優生保護法に奪われた人生を取り戻す裁判 State Compensation Litigation under the Old Eugenics Protection Law

現在の支援総額 Total amount of current support

261,000円 ¥ 261,000

26%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

24 人 24 supporters

支援する Support a Case

日本でたった25年 ほど前まで、「優生保護法」という法律がありました。その法律によって,「不良な子孫の出生防止」のために、国から子どもを産んではいけないと言われ、子どもを作れない、産めない体にされた人たちがいます。優生保護法が制定されてから今に至るまで、被害者は他と違って「不良な存在」として国に扱われ、個人の尊厳を傷つけられてきました。被害者への謝罪と補償、そして差別の是正を求めて闘う訴訟です。 Only about 25 years ago in Japan, there was a law called the Eugenics Protection Law. It is a proceeding to apologize and compensate the victims and to correct discrimination.

掲示板はありません There is no board.

優生保護法裁判を共に闘う市民・学生・弁護士チームみやぎ

私たちは、旧優生保護法被害者の救済を求め、同法によって作り出された差別と闘う市民の集まりです。弁護団、市民有志の会、学生有志の会のメンバーによって構成されています。