「会計年度任用職員にも労働基本権を!」訴訟 "Let's take back the right to organize for fiscal year-appointed staff!" Lawsuit

#外国にルーツを持つ人々 #Immigrants/Refugees/Foreign residents in Japan
#働き方 #Labor Rights

現在の支援総額 Total amount of current support

182,200円 ¥ 182,200

18%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

27 人 27 supporters

支援する Support a Case

2020年4月、「会計年度任用職員」制度が発足しました。それまで「特別職非常勤職員」として働いていた多くの非正規公務員が、「会計年度任用職員」に切り替えられました。政府は、「特別職非常勤職員」と異なり、「会計年度任用職員」には労働基本権が認められないと主張しています。この訴訟は、憲法で保障された労働基本権を取り戻すことを目指すものです。 In April of 2020 the government established the “Fiscal Year Appointment” system. Many of the contingent workforce in the civil service who had previously worked as ”Special Part-time Employees” were reclassified as ”Fiscal Year Appointees.” The government claims that, unlike “Special Part-time Employees”, “Fiscal Year Appointees” do not have basic trade union rights. This case aims to restore these basic trade union rights, which are guaranteed in the constitution.

掲示板はありません There is no board.

「会計年度任用職員にも労働基本権を!」訴訟弁護団

「会計年度任用職員にも労働基本権を!」訴訟の弁護団です。

(連絡先)
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場4丁目28番19号
高田馬場トーシンビル4階 暁法律事務所
TEL03-6427-5902 FAX 03-6427-5903