教育公務員の兼業のあり方を問う訴訟 Proceedings for side jobs of educational civil servants

現在の支援総額 Total amount of current support

853,000円 ¥ 853,000

85%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

245 人 245 supporters

支援する Support a Case

教員の兼業が、不明瞭な基準のもと制限されています。教員の兼業は法律上、本務遂行に支障のない限り認められると規定されています。原告は上記の規定を踏まえ、都に対し書籍出版に関する兼業許可を求めましたが、都はこれを認めず、判断の基準も示しませんでした。兼業は、教員の能力を磨く機会となるだけでなく、得た経験や知識は、教育活動を通じて子供たちに還元されます。豊かな教育の実現のため、基準の明確化を求めます。 Teachers side jobs are restricted under unclear standards. We request clarification of standards for the realization of rich education.

第1回期日のご報告

Report of the first date

2021/8/6 21:19

教育公務員の兼業のあり方を問う訴訟弁護団です。
この度は、ご支援いただきありがとうございます。


2021年7月14日(水) 11:00から、第1回期日が行われました。
その内容を簡単にご報告させていただきます。


原告は訴状を提出し、被告も第1回までに答弁書を提出していました(内容については、訴訟資料のページをご参照ください)。
第1回期日では双方正式に、訴状、答弁書を陳述いたしました。
被告側は、原告の提出した書式の様式が指定と異なるとして、教育公務員特例法17条 に基づく兼業許可申請は行われていないとして、訴えの却下を求めています。
また、内部規定により、処分権者は東京都教育委員会ではなく、東京都教育委員会教育長である旨の主張もしています。


第1回期日において、裁判所は、原告側に対し、被告の反論を受けて、教育公務員特例法17条に基づく主張を維持するのか、地方公務員法38条に基づく請求に変更するのか整理してほしいとの見解を述べました。
また、裁判所は、被告側に対しては、内部規定により、処分権者が教育長となる法的根拠を示すように見解を述べました。
双方、裁判所の見解に従って、次回期日までに主張書面を提出する予定となっています。


被告の主張はそのまま受け入れられるものではないですが、原告としては、裁判所には、形式面ではなく、実質的な中身の議論をしていただきたいため、現在、裁判所の見解も踏まえ主張を整理している段階です。
次回期日は、2021年9月14日(火) 14:00~ となっておりますが、この日は弁論準備期日といって、一般には非公開の手続きとなりますので、傍聴はできません。
次回以降は、公開法廷での審理に戻していただくことを考えていますので、また期日が決まりましたら、進捗等でご報告いたします。

It is a litigation defense team that asks how an educational civil servant should work side-by-side.
Thank you for your support.


The first due date was held from 11:00 on Wednesday, July 14, 2021.
I will briefly report the contents.


The plaintiff filed the complaint, and the defendant had also submitted the answer by the first round (see the proceedings page for details).
On the first date, both sides formally stated the complaint and the answer.
The defendant is requesting the dismissal of the complaint, saying that the form submitted by the plaintiff is different from the designated form and that the application for permission to work concurrently under Article 17 of the Special Law for Educational Public Employees has not been made.
In addition, according to internal regulations, the person who has the right to dispose is not the Tokyo Metropolitan Board of Education, but the Tokyo Metropolitan Board of Education's superintendent of education.


On the first date, the court arranged with the plaintiffs whether to keep the allegations based on Article 17 of the Special Law for Educational Civil Service or to change to a request based on Article 38 of the Local Civil Service Law in response to the defendant's counterargument. He stated that he wanted it.
The court also stated to the defendant that, by internal provisions, the disposition right holder would provide a legal basis for becoming the superintendent of education.
Both sides are scheduled to submit a written claim by the next due date, in accordance with the court's opinion.


The defendant's allegations are not accepted as they are, but as a plaintiff, I would like the court to discuss the actual contents rather than the formal ones, so I am currently organizing the allegations based on the court's views. It is in the stage of
The next deadline is September 14, 2021 (Tuesday) 14: 00-, but this day is called the speech preparation deadline and is generally closed to the public, so you cannot listen to it.
From the next time onward, we are thinking of returning to the hearing in the open court, so when the deadline is decided, we will report on the progress etc.

1 件中 1-1

1-1 of 1 cases

  • 1

教育公務員の兼業のあり方を問う訴訟弁護団

本クラウドファンディングは弁護団が主催しています。
代表:弁護士竹内明美(立川フォートレス法律事務所)
お問い合わせは下記専用アドレスまでお願いします。
takeuchi.kengyo@gmail.com