財務省改ざん事件に真実を!〜改ざんの経緯を明らかに〜訴訟 Look for the truth about the Treasury tampering case! ~ Clarifying the process of falsification ~ Proceedings

#公正な手続 #Procedural Justice
#情報公開 #Information Disclosure

現在の支援総額 Total amount of current support

169,500円 ¥ 169,500

16%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

40 人 40 supporters

支援する Support a Case

公文書改ざんを強いられ自死に追い詰められた赤木俊夫さん(財務省近畿財務局勤務)。赤木さんに改ざんを命じたのは、財務省の誰なのか?政治家の関与はなかったのか?本当に責任を取るべき者は誰なのか、情報公開訴訟を通じて問います。 Toshio Akagi (working at Kinki Local Finance Bureau, Ministry of Finance) was forced to falsify official documents and was forced to die. Who in the Ministry of Finance ordered Mr. Akagi to be tampered with? Was there no politician involved? Through an information disclosure lawsuit, we ask who really should take responsibility.

急展開:正面からの審理へ

Rapid development: Head-on trial

2023/1/17 11:33

1月17日本日,通算で4回目となる期日があり,本格審理へ向けて以下のように決まりました。

  • 原告は,1月中に開示文書(赤木ファイル)を証拠として裁判所に提出する
  • 被告は,1月24日までに,書面で引用した審査会の裁決書を提出する
  • 裁判所は,書証提出後1週間で請求の趣旨案を示す
  • 原告は被告準備書面に反論する(2月17日締め切り)

次回に向けた,被告(国)準備書面とこれに対する当方の反論が,裁判全体の流れを決めそうな状況です。

On January 17, Japan, the fourth date in total was held, and the following decisions were made for full-scale proceedings.

  • The plaintiff will submit the disclosure document (Akagi file) as evidence to the court within January.
  • Defendant submits the decision of the Board cited in writing by January 24
  • The court presents a draft of the purpose of the request one week after the documentary evidence is submitted.
  • Plaintiffs Rebut Defendant Brief (Deadline February 17)

The defendant's (country's) brief and my counterargument for the next trial are likely to determine the flow of the entire trial.

1 件中 1-1

1-1 of 1 cases

  • 1

和田裕一

豊洲市場移転問題をきっかけに、開示請求を始めて4年目になる一市民です。2020年から、本格的に国を相手に開示請求をするようになり、2020年には年間1000件の開示請求を行いました。この頃から、メディアの志ある記者さんともつながるようになり、開示資料や不開示決定を提供し記事になったことも多数あります。また、国の理不尽な不開示決定に対しては、不服審査請求も行っています。