24日に事件が大法廷に回付されました。

最高裁判所は5人ずつの裁判官が所属する3つの小法廷から構成され、通常はそのいずれかの小法廷で判断がくだされます。ほとんどの場合は上告事件として取り扱われず棄却されます。

要件を満たした場合にのみ上告事件として取り扱われ、かつ以下のような限られた場合に限り、事件は大法廷に回付されます。


最高裁判所事務処理規則

第九条 事件は、まず小法廷で審理する。
 左の場合には、小法廷の裁判長は、大法廷の裁判長にその旨を通知しなければならない。
一 裁判所法第十条第一号乃至第三号に該当する場合
二 その小法廷の裁判官の意見が二説に分れ、その説が各々同数の場合
三 大法廷で裁判することを相当と認めた場合
 前項の通知があつたときは、大法廷で更に審理し、裁判をしなければならない。この場合において、大法廷では、前項各号にあたる点のみについて審理及び裁判をすることを妨げない。
 前項後段の裁判があつた場合においては、小法廷でその他について審理及び裁判をする。


裁判所法

第十条(大法廷及び小法廷の審判) 事件を大法廷又は小法廷のいずれで取り扱うかに ついては、最高裁判所の定めるところによる。但し、左の場合においては、小法廷では裁判をすることができない。
一 当事者の主張に基いて、法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしない
かを判断するとき 。(意見が前に大法廷でした、その法律、命令、規則又は処分
が憲法に適合するとの裁判と同じであるときを除く。)
二 前号の場合を除いて、法律、命令、規則又は処分が憲法に適合しないと認める
とき。
三 憲法その他の法令の解釈適用について、意見が前に最高裁判所のした裁判に反
するとき。


なお、本件で大法廷に回付された事件は以下のとおりです。

地位確認(国側上告):行ヒ291、行ツ255
違法確認(想田ほか2名上告):行ヒ292(附帯上告事件(行ツ256)は棄却
国賠(想田ほか4名上告):行ヒ290(上告事件(行ツ254)は棄却


期日が指定され次第、ご報告いたします。引き続きご注目ください。

On June 23, the Supreme Court's First Small Court decided to accept both sides' petition for appeal, and on June 24, the case was circulated to the en banc.

The Supreme Court consists of three small courts with five judges each, and the decision is usually made in one of the small courts. In most cases, it will not be treated as an appeal case (decision to dismiss).

The case will be treated as an appeal case only if the requirements are met, and the case will be circulated to the en banc only in certain cases such as the following.


Supreme Court paperwork rules

Article 9 Cases shall first be heard in a small court.
In the case on the left, the presiding judge of the small court must notify the presiding judge of the en banc to that effect.
(1 ) When it falls under Article 10, items (1) to (3) of the Court Act (2) When the opinions of the judges in the small court are divided into two theories and the number of the theories is the same, it is appropriate to judge in the three en bancs. If admitted When the notice set forth in the preceding paragraph is given, a further trial shall be conducted in the en banc and a trial shall be made. In this case, the en banc shall not preclude hearing and trial only on the points corresponding to each item of the preceding paragraph.
If there is a trial in the latter part of the preceding paragraph, a small court will hear and try other matters.


Court law

Article 10 (En banc and small court trials) Whether the case is handled in the en banc or the small court shall be determined by the Supreme Court. However, in the case on the left, a trial cannot be made in a small court.
(I) When determining whether a law, order, rule or disposition conforms to the Constitution based on the claims of the parties. (Except when the opinion was previously in the en banc, the law, order, rule or disposition is the same as in a constitutional trial.)
(Ii) When it is found that a law, order, rule or disposition does not conform to the Constitution, except in the case of the preceding item.
(Iii) When an opinion contradicts a previous trial by the Supreme Court regarding the interpretation and application of the Constitution and other laws and regulations.


The cases circulated to the en banc are as follows.

Status confirmation (national appeal): Gyohi 291 and Gyotsu 255
Illegal confirmation (Soda and 2 other appeals): Gyohi 292 (Attached appeal case (Gyotsu 256) was rejected )
State Redress (Soda and 4 other appeals): Gyohi 290 (Appeal case (Gyotsu 254) is rejected )


We will inform you as soon as the due date is specified. Please keep an eye on it.

書面を提出しました

submitted documents

2020/9/14 10:27

9月10日付で上告理由書と上告受理申立理由書を提出しました。

 We submitted documents for the Superior Court.

判決文を公開しました

TBD

2020/6/26 20:59

判決文を「進捗」に公開しました。

憲法のみならず行政法学的にも画期的な判決となっております。ぜひご一読ください。

TBD

違憲判断が維持されました

test

2020/6/25 16:40

本日16時から、東京高等裁判所101号法廷で「海外でも国民審査を」訴訟の控訴審判決が言い渡されました。

原告らが日本国外に住所を有することをもって、次回の最高裁判所の裁判官の任命に関する国民審査において、審査権の行使をさせないことは違法であることが確認されました。違憲性を正面から認めた重大な判決です。

なお、国家賠償は違憲性が明白であったとは言えないとして棄却されました。

追って判決文を公開する予定です。

test

判決期日が指定されました

The day of the Court Decision

2020/6/11 17:34

判決期日が指定されました。

6月25日午後4時から101号法廷です。

判決後は速やかに本ページで報告し、判決文を公開する予定です。


The day of the court decision has been decided as below;

from 16:00, 25th June at the room 101 in Tokyo High Court.

We will report the result and publish the decision after the declaration.

判決期日が延期になりました

Judgment day has been postponed

2020/5/7 16:51

前回のお知らせも判決期日の延期でしたが、今回もまた延期のお知らせです。

2020年5月14日午後4時に予定されていた判決期日が、延期になりました。

裁判所は、緊急事態宣言及びその延長決定を受け、多くの民事裁判の期日を取り消していますが、本訴の判決期日もその適用を受けました。


民事裁判の期日を軒並み取り消す裁判所の取り扱いは、国民の裁判を受ける権利を脅かすもので、大変問題があるものと感じております。

もちろん感染症のまん延防止のために一定の措置をとる必要があると思われますが、例えばZoom等のオンラインシステムを用いるなどして、可能な限り対応するべきです。平素より利用者の利便性を重視してこなかった裁判所の姿勢が、緊急時において、このような事態を招いたものと感じます。いわば利用者に不利益を押し付けるものです。

民事裁判は、人々の権利・地位に関する終局的な解決をその職責とします。迅速な裁判を受ける権利は極めて重要です。

行政府が発令した、強制力を有しない緊急事態宣言に即座に反応し、民事裁判を「不要不急」なものとしてしまう裁判所の姿勢には違和感を禁じえません。


なお、新しい判決期日は、指定されていません。期日が指定され次第、改めてご報告いたします。


The previous announcement was a postponement of the sentencing date, but this announcement is also a postponement.

The sentencing date scheduled for May 14, 2020, at 4 p.m., has been postponed.


The court, in response to the declaration of a state of emergency and its extended order, has vacated many civil trial dates, and the judgment date in this appeal has also been applied.

【重要】判決期日が変更になりました

[Breaking] Judge date has been changed

2020/2/26 15:58

2020年3月5日午後4時に予定されていた判決期日が、延期になりました。

裁判所から延期の連絡を受けたにとどまるため、延期の理由等はわかりません。

新しい判決期日は、2020年5月14日(木)午後4時からです。法廷は変わらず809号法廷です。


直前の日程変更となり恐縮ですが、是非傍聴にお越し下さい。

The Judge date, scheduled for 4:00 pm on March 5, 2020, has been postponed. 

The reason for the postponement is unknown because the court has just been notified of the postponement. 

The new date is Thursday, May 14, 2020, 4:00 pm, at 809 in Tokyo High Court. 


 We are sorry to have changed the schedule just before, but please come and visit us. 

判決期日のお知らせ

Notice of judgment date

2020/1/29 20:59

控訴審判決期日は、2020年3月5日午後4時から、東京高等裁判所809号法廷で開かれます。

双方控訴事件です。争点は、大きく以下の3点です。

①本訴は法律上の争訟と言えるか。

②在外国民に審査権の行使を認められないことは、憲法に反するか。

③憲法に反するとして、立法不作為と言えるか。その場合の損害はいくらが適切か。


一審原告らは、①につき神戸大学の興津先生の意見書を提出しています。

②と③については、一審では一審原告らが勝訴しています。


控訴審の判断が注目されます。是非傍聴にお越し下さい。

The appeal decision date will be held at 4:00 pm on March 5, 2020, in court 809, Tokyo High Court.

It is a both-sides appeal case. There are three major issues:

① Is this case a legal dispute?

(2) Is it not against the Constitution that foreign nationals are not allowed to exercise the right of examination?

(3) Is it possible to call it a legislative omission as contrary to the Constitution? How much is appropriate in that case?


The plaintiffs have submitted a letter of opinion from Dr. Okitsu of Kobe University regarding (1).

Regarding ② and ③, the first instance plaintiffs have won in the first instance.


The Court of Appeal's decision is noteworthy. Please come to observe.

控訴審第一回期日が開かれました

The first date for appeals has been opened

2019/11/21 16:52

2019年11月21日、東京高等裁判所809号法廷において、控訴審第一回口頭弁論期日が開かれました。

当事者が提出した主張書面と証拠は以下のとおりです。


一審原告

主張書面:控訴状、控訴理由書、準備書面(1)、答弁書、準備書面(2)、

証拠:甲14(興津征雄神戸大学教授の意見書)


一審被告

主張書面:控訴状、控訴理由書、答弁書、準備書面(1)

証拠:乙7から乙14の2


裁判所は、本訴の争点を、大きく以下の3つと整理しました。

1 地位確認や違法確認が法律上の争訟にあたるのか(特に平成17年最高裁大法廷判決における公職選挙法には“とっかかり”があったが、国民審査法には“とっかかり”がないことがどのように影響するか)

2 選挙権と国民審査権の相違が違憲審査基準にどのような影響を与えるか(平成17年最高裁大法廷判決と同じなのか異なるのか)

3 違憲性が認められるとして立法不作為の国家賠償が認められるか


以上をもって結審となりました。

判決は2020年3月5日(木)午後4時から、東京高等裁判所809号法廷で言い渡されます。

 On November 21, 2019, the first oral argument date for appeals was held at the 809th Court of Tokyo High Court. 

 The claims and evidence submitted by the parties are as follows: 


 First trial plaintiff 

 Claims: Appeals, Reasons for Appeals, Preparations (1), Answers, Preparations (2), 

 Evidence: Exhibit A14 (Okutsu Yukio Kobe University professor's opinion) 


 First trial defendant 

 Statement of Claim: Letter of Appeal, Letter of Reason for Appeal, Answer, Letter of Preparation (1) 

 Evidence: B2 to B14-2 


 The court has organized the main points of this complaint into the following three categories. 

 1 Whether status confirmation or illegal confirmation constitutes a legal dispute (especially there was a “start” in the Public Office Election Law in the 2005 Supreme Court Court Judgment, but there is no “start” in the National Examination Law How does this affect me?) 

 2. How does the difference between the right to vote and the right to examine nationality affect the unconstitutional examination standards? 

 3. Is legislative omission of state compensation recognized as unconstitutional? 


  The judgment will be handed down at the Tokyo High Court 809 Courtroom from 16:00 pm on Thursday, March 5, 2020. 

一審勝訴判決のお知らせ

Notice of big win at the first trial

2019/11/21 15:47

2019年5月28日、東京地方裁判所において立法不作為の違憲が認定され、国家賠償請求の一部が認容されました。

皆様のご支援のおかげです。

事件は現在控訴審に移行しており、2019年11月21日午後4時から第一回期日が開かれます。

On May 28, 2019, the Tokyo District Court recognized a legislative omission of constitution and accepted a part of the national compensation claim.

Thanks to your support.

The case is now in appeal, and the first due date will open on November 21, 2019 at 4pm.

13 件中 1-10

1-10 of 13 cases

谷口太規

CALL4代表の谷口です。また、海外でも国民審査を!事件の原告です。弁護士をしています。