県知事の公務での護国神社参拝取りやめをー政教分離原則の違反を問うー Stopping the Governor’s Official Visits to Gokoku Shrine — Challenging Violations of the Principle of Separation of Religion and State

#公正な手続 #Procedural Justice
#政治参加・表現の自由 #Democracy/Freedom of Expression

現在の支援総額 Total amount of current support

284,000円 ¥ 284,000

28%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

21 人 21 supporters

支援する Support a Case

国と宗教の関わり合いに一定の限度を設ける「政教分離原則」。この訴訟で問う対象は、山口県知事による山口県護国神社の慰霊大祭への公務参拝です。戦前の軍国主義体制を支えていた護国神社に、公費を用いて参拝を行うことが、政教分離原則に反していると問うことで、個人の信仰が抑圧されたり強制されたりしない社会を実現します。 The ”principle of separation of religion and state” establishes a certain limit on the interconnection between the state and religion. The focus of this lawsuit is the official visits by the Governor of Yamaguchi Prefecture to the memorial festivals at Yamaguchi Gokoku Shrine. By questioning the use of public funds for such visits which historically supported the pre-war militaristic regime, this lawsuit contends that it violates the principle of separation of religion and state. This legal action aims at realizing a society where individual freedom of beliefs are not constrained or coerced.

掲示板はありません There is no board.

「合祀いやです」少数者の人権を求める会

1973年の提起された山口自衛官合祀拒否訴訟の意義を継承し、1988年最高裁不当判決に対して抗議を訴え続け、心の自由、少数者の人権の実現を求め続けている市民団体です。
同調圧力が強いと言われる日本社会において、個人の尊厳と権利が、そして自由が確立するために共に歩みましょう!

「合祀いやです」少数者の人権を求める会  代表 小畑太作
事務局:〒755-0031山口県宇部市常盤町1-1-9日本基督教団宇部緑橋教会内
https://midoribashi.wixsite.com/5418