公安警察による市民運動の監視を許さない。市民の「もの言う」自由を守るための訴訟 We will not allow public security police to monitor civil movements. Litigation to Protect Citizens' Freedom to Speak

#公正な手続 #Procedural Justice
#政治参加・表現の自由 #Democracy/Freedom of Expression
#個人情報・プライバシー #Personal information/Privacy

現在の支援総額 Total amount of current support

118,500円 ¥ 118,500

39%

目標金額 Target amount

300,000円 ¥ 300,000

サポーター Supporter

14 人 14 supporters

支援する Support a Case

岐阜県大垣市に風力発電施設計画が浮上し、健康被害や土砂災害などを心配した地域住民が勉強会を開いたところ、大垣署警備課(公安)が事業者を呼んで、勉強会主催者とその知人ら計4名の個人情報を提供しました。「このような人物」が連携して市民運動に発展すると「厄介だ」というのです。法的根拠なく個人情報を収集し利用する公安警察のありようを問い、「もの言う」自由を守っていくために4名が提訴しました。 A wind power generation facility plan surfaced in Ogaki City, Gifu Prefecture, and local residents who were worried about health damage and landslides held a study meeting. and his acquaintances. It is said that it is troublesome if such people cooperate and develop into a civil movement. Four people filed a lawsuit to question the state of public security police who collect and use personal information without legal basis, and to protect the freedom of speech.

本人側 Person side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。 There is no materials.

本人側 Person side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。 There is no materials.

本人側 Person side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

国・自治体側 Country/local government side

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。 There is no materials.

本人側 Person side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。 There is no materials.

本人側 Person side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。 There is no materials.

本人側 Person side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。 There is no materials.

本人側 Person side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。 There is no materials.

本人側 Person side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。 There is no materials.

本人側 Person side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。 There is no materials.

本人側 Person side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

国・自治体側 Country/local government side

訴訟資料はありません。 There is no materials.

裁判所 Courthouse

訴訟資料はありません。 There is no materials.

「もの言う」自由を守る会

岐阜県大垣市に風力発電施設計画が浮上し、健康被害や土砂災害などを心配した地域住民が勉強会を開いたところ、大垣署警備課(公安)が事業者を呼んで、勉強会主催者とその知人ら計4名の個人情報を提供しました。「このような人物」が連携して市民運動に発展すると「厄介だ」というのです。名指しされた4名は、2016年12月に国家賠償請求訴訟を、2018年1月に個人情報抹消請求訴訟を提訴しました。
2022年2月に1審判決が出され、情報提供行為については、違法かつ悪質と厳しく断罪し、各原告への賠償を認めました。しかし公安警察の個人情報収集は容認し、抹消請求は却下しました。原告側は控訴しました。被告県も控訴し、現在、名古屋高裁で控訴審が闘われています。
皆さまのご支援を頂ければ幸いです。
https://monoiujiyu-ogaki.jimdofree.com/