オペなしで!戸籍上も「俺」になりたい裁判【アーカイブ】 Without operation! Challenge Surgery Requirement for Changing Registered Sex in Japan

#ジェンダー・セクシュアリティ #Gender/Sexuality
#アーカイブ #Archive

現在の支援総額 Total amount of current support

1,342,908円 ¥ 1,342,908

26%

目標金額 Target amount

5,000,000円 ¥ 5,000,000

サポーター Supporter

156 人 156 supporters

支援の募集は終了しました Application Closed

日本で戸籍の性別変更をするためには、「生殖腺やその機能がないこと」が法律上求められており、「卵巣や精巣の摘出手術」が事実上必要になります。
“当事者は皆そういう手術をしたいんじゃないの?”-それは、誤解です。
手術自体、心身への負担がとても大きく、手術を望まない人や望んでもできない人たちがいます。
自分の身体に関する決定権は自分にあり、その決定が当たり前に尊重される社会を目指します。
Challenge against the surgery requirement for changing registered gender in Japan. The right to make decisions regarding our own body. The social respect for self-determined choice.

静岡家裁浜松支部・審尋

Interrogation

日時 Date
2022年10月14日(金)
11:00~
2022.10.14(Fri)
11:00~
場所 Location
静岡家裁浜松支部 Shizuoka Family Court Hamamatsu Branch
期日
内容
Details
審尋 ※非公開の手続きのため、傍聴はできません。
Interrogation * Observation is not possible because the procedure is closed to the public.
期日
報告会
Report
Meeting
期日後メディア向けに報告会を行うほか、CALL4でも期日報告を掲載いたします。
In addition to holding a debriefing session for the media after the deadline, the deadline report will also be posted on CALL4.

静岡家裁浜松支部・審判申立て

Appeal Petition

日時 Date
2021年10月4日(月)
11:30~
2021.10.4(Mon)
11:30~
場所 Location
静岡家裁浜松支部 Shizuoka Family Court, Hamamatsu Branch
期日
内容
Details
審判申立て ※申立書の提出・形式的審査のため、公開や傍聴はありません。
期日
報告会
Report
Meeting
メディア向けに裁判所付近での取材に対応します。
ご支援頂いている皆さんには、Call4にて申立書と概要解説等をアップ致します。

2 件中 1-2

1-2 of 2 cases

  • 1

鈴木 げん

浜松TG研究会 代表
1974年、浜松市生まれ。愛農学園農業高等学校卒業。29歳で竹職人、菅沼伸之氏に師事。その後、別府市にて修行。竹鞄職人として独立。40歳で性同一性障害の診断を受け、ホルモン治療を開始、乳腺摘出術を受ける。
浜松市の山間部、春野町に移住。45歳で浜松市パートナーシップ宣誓制度にて女性パートナーと宣誓。
現在、浜松TG研究会を主宰。
多様な性を生きる人はもちろん、みんなにとって行きやすい社会になるように、草の根的な活動をしている。特に公立中学の制服問題に取り組む。
本ケースに関するお問合せはこちらまで:oresaiban@gmail.com

Gen Suzuki is the Representative of the Hamamatsu Transgender Research Group. Born in 1974 in Hamamatsu city, Gen san graduated from Aino High School of Agriculture and became a disciple of the bamboo master, Mr. Suganuma Nobuyuki, at the age of 29, and trained in Beppu city.
Gen san was diagnosed with gender identity disorder at the age of 40, started hormone treatment, and underwent breast removal surgery.
After moving into the mountain in Haruno-cho in Hamamatsu city, Gen san sworn into a partnership with a female at the age of 45.
Currently, Gen san directs the the Hamamatsu Transgender Research Group.
Through the grassroot-based activities, Gen san wants to make Japanese society more inclusive and to make diverse groups of individuals feel comfortable to live. Gen san has taken up the issue of public high school uniforms in Japan.
If you have any questions regarding this case, please feel free to contact us as: oresaiban@gmail.com

関連コラム