立候補年齢引き下げ訴訟 Lawsuit for Lowering the Age of Candidacy

#公正な手続 #Procedural Justice
#政治参加・表現の自由 #Democracy/Freedom of Expression

現在の支援総額 Total amount of current support

1,383,000円 ¥ 1,383,000

13%

目標金額 Target amount

10,000,000円 ¥ 10,000,000

サポーター Supporter

197 人 197 supporters

支援する Support a Case

日本が直面する少子高齢社会、中高年が多くを占める政治の場に、若い世代の声はなかなか届きません。戦後変わらない立候補年齢は若者の政治参加を制限し、社会の一員として政治に関わることを難しくしています。長期的な視点を持った10代・20代の声が届く政治は、日本をもっと持続可能で、生きやすい社会にします。若い世代の声が届く社会に向けて、私たちは立候補年齢の引き下げを提案します。 In Japan’s aging society, where the older generation dominates the political arena, it is difficult for the voices of the younger generation to be heard. The unchanged age of candidacy since the post-war era restricts young people’s political participation and makes it difficult for them to engage in politics. A politics that embraces the voices of teenagers and people in their 20s with a long-term perspective will create a more sustainable and livable society in Japan. In pursuit of a society where the voices of the younger generation are heard, we propose lowering the age of candidacy.

第一回口頭弁論期日のご報告

Report on the date of the first oral argument

2023/10/12 13:16

本日(2023年10月12日)午前11時より、東京地方裁判所703号法廷で第一回口頭弁論期日が開かれました。

原告らが訴状を、国が答弁書を陳述しました。国の答弁は本案前のもの(25歳や30歳という規定が憲法に反するかどうかの議論をする前提として、そもそも原告の訴えは裁判を進める上での手続的な要件を満たさないとする主張)にとどまりました。

裁判所は国に対し、12月8日までに本案の主張(当該規定が憲法に反しないとする国の主張)をするよう指示しました。

満席の傍聴人の前で、原告能條桃子原告Chico.、代理人戸田が裁判官に向けて意見陳述を行いました。


次回期日は12月25日午後2時から、703号法廷で行われることになりました。次回もぜひ傍聴いただければ幸いです。


The first oral argument was held at 11:00 a.m. today (October 12, 2023) in Courtroom 703 of the Tokyo District Court.

The plaintiffs filed a complaint, and the state filed an answer. The state's answer is before the merits of the case (as a premise for discussing whether the 25 and 30 age provisions are contrary to the Constitution, it is an argument that the plaintiff's complaint does not meet the procedural requirements for proceeding with the trial in the first place) ).

The court instructed the government to submit its argument on the merits (the country's argument that the provision does not violate the Constitution) by December 8.

In front of a full audience, plaintiff Momoko Nojo , plaintiff Chico. , and attorney Toda made statements to the judge.


The next hearing will be held on December 25th at 2:00 pm in Courtroom No. 703. I hope you will be able to listen next time.


2023年7月10日に提訴いたしました

We filed the case on July 10, 2023

2023/7/20 17:00

2023年7月10日、私たちは東京地方裁判所へ提訴いたしました。

訴状はこちらです。要点をまとめた訴状の要約版もご覧ください。

提訴時に提出をした証拠のうち、証拠説明書甲7 調査報告書(国会及び各政党における被選挙権年齢引き下げに関する議論状況)甲8 陳述書(能條桃子)甲9 陳述書(吉住海斗)甲10 (中村涼香)甲11 (Chico.)甲12 (久保遼)甲13(中村涼夏)も併せてアップロードしております。

提訴と同時にこちらのクラウドファンディングページを公開し、公開後5日でサポーターの人数が100人を超えました。みなさまのご支援に感謝いたします。

提訴後の会見には、多くの報道関係の方にお越しいただき、訴訟の主旨と意義についてや原告それぞれの想いについてお伝えしました。

また、同日19時からは港区にあるSHIBAURA HOUSEにて、提訴報告会「わくわく決起集会」を開催いたしました。

事前にSNS等を通して参加者を応募し、当日はたくさんの方(24名の方々)にお越しいただきました。担当弁護士が訴訟についての説明を行った後、原告らがそれぞれ今回の訴訟について決意表明をしました。その後のワークショップでは、原告らと参加者でグループを作り、若者目線でのマニフェスト作成や選挙活動のあり方等についてディスカッションを行いました。

▲原告による演説風の意見表明

▲ワークショップの様子

▲当日は、デザイナーの方にご協力いただき、選挙ポスターを模したポスターも掲示されました。

▲場を盛り上げるアイテムとして、うちわもご用意いただきました。

 

ご参加いただいたみなさま、ご参加誠にありがとうございました!


【今後の予定】

裁判所から初回期日の指定がございましたら、こちらのページでお知らせいたします。

この立候補年齢引き下げプロジェクトには、もっともっと多くの方からのご支援が必要です。ぜひ、身近な方にこの訴訟についてお話ください。SNSのシェアやフォローもお願いいたします。

引き続き、何卒よろしくお願いいたします。

立候補年齢を引き下げるためのプロジェクト 
ウェブサイト
Twitter
Instagram  

We filed the case on July 10, 2023 at Tokyo District Court.

The complaint is available here. See also a summary version of the complaint which summarises the main points.

Among the evidence submitted at the time of filing the complaint, the Statement of Evidence, A7 Investigation Report (Status of discussions in the Diet and political parties), A8 Written Statement (Momoko Nojo), A9 Written Statement (Kaito Yoshizumi), A10 (Ryoka Nakamura), A11 (Chico.), A12 (Ryo Kubo), A13 (Ryoka Nakamura) are also been uploaded.

At the same time as the lawsuit was filed, we opened this crowdfunding page to the public, and the number of supporters exceeded 100 in the first five days after it was opened. We would like to thank everyone for your support.

Numbers of the press attended the press conference after the lawsuit was filed, where we explained the purpose and significance of this lawsuit and the thoughts of each of the plaintiffs.

On the same day, from 19:00, an "Exciting Rally" was held at SHIBAURA HOUSE in Minato Ward, Tokyo, to report on the lawsuit.

Participants applied in advance via SNS, etc., and lots of people (24 people) attended the event. After an explanation of the lawsuit by the attorneys, the plaintiffs each made a declaration of their commitment to the lawsuit. In the workshop that followed, the plaintiffs and participants formed groups and discussed the drafting of a manifesto from the perspective of young people and how election campaigning should be conducted.

▲Plaintiffs expressing their opinions.

▲Group discussion at the workshop

▲A poster resembling an election poster was displayed with the cooperation of a designer.

▲Uchiwa (Japanese fans) were also prepared by the designer.

Thank you very much for your participation!

We would announce here about the court hearing date when we received the schedule from the court.

Please share and follow us on our social networks.
Thank you very much for your support.

Website 
Twitter
Instagram  

2 件中 1-2

1-2 of 2 cases

  • 1

立候補年齢引き下げプロジェクト

若い世代の声が届く社会に向けて、私たちは、#立候補年齢の引き下げを 提案します。
本プロジェクトの意図や、よくいただくご質問(FAQ)などサイトに掲載しています。
hikisage.jp

関連コラム