カメルーン人男性死亡事件国賠訴訟

Cameroon male death case reparation laws

カメルーン人男性死亡事件国賠訴訟

2014年3月30日、茨城県牛久市の入管収容所に収容中のカメルーン人男性が、大声で「死にそうだ」と訴えながら放置され、死に至った事件。

Cameroon male death case reparation laws

Cameroon male who was being detained in Ushiku City, Ibaraki Prefecture, was left with a loud voice claiming to be ”dead.”

パトロン数

Supporter

137 人

137 supporters

現在の支援総額

Total amount of current support

721,500円

¥ 721,500

パトロン数

Supporter

137 人

137 supporters

現在の支援総額

Total amount of current support

721,500円

¥ 721,500

ケースを支援する Support a Case

2014年3月30日、茨城県牛久市の入管収容所に収容中のカメルーン人男性が、大声で「死にそうだ」と訴えながら放置され、死に至った事件。

3 件中 1-3

1-3 of 3 cases

  • 1

児玉晃一

この弁護団の団長を務めさせていただいています。マイルストーン総合法律事務所所属。http://milestone-law.com/