無実で約1年勾留「人質司法」問題をただす State Redress Proceedings Condemning Hostage Justice-Revocation of Prosecution After Detention for Nearly One Year-

#刑事司法 #Criminal Justice

現在の支援総額 Total amount of current support

887,700円 ¥ 887,700

51%

目標金額 Target amount

1,732,000円 ¥ 1,732,000

サポーター Supporter

112 人 112 supporters

支援する Support a Case

経済産業大臣に輸出許可申請が必要となる噴霧乾燥機を無許可で輸出したとして逮捕・起訴された事件で、東京地検は、輸出規制対象に該当するかどうか疑いが生じたとして、初公判の直前に起訴を取り消しました。逮捕された3名のうち2名は保釈が認められるまで1年近く拘置所に勾留され、もう1名は勾留中に体調を崩し、起訴取消を知ることなく亡くなりました。なぜこのようなことが起きたのか、捜査の違法性を徹底追及します。 Two of the three arrested were detained in detention center for nearly a year until bail was granted, and the other died during detention without knowing the cancellation of the indictment.

第3回口頭弁論期日

3rd oral argument date

2022/5/14 11:57

事件番号

令和3年(ワ)第23302号

当 事 者

原告:大川原化工機株式会社、大川原正明、島田順司、相嶋●●、相嶋●●、相嶋●●、相嶋●●

被告:国、東京都

事 件 名

国家賠償請求事件

期   日

第3回期日(弁論期日)
 令和4年5月13日(金)10時30分から11時00分まで

次回期日

令和4年7月13日(水)10時40分

提 出 書 類 等

原 告:調査嘱託申立書

被告国:準備書面⑵、丙1~27

被告東京都:準備書面⑵、乙3~7の11

期 日 経 過 要 旨

裁判所:はじめに、裁判官の交代がありましたので弁論の更新を行います。
次に、被告国から準備書面⑵と丙1~27号証が、被告都から準備書面⑵と乙3~7の11号証が提出されています。
 それから、原告から調査嘱託申立書が提出されていますが、被告らからは意見はありますか。

被告国及び都:まだ受領したばかりで内容の検討が未了なので、意見を述べる時期を明らかにできません。

原 告:調査嘱託申立書について補足しておきます。
今回、被告国から提出された丙24号証及び丙25号証ですが、これらは、今年の4月18日付で経産省に対して本件要件ハの解釈について質問する文書と、それに対する経産省からの回答の文書で、回答の基準時は、逮捕時である令和2年3月12日及び同日以降とされています。
 しかし、刑事事件で問題となるのは、あくまで輸出行為の罪責ですので、輸出時点当時の経産省の解釈及び運用について別途回答を求めるべく、今回、調査嘱託を申し立てることとしました。

裁判所:被告らは、3週間あれば回答できませんか。

被告国:この場で確約することはできません。

裁判所:裁判所としては3週間もあれば十分だと考えています。できれば期日間に意見をもらいたい。

被告国:確約できない。

裁判所:4週間でも同様ですか。

被告国:はい。

裁判所:わかりました。では、6月10日までに意見があればご提出ください。回答がなければその時点で裁判所の方で対応を決定します。

原 告:文書送付嘱託の方についても少しよろしいでしょうか。
 こちらについて被告らは、従前、争点が明確でないとの理由で回答保留とされていましたが、今回反論の書面が出てきましたので、争点も明確になったかと思うのですが、いかがでしょうか。

裁判所:その点ですが、これから裁判所の考える本件の争点をお伝えしますので、次回までに原告の方で当該争点について反論の書面を提出していただき、それを待ってから結論を出したいと思っています。

被告国:反論に加えて、開示を求める文書ごとに、開示の必要性を明らかにしていただきたいと考えています。
 また、開示を求める書類に重複があるようにも思いますので、文書の整理もお願いしたいと思っております。例えば、文書送付嘱託申立書1の⑵の183番は、刑事事件の甲16号証に相当するものかと思いますが、これは同書面の⑴に含まれるように思います。

原 告:念のため、今ご指摘のあった183番は、同一人の調書が2通作成され、片方のみが証拠として提出されていたため、他方の開示を求めるものですので、それについては重複していないかと思います。

裁判所:重複の有無について検討した結果が残っているのであれば、それを前提に開示対応をされてはどうですか。

被告国:検討結果は残っていません。

裁判所:わかりました。
では争点をお伝えするので、原告は反論と文書の開示の必要性について書面をお願いします。
まず、⑴被告国及び被告都共通の争点としては、
①「殺菌」に乾燥殺菌が含まれるとの判断の不合理性
②貨物等省令第2条の2第1項2号に規定された細菌の一種類でも殺菌できれば足りると判断したことの不合理性
③曝露防止の構造を備えていることが規制要件でないと判断したことの不合理性
④本件噴霧乾燥器1の温度が上がらない箇所をバグフィルターと特定したことの不合理性
⑤噴霧乾燥器により粉体化された細菌を用いた実験を実施しなかったことの不合理性
次に、⑵被告国との争点ですが、勾留等の違法性については、上記争点の問題に帰着するものと思います。
 最後に、⑶被告都との争点ですが、原告島田に対する取り調べについて、①長時間の取り調べ、②事前の恣意的な調書の作成及びこれに署名を求めた行為、③調書の内容の確認及び修正の妨害行為、④誘導・詐術的文言・恫喝等の有無、⑤調書の意図的な裁断の有無

原告及び被告都:異論ありません。

被告国:この争点でよいか一旦検討させていただきたいと思います。

裁判所:わかりました。では、次回期日は7月13日午前10時40分としますので、原告は6月24日までに書面提出をお願いいたします。

原 告:最後に、今回被告らから提出された書面の内容について確認させてください。
 まず、被告都の準備書面⑵の23頁のウ、温度が上がりにくい箇所があることを指摘する箇所の記載についてです。具体的な指摘がないとの記載がありますが、こちらについては訴状50頁に各従業員の供述内容を抜き出して記載しております。具体的な主張がないとはどのような趣旨でしょうか。

被告都:抜粋部分のうち、どの単語が「測定口」を指すのかが不明という趣旨です。「測定口」という単語が出ていないという問題を述べるものになります。

原 告:言葉の問題ということですね、わかりました。
 次に、被告国の準備書面⑵の8頁についてですが、こちらは運用通達を定めた平成15年当時において、日本ではAGとは異なる独自の解釈を定めたという趣旨の記載でしょうか。

被告国:現時点では回答できません。

原 告:では、今指摘したので、追って検討の上回答してください。
 次に、被告国準備書面⑵の25頁、勾留の時間的制約について記載された箇所についてですが、これは一般論として述べたものですか、それとも本件の●●検事も逮捕時に初めて捜査状況を知ったので時間的制約があったという趣旨ですか。

被告国:あくまで一般論としての記載です。

原 告:わかりました。本件のような公安が時間をかけて捜査していた事件について、判断の時間がないという言い訳は妥当しないと思っていますが、その点も書面にて述べたいと思います。
 以上です。

以上

Case number

Reiwa 3rd year (Wa) No. 23302

Person concerned

Plaintiffs: Ohkawara Kakohiki Co., Ltd., Masaaki Okawara, Junshi Shimada, Aishima ●●, Aishima ●●, Aishima ●● , Aishima ●●

Defendant: Country, Tokyo

Subject

National compensation claim case

Deadline

3rd deadline (discussion date)
From 10:30 to 11:00 on Friday, May 13, 4th year of Reiwa

Next due date

Wednesday, July 13, 4th year of Reiwa 10:40

Documents to be submitted, etc.

Plaintiff: Request for Investigation Commission

Defendant Country: Briefs ⑵, Hei 1-27

Defendant Tokyo: Brief ⑵, Exhibit Otsu 3-7-11

Due date

Court: First, there was a change of judge, so I will update the argument.
Next, the Defendant's country has submitted Briefs ⑵ and Hei 1-27, and the Defendant's capital has submitted Briefs ⑵ and Exhibit Otsu Nos. 3-7-11.
Then, the plaintiff has submitted a petition for investigation, but do you have any opinions from the defendants?

Defendant's country and capital: We have just received it and have not yet examined the contents, so we cannot clarify when to express our opinion.

Plaintiff: I would like to supplement the petition for investigation commission.
This time, Evidence No. 24 and Evidence No. 25 submitted by the defendant country are a document asking the Ministry of Economy, Trade and Industry about the interpretation of this requirement C on April 18, this year, and the Ministry of Economy, Trade and Industry for it. According to the document of the reply from, the reference time of the reply is March 12, 2nd year of Reiwa, which is the time of arrest, and after the same day.
However, the problem in criminal cases is the guilty of exporting, so we have decided to apply for an investigation commission this time in order to request a separate answer regarding the interpretation and operation of the Ministry of Economy, Trade and Industry at the time of export.

Court: Can the defendants answer in three weeks?

Defendant Country: No commitment can be made here.

Court: As a court, I think three weeks is enough. If possible, I would like to hear your opinions on the deadline.

Defendant Country: I can't promise.

Court: Is it the same for 4 weeks?

Defendant Country: Yes.

Court: I see. Then, if you have any opinions by June 10, please submit them. If there is no answer, the court will decide the response at that time.

Plaintiff: Is it okay for those who are commissioned to send documents?
Regarding this, the defendants had previously been put on hold for answering because the issue was not clear, but since the written counterargument has come out this time, I think that the issue has also been clarified. Is it?

Court: On that point, I would like to inform you of the issue that the court considers, so I would like the plaintiff to submit a written counterargument to the issue by the next time, and wait for it before drawing a conclusion. I am.

Defendant Country: In addition to the counterargument, I would like you to clarify the necessity of disclosure for each document requesting disclosure.
Also, I think there are duplicate documents for which disclosure is requested, so I would like to ask you to organize the documents. For example, I think that No. 183 of ⑵ of Document Sending Request Form 1 is equivalent to Evidence A No. 16 of the criminal case, but I think that this is included in ⑴ of the same document.

Plaintiff: Just in case, the number 183 you just pointed out is duplicated because two copies of the same person's record were prepared and only one was submitted as evidence, so the other is requested to be disclosed. I think you haven't.

Court: If there are any results that have been examined regarding the existence of duplication, why not respond to the disclosure on that premise?

Defendant country: No examination results remain.

Court: I see.
Now, I would like to inform you of the issue, so the plaintiff should write down the counterargument and the necessity of disclosing the document.
First, (1) as a common issue between the defendant country and the defendant city,
(1) Unreasonable judgment that "sterilization" includes dry sterilization (2) Unreasonable judgment that it is sufficient to sterilize even one type of bacteria specified in Article 2-2, Paragraph 1, Item 2 of the Ordinance of the Ministry of Freight, etc. ③ It is irrational to judge that it is not a regulatory requirement to have an exposure prevention structure ④ It is irrational to identify the part where the temperature of the spray dryer 1 does not rise as a bug filter ⑤ The irrationality of not conducting the experiment using the bacteria powdered by think.
Finally, regarding the issue with (3) the defendant's capital, regarding the interrogation of the plaintiff Shimada, (1) long-term interrogation, (2) preparation of an arbitrary record in advance and the act of requesting its signature, and (3) confirmation and correction of the contents of the record. (4) Guidance, fraudulent wording, interrogation, etc., (5) Intentional cutting of records

Plaintiff and Defendant Capital: No objection.

Defendant Country: I would like to consider once whether this issue is okay.

Court: I see. Then, the next due date will be 10:40 am on July 13, so the plaintiff is requested to submit in writing by June 24.

Plaintiff: Finally, let me confirm the contents of the document submitted by the defendants this time.
First, on page 23 of the Defendant's Brief ⑵, there is a description of the part that points out that the temperature does not rise easily. There is a statement that there is no specific indication, but for this, the content of each employee's statement is extracted and described on page 50 of the complaint. What does it mean to have no specific claim?

Defendant's capital: It is unclear which word in the excerpt refers to the "measurement port". It describes the problem that the word "measurement port" does not appear.

Plaintiff: It's a matter of language, I understand.
Next, regarding page 8 of the Defendant's Brief ⑵, is this a statement to the effect that Japan had established its own interpretation different from AG at the time of 2003 when the operational notification was established?

Defendant country: We cannot answer at this time.

Plaintiff: Now that I have just pointed out, please consider and answer later.
Next, regarding the section on page 25 of the Defendant's Brief ⑵, which describes the time constraints of detention, is this a general theory, or is the prosecutor ●● in this case also investigating the situation for the first time at the time of arrest? Did you mean that there was a time limit because you knew it?

Defendant country: It is a description as a general theory.

Plaintiff: I see. I don't think the excuse that there is no time to make a decision on a case that the public security has taken a long time to investigate, such as this case, is not valid, but I would like to mention that point in writing.
that's all.

that's all

第2回口頭弁論期日

2nd oral argument date

2022/2/9 13:04

・前回期日以後、被告らから、ひとまず認否を行う書面が提出されました。次回期日までに、反論の書面が提出される予定です。


・また、文書送付嘱託については、争点が明確になるまで、意見を述べられないとの回答がなされました。


・当方としては、引き続き、被告らからの書面の提出と証拠の開示を待つこととなります。


期   日

第2回期日(弁論期日)
 令和4年2月9日(水)10時30分から11時00分まで

次回期日

令和4年5月13日(金)10時30分

提 出 書 類 等

原 告:

被告国:準備書面⑴、意見書

被告東京都:準備書面⑴、乙1の1~2号証、文書送付嘱託申立てに対する意見書

期 日 経 過 要 旨

裁判所:被告国及び被告東京都から、それぞれ準備書面⑴が提出されています。また、被告東京都からは乙1号証の1から乙2号証までが提出されています。
 このほか、原告らからの文書送付嘱託申立てに対する意見書が被告国及び被告東京都からそれぞれ提出されています。

被告国:文書送付嘱託については、本訴訟の争点が明らかになった段階で、あらためて意見を述べることとしたいと考えています。

裁判所:文書送付嘱託により開示を求められている文書のなかに任意開示できるものはありませんか。口頭でお答えいただいても、書面でお答えいただいても結構です。

被告国:この場で回答はできません。次回書面を提出する際に、他の証拠とともに、必要な範囲で書証として提出することはできるかと思いますが、現時点では争点が明確になっておらず、開示の必要性について判断ができません。

裁判所:書面はいつまでに提出する予定ですか。

被告国:4月28日までに提出します。

裁判所:被告東京都はいかがでしょうか。

被告東京都:4月28日までに提出いたします。また、文書についても、必要な範囲で書証として提出したいと思います。

原 告:次回までに書証として提出されなかったものの開示については、次回期日にて相談させていただければと思います。
 また、被告側の書面の提出期限についてですが、次回期日で実質的な議論を行えるように、もう少し早めにご提出いただくことはできないでしょうか。今回の準備書面を提出するまでの間にも十分な期間があり、被告側としても内容を検討できているはずです。

被告国:提出を4月28日より前に早めることは難しいです。

裁判所:裁判所としても、人事の関係上、裁判体の構成が変わる可能性があり、早めに提出されても十分に内容を確認できないおそれがあるため、4月28日までの提出でよいと考えています。

原 告:承知いたしました。4月28日までに書面が出されるということであれば、5月の連休明け頃に期日を入れていただき、進行方法について協議できればと思います。
 次に、被告国から今回提出された書面についてですが、被告東京都に関する記載であるとして認否をしていない箇所が多数あります。原告としては、例えば警視庁の捜査状況などは、主として被告東京都に関する記載であるとしても、同時に被告国(検事)の注意義務違反に関する記載にもなりうるものですので、認否をしていただく必要があると考えています。

被告国:被告国の主張を提出する際に、必要な範囲で対応いたします。

裁判所:不知なら不知で結構ですので、認否を行うようお願いいたします。
 それでは、次回は令和4年5月13日午前10時30分からとし、弁論期日といたします。

以上


・ Since the previous deadline, the defendants have submitted a document to approve or reject it for the time being. A written counter-argument will be submitted by the next deadline.


・ In addition, regarding the commission to send documents, it was replied that they would not be able to express their opinions until the issue was clarified.

・ We will continue to wait for the submission of documents and the disclosure of evidence from the defendants.


Deadline

2nd due date (due date for oral argument)
From 10:30 to 11:00 on February 9, 4th (Wednesday), Reiwa

Next due date

Friday, May 13, 4th year of Reiwa 10:30

Documents to be submitted, etc.

Plaintiff:

Defendant country: Brief ⑴, written opinion

Defendant Tokyo: Preparatory Document ⑴, Exhibit Otsu No. 1-2, Statement of Opinion on Request for Document Sending

Due date

Court: Defendant's country and Defendant's Tokyo have submitted briefs (1) respectively. In addition, Defendant Tokyo has submitted Exhibit Otsu No. 1 to Exhibit Otsu No. 2.
In addition, the defendant's country and the defendant's Tokyo Metropolitan Government have submitted written opinions on the petition for sending documents from the plaintiffs.

Defendant Country: Regarding the commission to send documents, I would like to express my opinion again when the issues in this proceeding are clarified.

Court: Are there any documents requested to be disclosed by the document sending commission that can be disclosed voluntarily? You can answer verbally or in writing.

Defendant country: No answer can be given here. The next time I submit a document, I think it will be possible to submit it as documentary evidence to the extent necessary, along with other evidence, but at this point the issue has not been clarified and the need for disclosure cannot be determined.

Court: By when do you plan to submit the document?

Defendant Country: Submit by April 28th.

Court: How about Defendant Tokyo?

Defendant Tokyo: Submit by April 28th. Also, I would like to submit the document as documentary evidence to the extent necessary.

Plaintiff: I would like to discuss the disclosure of documents that have not been submitted as documentary evidence by the next deadline.
Regarding the deadline for submitting the defendant's document, could you submit it a little earlier so that we can have a substantive discussion on the next deadline? There is a sufficient period before submitting this brief, and the defendant should be able to consider the content.

Defendant Country: It is difficult to accelerate submission before April 28th.

Court: The court may change the composition of the court body due to personnel matters, and even if it is submitted early, it may not be possible to confirm the contents sufficiently, so it is considered acceptable to submit it by April 28. I am.

Plaintiff: I understand. If the document will be issued by April 28, I would like to have a deadline set around the end of the consecutive holidays in May so that we can discuss how to proceed.
Next, regarding the document submitted this time by the defendant country, there are many parts that have not been approved or rejected as being related to the defendant Tokyo. As a plaintiff, for example, the investigation status of the Metropolitan Police Department, even if it is mainly about the defendant Tokyo, can also be a description about the breach of the duty of care of the defendant country (prosecutor), so it is necessary to approve or reject it. I think there is.

Defendant Country: We will respond to the extent necessary when submitting the claim of the Defendant Country.

Court: If you are ignorant, you may be ignorant, so please approve or reject it.
Then, the next time will be from 10:30 am on May 13, 4th year of Reiwa, and the closing date will be.

that's all


第1回口頭弁論期日

the first oral argument

2021/10/29 10:38

・本年9月に訴状を提出しましたが、これまで国及び都からは、形式的に請求棄却を求める旨の答弁書が提出されたのみでした。今回の期日にて、訴状に対する実質的な主張反論書面が来年1月31日までに提出されることとなりました。

・ただし訴状は文量が多く、また内容も法解釈や細菌、機器に関する専門的事項を含み複雑であるため、国及び都からは、反論にはなお検討時間が必要であり、次回までには認否(訴状の内容のうちどこを認め、どこを争うのか)を示すにとどまり、具体的な争い方を示すのは間に合わない旨の回答がなされました。

・本期日に先立ち、刑事訴訟にて開示されていた証拠や、警視庁が経産省から聴取した内容に関する捜査メモ、取り調べ時に作成されたメモ、診療記録などの開示を求め、文書送付嘱託書を提出しました。

・被告らは、まずは任意に開示できるものがないか検討し、任意開示できないものについてはその旨の意見書を提出することとされました。

・当方としては、まずは被告らからの証拠の開示と書面の提出を待つこととなります。

期   日

第1回期日(弁論期日)
 令和3年10月27日(水)13時30分から14時00分まで

次回期日

令和4年2月9日(水)10時30分

提 出 書 類 等

原 告:訴状、文書送付嘱託書1~5、甲1~126の17

被告国:答弁書

被告東京都:答弁書

期 日 経 過 要 旨

裁判所:原告からは訴状が、被告らからは答弁書がそれぞれ提出されていますので、いずれも陳述といたします。次に、原告から甲1号証から126号証の17までが提出されていますので、原本確認をお願いいたします。

(甲23~26、57~63につき、裁判所、被告国、被告東京都が原本確認)

裁判所:また、原告からは文書送付嘱託書が1から5まで提出されています。被告らはこれら書類の任意提出について検討していただけますか。

被告国:検討は致しますが、送付嘱託に対する意見書を出すことになるかと思います。

裁判所:それではまず任意提出について検討してもらい、意見のあるものについては、その後に意見書を出してもらう形としたいと思います。原告いかがですか。

原 告:承知いたしました。
文書送付嘱託の内容について補足いたしますと、1番と5番は刑事訴訟の中で開示済みの証拠であり、2番も同様に開示予定だったものになるので、早急に対応いただきたいと思います。
 なお、3番は島田さんの取り調べに関するもので、取調べに立ち会った事務官や捜査官の作成した原資料を含めて開示を求めるものです。また、4番は亡くなった相嶋さんの診療記録に関するものです。

裁判所:被告らは、実質答弁はいつ頃までに提出できそうですか。

被告国:1月31日までに提出いたします。

被告東京都:同じく1月末までに提出いたします。

被告国:訴状が大部であり、法解釈や機器の性能等の専門的事項が問題となっていることから、国としては認否のみの答弁になる予定です。

被告東京都:被告東京都も同様です。異動している担当者がいることもあり、反論ができるとしても一部にとどまる可能性があります。

裁判所:分かりました。ただ、反論の主張内容についても並行して準備し、次回以降は通常のペースで出していただきます。

原 告:送付嘱託ないし任意提出の対応の方は先行して進めていただきたいと思います。

裁判所:それでは次回期日は令和4年2月9日午前10時半からとし、弁論期日とします。被告らは1月31日までに書面をご提出ください。

(大川原氏・相嶋氏ご遺族による意見陳述)

以上

・ We filed a complaint in September of this year, but until now, the government and the capital have only submitted a formal answer to the request for dismissal of the claim. By this date, a substantive counter-argument to the complaint will be submitted by January 31st next year.

・ However, since the complaint is large in volume and the content is complicated, including specialized matters related to legal interpretation, bacteria, and equipment, it still takes time for the government and the capital to consider the counterargument, and by the next time. The answer was that it was not enough to show the specific way of dispute, only to show the approval or disapproval (where to admit and what to dispute in the content of the complaint).

・ Prior to this date, we request the disclosure of evidence disclosed in criminal proceedings, investigation memos regarding the contents heard by the Metropolitan Police Department from the Ministry of Economy, Trade and Industry, memos created at the time of interrogation, medical records, etc. Was submitted.

・ The defendants will first consider whether there is anything that can be disclosed voluntarily, and if it cannot be disclosed voluntarily, they will submit a written opinion to that effect.

・ We will wait for the disclosure of evidence and the submission of documents from the defendants. 

 due date 

 1st due date (due date for oral argument)
 From 13:30 to 14:00 on Wednesday, October 27, 3rd year of Reiwa
 

 Next due date 

 Wednesday, February 9, 4th year of Reiwa 10:30 

 Documents to be submitted, etc. 

 Plaintiff: Complaint, Document Sending Request Form 1-5, Exhibit A1-126-17

 Defendant Country: Answer

 Defendant Tokyo: Answer 

 Due date 

 Court: The plaintiff has submitted a complaint, and the defendants have submitted an answer, so both are statements. Next, the plaintiff has submitted Evidence A No. 1 to Evidence No. 126, No. 17, so please check the original. 

 (For Exhibits A23-26 and 57-63, the court, defendant country, and defendant Tokyo confirmed the original) 

 Court: Also, the plaintiff has submitted 5 letters of commission to send the document. Would the defendants consider voluntary submission of these documents? 

 Defendant country: We will consider it, but I think we will issue a written opinion on the commission. 

 Court: Then, I would like to ask you to consider voluntary submission first, and if you have an opinion, then issue a written opinion. How about the plaintiff? 

 Plaintiff: I understand.
To supplement the contents of the document sending commission, No. 1 and No. 5 are evidence that has been disclosed in the criminal procedure, and No. 2 is also scheduled to be disclosed, so I would like you to take immediate action. increase.
 No. 3 is related to Mr. Shimada's interrogation and requests disclosure including the original materials prepared by the clerk and investigator who witnessed the interrogation. In addition, No. 4 is related to the medical records of Mr. Aijima who died.
 

 Court: By when are the defendants likely to submit a substantive answer? 

 Defendant country: Submit by January 31st. 

 Defendant Tokyo: Also submitted by the end of January. 

 Defendant country: Most of the complaints are complaints, and since there are problems with specialized matters such as legal interpretation and equipment performance, the country will only answer the approval or disapproval. 

 Defendant Tokyo: The same applies to Defendant Tokyo. There may be a person in charge who has been transferred, and even if you can argue, it may be limited to a part. 

 Court: I see. However, we will prepare the content of the counterargument in parallel, and from the next time onward, we will ask you to issue it at a normal pace. 

 Plaintiff: I would like you to proceed in advance if you are commissioned to send or respond to voluntary submission. 

 Court: Then, the next date will be from 10:30 am on February 9, 4th year of Reiwa, and the date of argument will be. Defendants must submit the document by January 31st. 

 (Statement of opinion by Mr. Okawara and the bereaved family of Mr. Aijima)

 that's all

3 件中 1-3

1-3 of 3 cases

  • 1

髙田剛

本クラウドファンディングは和田倉門法律事務所が主催しています。
代表:弁護士 高田 剛
お問い合わせは当事務所のHPから【お問合せ】記載のアドレスまでお願いします。
https://wadakura.jp/