首里城火災の管理責任を問う住民訴訟〜責任者出てこい!〜 Residents' lawsuit asking responsibility for managing Shurijo Castle-Come out! ~

#公正な手続 #Procedural Justice
#沖縄 #Okinawa

現在の支援総額 Total amount of current support

15,500円 ¥ 15,500

5%

目標金額 Target amount

300,000円 ¥ 300,000

サポーター Supporter

4 人 4 supporters

支援する Support a Case

首里城火災から2年が過ぎ、再建計画は進んでいますが、その一方で出火原因は不明とされ、また、だれ一人として管理責任を問われてもいません。これは火災の真実に迫るための住民訴訟です。 Two years have passed since the Shurijo Castle fire, and reconstruction plans are underway, but the cause of the fire is unknown, and no one has been held responsible for management.

第2回公判 口頭弁論

2nd trial oral argument

日時 Date
2022年1月27日(木)
14:00~
2022.1.27(Thu)
14:00~
場所 Location
那覇地裁 Naha District Court
期日
内容
Details
口頭弁論:不明とされている出火原因だが、那覇消防局の調査報告書によれば、疑わしいとされる原因は美ら島財団が設置したLED照明がつながれていた延長コード廻りただ一か所しかない。しかもこの照明器具はまさに火元であると特定された首里城正殿1F北側東よりの一角に設置されていた。消去法、そして出火位置の情報証拠より、出火原因は明らかになっていると言える。
Oral argument: The cause of the fire is unknown, but according to the investigation report of the Naha Fire Department, the cause of suspicion is only one place around the extension cord to which the LED lighting installed by the Churashima Foundation was connected. No. Moreover, this lighting fixture was installed in a corner from the north east on the 1st floor of Shurijo Castle, which was identified as the source of the fire. It can be said that the cause of the fire has been clarified from the elimination method and the information evidence of the fire position.
期日
報告会
Report
Meeting

1 件中 1-1

1-1 of 1 cases

  • 1

石岡 裕

このクラウドファンディングの管理者の私は、石岡裕と申します。原告団の共同代表の一人を務めさせていただいております。

職業は音楽家ですが、傍ら、沖縄の文化や社会問題を扱ったfacebookページ、季刊誌「命どう宝」を運営しており、首里城については火災以前から、所有権を沖縄に返すべきだと訴えるなどしていました。

この火災は、首里城から沖縄県民への大事なメッセージなのではないかと捉えていて、火災が問いかける意味と沖縄がどこに向かえばよいのかを考えるシンポジウムをこれまで3回開催するなどしてきました。