教育公務員の兼業のあり方を問う訴訟 Proceedings for side jobs of educational civil servants

#働き方 #Labor Rights
#公正な手続 #Procedural Justice

サポーター Supporter

344人 344 supporters

114%

目標サポーター数 Target number of supporters

300人 300 supporters

応援する Cheer a Case
※寄付募集はありません。上記から応援コメントをお願いします。 ※There is no call for donations. Please leave a comment above.

教員の兼業が、不明瞭な基準のもと制限されています。教員の兼業は法律上、本務遂行に支障のない限り認められると規定されています。原告は上記の規定を踏まえ、都に対し書籍出版に関する兼業許可を求めましたが、都はこれを認めず、判断の基準も示しませんでした。兼業は、教員の能力を磨く機会となるだけでなく、得た経験や知識は、教育活動を通じて子供たちに還元されます。豊かな教育の実現のため、基準の明確化を求めます。 Teachers side jobs are restricted under unclear standards. We request clarification of standards for the realization of rich education.

掲示板はありません There is no board.

教育公務員の兼業のあり方を問う訴訟弁護団

本クラウドファンディングは弁護団が主催しています。
代表:弁護士竹内明美(立川フォートレス法律事務所)
お問い合わせは下記専用アドレスまでお願いします。
takeuchi.kengyo@gmail.com