受刑者にも適切な医療を!刑務所医療過誤事件 Appropriate medical care for inmates! prison medical malpractice case

#刑事司法 #Criminal Justice

現在の支援総額 Total amount of current support

223,000円 ¥ 223,000

22%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

24 人 24 supporters

支援する Support a Case

受刑中に十分な医療を受けられず死亡した男性の母と婚約者が起こす国家賠償請求訴訟です。刑事施設の対応は適切なものであったかどうか、そして、日本の刑事施設の医療体制は十分なものであるといえるかを追求します。この訴訟は、刑務所のあり方について社会全体で考えるきっかけとなる、公共訴訟です。皆様のご支援をお願いいたします。 This is a state compensation lawsuit filed by the mother and fiancé of a man who died without receiving adequate medical care while imprisoned. We will pursue whether the response of the penal institution was appropriate, and whether the medical system in Japan’s penal institutions can be said to be adequate. This lawsuit is a public lawsuit that serves as an opportunity for society as a whole to think about how prisons should be. Thank you for your support.

第3回口頭弁論期日

Third oral argument date

2023/9/24 14:10

2023年9月21日に第3回の口頭弁論期日がありました。

裁判長が関根判事から森健二判事に交代となりました。

期日間に被告側から訴状に対する反論書面である準備書面(1)の提出がありましたので、

裁判所からその内容の確認がありました。

裁判長からは、

・被告の書面を読むと当初の診察の時点で精巣腫瘍を疑っていたような書き振りだが、

 その通りか。当初から精巣腫瘍を疑うべき客観的所見があることは争わないことでよいのか。

・そうであるなら、提出された医学文献によると、精巣腫瘍の検査として、エコー、透光性の確認が挙げられているが、それらではなくなぜ細胞診のみ実施したのか。

・エコーは機材の関係があるかもしれないが、投稿性の確認は容易にできたのではないか。

・本件を一般的な医学の臨床論として考えたらいいのか。それに対して、施設長の裁量を主張しているのはどういう関係か。

といった質問がありました。

被告からは、

・当初から精巣腫瘍を疑うべき客観的所見があったことは争わない。

・検査方法については医師に確認する。

・刑事施設という特殊性から、施設長の裁量が医療水準に影響すると考えている。

との回答がありました。

原告側に対しても、

・被告側の禁忌である針生検ではないという主張をどう考えるか。

・被告の過失と死亡との因果関係について主張を補充してほしい。

との指示がありました。

原告被告双方とも次回期日までに書面を準備し、次回期日にて今後の進行について協議することとなりました。


新たな裁判長は、書面も証拠も読み込まれていたようで、

的確な質問を多く投げかけてくれ、事件もスムーズに進行しそうです。

原告側は期日間に医師の意見を聞き、書面を作成する予定です。


期日には、第1回期日の傍聴ツアーに参加してくださった方もいらしていました。

全ての方にはお声掛けできず、申し訳ありませんでした。

続けて傍聴していただき、原告も弁護団もとても心強いです。

引き続きどうぞよろしくお願いします。

The third oral argument date was September 21, 2023.

The presiding judge was changed from Judge Sekine to Judge Kenji Mori.

During the deadline, the defendant submitted the preliminary document (1), which is a written rebuttal to the complaint.

The content was confirmed by the court.

From the presiding judge,

・When I read the defendant's written statement, it seems that he suspected testicular cancer at the time of the initial medical examination.

Is that so? Is it okay to not dispute that there were objective findings that should have led to suspicion of testicular cancer from the beginning?

- If so, according to the submitted medical literature, echocardiography and translucency confirmation are listed as tests for testicular cancer, but why was only cytology performed instead of these?

-Echo may have something to do with the equipment, but I think it was easy to check whether it was submitted.

・Is it okay to consider this case as a clinical theory in general medicine? In contrast, what is the relationship between insisting on the discretion of the facility director?

There were questions like.

From the defendant:

- There is no dispute that there were objective findings that should have led to suspicion of testicular cancer from the beginning.

・Confirm with your doctor regarding the test method.

・Due to the unique nature of penal institutions, we believe that the discretion of the facility director will affect the standard of medical care.

was the answer.

For the plaintiff side,

・What do you think about the defendant's argument that needle biopsy is not a contraindicated procedure?

・I would like the defendant to supplement his argument regarding the causal relationship between the defendant's negligence and the death.

There was an instruction.

It was decided that both plaintiff and defendant would prepare documents by the next deadline, and discuss the future progress at the next deadline.


The new presiding judge seemed to have read the documents and evidence,

He asked a lot of accurate questions, and the case seemed to go smoothly.

The plaintiffs plan to listen to the doctor's opinion and prepare a written statement during the deadline.


On the day of the event, there were some people who participated in the listening tour on the first day.

I apologize for not being able to speak to everyone.

It is very reassuring for both the plaintiff and the defense team to have the hearing continued.

Thank you for your continued support.

第2回 口頭弁論期日

Second Oral Argument Date

2023/6/30 15:12

6月29日に第2回口頭弁論期日が開かれました。

期日では今後の進行について協議し、

次回期日までに被告側から訴状に対する反論書面が提出されることになりました。


期日には、前回期日の傍聴ツアーに参加してくださった方もまた傍聴に来てくださいました。

傍聴人がいらっしゃると裁判所や被告側にもこの問題の関心の高さを伝えることができますので、

大変ありがたかったです。

引き続きご支援のほどお願いいたします。

The second oral argument was held on June 29th.

On the date, discuss the future progress,

The defendant is expected to submit a counterargument to the complaint by the next date.


On the day of the meeting, those who participated in the hearing tour on the previous day also came to the hearing.

The presence of the audience will allow us to convey the high level of interest in this issue to the court and the defendant.

I was very grateful.

We appreciate your continued support.

傍聴ツアー開催しました!

We held a hearing tour!

2023/6/24 11:21

第1回期日の傍聴ツアーを開催しました。
期日直前のご案内となってしまいましたが、

定員いっぱいのご予約をいただきました。
期日傍聴後は報告会、意見交換会を行いました。

さまざまな年代、バックグラウンドの方にご参加いただき、

それぞれ率直なご感想をいただきました。

報告会には原告のおふたり、亡くなったAさんの勤務先社長も参加されて、

みなさまからの温かいメッセージにとても励まされました。

とてもいいツアーができたと思います。

ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。


We held a hearing tour on the first date.
Although it was announced just before the deadline,

We have received a reservation full of capacity.
After the hearing on the date, we held a debriefing session and an opinion exchange session.

We welcome people of all ages and backgrounds to participate.

We received honest feedback.

The debriefing session was attended by the two plaintiffs and the president of the company where the deceased Mr. A worked.

I was very encouraged by the warm messages from all of you.

I think we had a very good tour.

Thank you very much to everyone who participated.

Thank you for your continued support.


裁判傍聴ツアー開催

Hold a court hearing tour.

2023/5/11 15:44

5月18日の第一回期日について、CALL4スタッフが同行する裁判傍聴ツアーを実施します。

期日後には期日報告会も開催しますので、ぜひご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。

https://call4courthearingtour5.peatix.com/

A court hearing tour accompanied by CALL4 staff will be held on May 18th.

A debriefing session will be held after the deadline, so please join us.

Please see here for the detail.

https://call4courthearingtour5.peatix.com/

4 件中 1-4

1-4 of 4 cases

  • 1

髙遠あゆ子

東京弁護士会所属
特定非営利法人監獄人権センター(CPR https://prisonersrights.org/)、日本弁護士連合会刑事拘禁制度改革実現本部、人権擁護委員会第3部会(刑事施設内の人権問題)、更生保護施設などで受刑者や出所者の支援をしています。