「日本の入管収容は国際人権法違反」訴訟 "Japanese Immigration Detention violates international human rights law" proceedings

#外国にルーツを持つ人々 #Immigrants/Refugees/Foreign residents in Japan

現在の支援総額 Total amount of current support

639,000円 ¥ 639,000

63%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

88 人 88 supporters

支援する Support a Case

2020年、国連恣意的拘禁作業部会は、「日本の入管収容は自由権規約に違反している」という意見を発表しました。この訴訟では、日本の裁判所においても、日本の入管収容が国際人権法に違反していることを明らかにすることで、これからの入管収容のあり方を変えていきたいと思います。 In 2020, the UN Working Group on Arbitrary Detention said immigration detention in Japan violates the ICCPR. We want to clarify immigration detention in Japan violates international law and change it.

第4回口頭弁論期日(2022年10月4日)

4th oral argument (October 4, 2022)

2022/10/4 17:04

2022年10月4日午前11時30分~ 第4回口頭弁論期日

東京地方裁判所民事第26部(大竹敬人裁判長)

--------

今日も多くの方に傍聴にお越しいただき有り難うございました。

第4回口頭弁論期日のご報告をいたします。


(これまでの流れ)

前回(8月30日)、裁判所は被告に対して、原告が第1回期日前に提出していた求釈明書のうち、「国際法上、入管収容には合理性・必要性・比例性が求められていると認めるのか」という点について、明らかにするよう求めていました。

これに対して、被告は、9月30日に【準備書面(3)】を提出し、原告は、この内容を確認するために10月3日付け【進行に関する意見書】を提出していました。どちらも訴訟資料にアップしていますのでご覧ください。


(当日の内容)

被告が【準備書面(3)】を陳述した後、裁判長は、「裁判所も、原告が【進行に関する意見書】に書いてあるとおりだと思うので、原告はそのように進めてください」と言いました。これは、裁判所も、「被告は、自由権規約9条1項について、『合理性・必要性・比例性は求められていない』と主張している」と理解した、という意味です。

そこで、原告代理人は、念のため、被告に対しても、「被告も同じ理解でいいですか」と尋ねました。すると、被告は、「(準備書面(3)に)書いてあることを、文言どおり解釈していただければいいです」と、歯切れの悪い回答を繰り返しました。裁判長も、「通常の読み方をすれば、(被告の主張は)原告が言うように読めると思います」と、改めて言いましたが、被告の態度は変わりませんでした。

このように、被告の対応は、国として不誠実なものでしたが、自由権規約9条1項の解釈が争点であることが確認されたので、次回は原告が、自由権規約9条の解釈について、主張を行うことになりました。これでようやく、自由権規約9条の解釈について、裁判所で正面から議論できる場が整いました。

次回期日は、第5回口頭弁論期日が、12月20日午前10時から415号法廷で行われます。次回もぜひご注目ください。

October 4, 2022, 11:30 a.m.- 4th oral argument

Tokyo District Court Civil Division 26 (Presiding Judge Keito Otake)

--------

Thank you very much for coming to the hearing today.

We would like to inform you about the date of the 4th Oral Argument.


(Previous flow)

Last time (August 30), the court asked the defendant that, of the written clarifications submitted by the plaintiff before the first date, ``Under international law, immigration detention is rational, necessary, and proportional. I was asked to clarify the point "Do you recognize that is required?"

In response to this, the defendant submitted a [preparatory document (3)] on September 30, and the plaintiff submitted a [written opinion on proceedings] dated October 3 to confirm the contents. rice field. Both are uploaded to the lawsuit materials, so please take a look.


(contents of the day)

After the defendant made a statement in the brief (3), the presiding judge said, "The court also believes that the plaintiff is as written in the [written opinion on proceedings], so please proceed accordingly." Told. This means that the court also understood that ``the defendant has argued that ``reasonability, necessity, and proportionality are not sought'' in Article 9(1) of the ICCPR.

Therefore, the plaintiff's attorney asked the defendant, "Is it okay for the defendant to have the same understanding?" Then, the defendant repeated the inarticulate answer, "Please interpret what is written (in brief (3)) as it is written." The presiding judge reiterated, "If you read it normally, I think you can read (the defendant's allegations) as the plaintiff says," but the defendant's attitude did not change.

In this way, the defendant's response was disingenuous as a country, but it was confirmed that the interpretation of Article 9, Paragraph 1 of the ICCPR was the point of contention, so the plaintiff's next attempt to interpret Article 9 of the ICCPR was confirmed. I am going to make a claim about With this, we finally have a forum for the court to discuss the interpretation of Article 9 of the ICCPR head-on.

The next date is the 5th Oral Argument, which will be held on December 20th at 10:00 a.m. in Courtroom 415. Please pay attention next time.

第3回口頭弁論期日

Date of 3rd Oral Argument

2022/8/31 11:49

2022年8月30日午後2時00分~ 第3回口頭弁論期日

東京地方裁判所民事第26部(大竹敬人裁判長)

--------

いつも温かいご支援をいただき有り難うございます。

第3回口頭弁論期日のご報告をいたします。


(これまでの流れ)

第1回期日において、原告は、被告の答弁書に対する「求釈明申立書」を提出し、被告に対して、答弁書の重要部分について、その意味を明らかにするよう求めていました。

ところが、被告が7月15日に提出した「被告準備書面(2)」は、原告が出した「求釈明申立書」の4つの質問のうち、1点目と、4点目について、はっきりと答えていない内容でした。

そこで、原告は、2022年8月23日に「原告第1準備書面」を裁判所に提出し、「求釈明申立書」の1点目と4点目の質問に被告が答えるよう、裁判所に対して釈明権の行使を求め、さらに、9条4項の解釈について、被告に根拠を示すように求めました。

ここまでが、第3回口頭弁論期日の前の流れです。


(第3回口頭弁論期日でのできごと)

まず、被告が「被告準備書面(2)」を陳述し、原告が「原告第1準備書面」を陳述しました(「訴状訂正申立書」も陳述)。

そして、原告代理人の小川弁護士が、「原告第1準備書面」の趣旨について、口頭で説明しました。


原告は、入管法が、自由権規約9条1項と、4項に違反していると主張しています。

これがどういう規範なのか、明らかにならなければ、裁判の判断ができません。

ところが被告は、自分たちの、9条1項と、4項の主張の根拠を、出していない。

政府として、入管法が自由権規約に反していないというなら、それをはっきり言ってください。

今も、入管で無期限に収容されている人がいます。

国民に対しての説明責任を果たしてください。

それをこの裁判で示してください。


次に、裁判長が、「釈明権の行使については、当事者の主張がはっきりしない場合に、釈明を求めます。主張について根拠を示すかどうかは、当事者の判断にゆだねます」と述べた上で、以下の3つの内容を言いました。


1点目は、「求釈明申立書」の1について、原告は選択肢を示して、どれかと尋ねているが、裁判所も、はっきりさせた方が主張としてかみ合うと思うので、明らかにしてほしい。

2点目は、「求釈明申立書」の4について、原告は、「収容が法律に定める理由及び手続による限り、自由権規約9条1違反は生じない、という意味か」と質問しているが、裁判所はそうは読めないので、これ以上は被告に求めない。

3点目は、9条4項の解釈の根拠を示す点については、裁判所は示した方が有益と考えるので、被告は検討をしてください。


原告代理人からは、2点目について、裁判所がどのように被告準備書面(2)を理解したのかわからなかったので、裁判長に理由を尋ね、若干のやりとりがありました。裁判所の理解としては、被告は「当該規定(※9条1項)は法律に定める理由及び手続によらない自由の剥奪を禁じていると解される」と主張しているが(答弁書51ページ)、だからといって「収容が法律に定める理由及び手続による限り、自由権規約9条1項違反は生じない」(原告求釈明申立書4点目)とまでは主張していない、ということだそうです。

この後の手続としては、2022年9月30日までに被告が上記3点に関する準備書面を提出し、第4回口頭弁論期日を10月4日11時30分から415号法廷にて行うこととなりました。

次回期日も、傍聴にお越しいただける方は、ぜひお越し下さい。

August 30, 2022, 2:00 p.m.- 3rd Oral Argument Date

Tokyo District Court Civil Division 26 (Presiding Judge Keito Otake)

--------

Thank you for your warm support.

We would like to inform you about the date of the 3rd Oral Argument.


(Previous flow)

At the first hearing, the plaintiff submitted a "statement of clarification" in response to the defendant's written answer, and requested the defendant to clarify the meaning of important parts of the written answer.

However, the "Defendant's brief (2)" submitted by the defendant on July 15 clearly clarifies the first and fourth points of the four questions in the "Plaint for clarification" submitted by the plaintiff. It was something I didn't answer.

Therefore, on August 23, 2022, the plaintiff submitted the "Plaintiff's First Briefing" to the court, and requested the court to have the defendant answer the first and fourth questions of the "Written Request for Clarification". The court requested the defendant to exercise the right of explanation under the Code of Civil Procedure, and further requested the defendant to show the grounds for the interpretation of Article 9, Paragraph 4.

This is the flow before the third oral argument date.


(What happened on the date of the 3rd oral argument)

First, the defendant stated "Defendant's brief (2)", and the plaintiff stated "Plaintiff's first brief" (also stated "Plaint correction petition").

Then, Attorney Ogawa, the plaintiff's attorney, verbally explained the purpose of the Plaintiff's First Briefing Document.


The plaintiff alleges that the Immigration Control Act violates Article 9, Paragraphs 1 and 4 of the ICCPR.

Unless it is clarified what kind of norm this is, the judgment cannot be made.

However, the defendants have not provided the grounds for their assertion of Article 9, Paragraphs 1 and 4.

If the government says that the Immigration Control Act does not violate the ICCPR, please state it clearly.

Even now, there are people who are detained indefinitely at immigration.

Please be accountable to the public.

Show it at this trial .


Next, the presiding judge said, "Regarding the exercise of the right of explanation, if the parties' claims are not clear, we will seek explanations. Whether or not to show the grounds for the claims is left to the judgment of the parties." , said the following three contents.


Regarding the first point, the plaintiff has shown the options and asked which one of the "Petition for clarification", but I think that the court will also agree with the claim if it is clarified, so please clarify.

Second, regarding 4 of the petition for clarification, the plaintiff asked, "Does this mean that Article 9, 1 of the ICCPR will not be violated as long as the detention follows the reasons and procedures stipulated by law?" However, the court cannot read it that way, so it does not ask the defendant any more.

As for the third point, the court believes that it would be beneficial to indicate the grounds for the interpretation of Article 9, Paragraph 4, so the defendant should consider this.


Regarding the second point, the plaintiff's attorney did not understand how the court understood the defendant's brief (2), so he asked the presiding judge the reason, and there was some exchange. According to the court's understanding, the defendant argued that "this provision (*Article 9, Paragraph 1) is construed as prohibiting deprivation of liberty without the grounds and procedures stipulated by law" (Reply 51 page), but it seems that he does not claim that "as long as the detention follows the reasons and procedures stipulated by law, there is no violation of Article 9, Paragraph 1 of the ICCPR" (4th point of the plaintiff's request for clarification). is.

As for the subsequent procedures, the defendant will submit a brief on the above three points by September 30, 2022, and the fourth oral argument will be held at Court No. 415 from 11:30 on October 4. I was.

If you are able to attend the hearing on the next date, please do so.

第2回口頭弁論期日(2022年7月6日)

Second Oral Argument Date (July 6, 2022)

2022/8/12 21:40

2022年7月6日午後2時30分~ 第2回口頭弁論期日

東京地方裁判所民事第26部(大竹敬人裁判長)

--------

いつもご支援いただき有り難うございます。

第2回口頭弁論期日のご報告をいたします。


第1回期日において、原告は「求釈明申立書」を提出し、被告に対して、答弁書の重要部分について、その意味を明らかにするよう求めていました。

第2回期日までに、被告が「求釈明申立書の回答をするかどうか」の回答をすることになっていましたが、被告は「7月15日までに回答する書面を提出する」と述べました。

しかし、十分な回答がなされるのがわからなかったことから、原告は第3回期日までに被告の回答書面を確認し、その後の進行について決めることとなっています。

次回の第3回口頭弁論期日は、2022年8月30日午後2時から、東京地方裁判所415号法廷で行われます。傍聴にお越しいただける方は、ぜひお越しください。


※7月15日に、被告から、求釈明申立書に対して回答する「準備書面(2)」が提出されました。第3回期日の後に、Call4にアップする予定です。

July 6, 2022, from 2:30 p.m. 2nd Oral Argument

Tokyo District Court Civil Division 26 (Presiding Judge Keito Otake)

--------

Thank you for your continued support.

We would like to inform you about the date of the second oral argument.


At the first hearing, the plaintiff submitted a "Plaint for clarification" and requested the defendant to clarify the meaning of the important parts of the answer.

By the second date, the defendant was supposed to answer ``whether or not he will answer the petition for clarification,'' but the defendant said, ``I will submit a written answer by July 15.'' said.

However, since it was not known that a sufficient answer would be given, the plaintiff will confirm the defendant's written answer by the third date and decide on the subsequent progress.

The next 3rd Oral Argument will be held from 2:00 pm on August 30, 2022 at Courtroom 415 of the Tokyo District Court. If you are able to attend the hearing, please do so.


*On July 15, the defendant submitted a "brief (2)" in response to the petition for clarification. It will be uploaded to Call4 after the 3rd deadline.

第1回口頭弁論期日(2022年5月31日)

1st Oral Argument Date (31 May, 2022)

2022/6/20 12:39

2022年5月31日午後3時~ 第1回口頭弁論期日

東京地方裁判所民事第26部(大竹敬人裁判長)

--------

あたたかいご支援、フォローをありがとうございます。

第1回口頭弁論期日が、東京地裁103号法廷にて行われましたのでご報告します。


原告は、訴状を陳述し、書証(甲A1~35、甲B1~9、甲C1~6)を提出しました。

被告は、答弁書を陳述し、書証(乙号証)については、番号を振り直して次回に取調べを行うことになりました。

さらに原告からは、被告に対し、答弁書について説明を求める求釈明申立書を提出しました。


この後、原告のデニズさん、サファリさん、原告訴訟代理人の駒井知会弁護士、浦城知子弁護士が意見陳述を行いました。デニズさんとサファリさんは、長期収容と再収容によって、拷問ともいうべき精神的苦痛を受けたこと、その苦しみが仮放免を受けた今も続いていることを、自身の言葉ではっきりと語りました。


「入管は私たちに対して、ルールに従えと言います。でも、自分たちはルールに従っていません」

「人間を壊すのはやめてほしい」


意見陳述要旨は「訴訟資料」にアップしましたので、ご覧ください。


その後、裁判所から被告に対し、原告の提出した「求釈明申立書」に対して次回期日までに検討するよう指示がありました。原告が被告に対して釈明を求めた理由は、被告の答弁書では、原告の主張のどこを争うのかーー入管収容には、国際法の求める必要性や合理性、比例性がなくても構わないと言いたいのか、それとも、入管法は必要性や合理性、比例性が要件となっているから問題ないと言いたいのかーーが、よくわからなかったからです。原告からは被告に対して、国として責任をもって回答するよう、強く求めました。


次回期日は7月6日午後2時30分から東京地裁415号法廷で行われます。

求釈明申立書に対する被告の検討結果が出される予定です。


この日は傍聴券の配布がありましたが、定員50名のところ、並んでいただいた49名の方全員に傍聴していただくことができ、満席となりました。

引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

May 31, 2022, 3:00 p.m. - 1st Oral Argument Date

Tokyo District Court, Civil Division 26 (Presiding Judge: Takahito Otake)

--------

Thank you for your warm support and follow-up.

We are pleased to report that the 1st oral argument date was held at Courtroom 103 of the Tokyo District Court.


The plaintiff stated the complaint and submitted documentary evidence (A1-35, B1-9, and C1-6).

The defendant stated his answer and re-numbered the evidence to be examined at the next session.

In addition, the plaintiff filed a motion for clarification requesting the defendant to explain his written answer.


After this, the plaintiffs, Mr. Deniz and Mr. Safari, and plaintiffs' counsel, Ms. Chie Komai and Ms. Tomoko Uraki, made statements. In their own words, Mr. Deniz and Mr. Safari clearly stated that they had been subjected to mental anguish that could be described as torture as a result of their long-term incarceration and re-incarceration, and that this suffering continues even now that they have been released on provisional release.

"The immigration authorities tell us to follow the rules, but we don't follow the rules," 

"Please stop destroying human beings."

Please see the summary of the statement of opinion uploaded under "Litigation Documents.


The court then instructed the defendant to consider the "Request for Clarification" submitted by the plaintiff before the next date. The reason why the plaintiff asked the defendant for a request for clarification is because it was not clear from the defendant's written answer what part of the plaintiff's argument the defendant was disputing - whether the defendant was saying that immigration detention does not require necessity, reasonableness, or proportionality as required by international law, or whether the defendant was saying that there was no problem because immigration law requires necessity, reasonableness, and proportionality. The plaintiffs strongly requested the defendant to respond responsibly as the government.


The next hearing will be held on July 6 at 2:30 p.m. in Courtroom 415 of the Tokyo District Court.

The results of the defendant's examination of the request for clarification are scheduled to be presented.


Tickets for the hearing were distributed on the day of the hearing, and all 49 people who lined up were able to attend the hearing, out of a maximum capacity of 50, making it a full house.

Thank you for your continued support.

4 件中 1-4

1-4 of 4 cases

  • 1

自由権規約に基づく損害賠償請求訴訟チーム

入管収容されたデニズさん、サファリさんの自由権規約に基づく損害賠償請求訴訟の弁護団です。

(連絡先)
〒105-0003
東京都港区西新橋1-23-9河野ビル5階
信和法律事務所 電話 03(3508)7761
弁護士 浦城 知子(担当)

関連コラム