コロナ禍、日本社会の理不尽を問う(コロナ特措法違憲訴訟) to be announced....

現在の支援総額 Total amount of current support

23,042,395円 ¥ 23,042,395

230%

目標金額 Target amount

10,000,000円 ¥ 10,000,000

サポーター Supporter

3266 人 3266 supporters

支援する Support a Case

法的義務のない時短要請に適法に従わなかった原告。原告が提出した弁明書に対して十分な回答をすることなく、東京都は施設使用制限命令を発出しました。「訴額1円」の国家賠償請求で「コロナ特措法」及び本件命令の違憲性と民主主義国家のあり方を問います。 To be announced...

【コロナ禍検証プロジェクト】始動!!

[Corona Damage Verification Project] Started! !!

2021/4/30 14:12

楊井人文弁護士主催のコロナ禍検証プロジェクトが立ち上がりました。


様々な情報が錯綜する中、こちらではファクトに基づきコロナ禍を多角的に調査・検証されています。

東京都の“医療体制”速報を始め、今の私たちが自分で考え現状を判断するためのヒントが至るところにあり読み応え満点です。

是非読者登録をお願い致します。

《note》
▶︎ https://bit.ly/3e1ZrD0

2021年4月29日の記事

『重点措置での酒類提供停止は「特措法の委任の範囲を超え、違法の疑い」 京大の曽我部教授が見解』
▶︎ https://bit.ly/3e57IWN

『東京都と大阪府の医療提供体制を比較する』
▶︎ https://bit.ly/3vv9Woh

A corona damage verification project sponsored by Hitofumi Yangi has been launched.


While various information is complicated, here we are investigating and verifying corona damage from various angles based on facts.

Starting with the breaking news of the "medical system" in Tokyo, there are hints everywhere for us to think for ourselves and judge the current situation, and it is a perfect score to read.

Please register as a reader.

《Note》
▶ ︎ https://bit.ly/3e1ZrD0

Article on April 29, 2021

"The suspension of the provision of alcoholic beverages as a priority measure is beyond the scope of the delegation of the Special Measures Law and is suspected of being illegal."
▶ ︎   https://bit.ly/3e57IWN

"Comparison of medical care provision systems in Tokyo and Osaka"
▶ ︎ https://bit.ly/3vv9Woh

1 件中 1-1

1-1 of 1 cases

  • 1
本クラウドファンディングは弁護団が主催しています。
2021年3月22日、東京地裁に自粛名目の不条理規制の違憲・違法性を問う国家賠償請求訴訟を提訴しました。
弁護団のメンバーはケースページ内「基本情報」に記載しておりますように、倉持麟太郎、金塚彩乃、水野泰孝です。運営は事務局が行っております。
本クラウドファンディングに関する弁護団へのお問い合わせは以下にお願いします。
struggle.for.liberty104@gmail.com

関連コラム