クルド難民収容者暴行被害国賠訴訟 Lawsuit against the Japanese government for physical abuse to a Kurdish refugee by officers of the Ushiku detention center.

現在の支援総額 Total amount of current support

926,700円 ¥ 926,700

92%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

167 人 167 supporters

支援する Support a Case

2019年1月19日午前0時過ぎ、茨城県牛久市の入国者収容所に収容されていたクルド人難民デニズさんが、「制圧行為」と称して、職員らから、手錠をかけられたまま暴行を受ける事件が発生しました。本訴訟は、この事件の違法性を問う国家賠償請求事件です。 On January 19, 2019, after midnight, Mr. Deniz, a Kurdish refugee detained at an immigration detention center in Ushiku, Ibaraki Prefecture, was unreasonably handcuffed and assaulted by officers. This lawsuit is challenging the illegality of this incident.

第4回口頭弁論期日の再指定

Re-designation of the 4th oral argument date

2020/8/26 19:52

緊急事態宣言の発令等により延期されていました第4回口頭弁論期日が、11月13日午前10時(東京地方裁判所103号法廷)に開かれることが決まりました。

It has been decided that the 4th oral argument date, which had been postponed due to the issuance of the emergency declaration, will be held at 10:00 am (Tokyo District Court 103 Court) on November 13th.

2020年2月21日 第3回口頭弁論期日(東京地方裁判所415号法廷)

Feb 21, 2020 Third Oral Argument Date

2020/8/12 13:15

【提出書類】

原告側:原告第1準備書面


【法廷でのやり取り】

原告側から、被告国に対し、乙12号証の映像について、定点カメラの映像ではデニズさんの居室に明かりが灯っているのに、ハンディカメラの同じ時間帯の映像では居室が暗くなっていることを指摘したうえで、映像の明るさが異なっている理由を尋ねました。

これに対して、被告国は、原告及び裁判所に対し、確認の上で回答を行うとの返事を行いました。

【Documents to be submitted】

Plaintiff side: Plaintiff first preparation document


[Exchange in court]

From the plaintiff's side to the defendant's country, in the image of Otsu No. 12 certificate, the light of the fixed-point camera was in the room of Mr. Deniz, but the room of the handy-camera was dark at the same time. And asked why the images differ in brightness.

In response, the defendant replied to the plaintiff and the court that they would make a confirmation response.

2019年12月19日: 第2回口頭弁論期日(東京地方裁判所415号法廷)

Dec 19, 2019: Second oral argument date

2020/8/12 13:07

【提出書類】

被告:準備書面(1)、証拠(乙1から20号)

※乙12号証は、デニズさんの居室外側天井から同居室の扉に向かって撮影された定点カメラの映像二つ、入管の職員がデニズさんを運び出し、暴行を加えた(国が主張するところの「制圧」)際にハンディカメラで撮影した映像一つが保存された映像ディスク(DVD)です

原告:求釈明申立書(※相手方の主張の意味等が不明瞭な部分について明確にするよう裁判所が促すことを求める書面)


【法廷でのやり取り】

ハンディカメラの映像が開示されたことを踏まえて、裁判所は、原告側に対し、事件の日におけるデニズさんと入管職員のやり取り、暴行の内容を具体的に主張したうえで、制圧行為として正当であるとの被告国側の反論について、具体的に反論を行うよう求め、原告側で主張を補充する書面を提出することとなりました。


【Documents to be submitted】

Defendant: Preparation document (1), evidence (Otsu 1 to 20)

*The Otsu No. 12 Certificate was two images of a fixed-point camera taken from the outside ceiling of Deniz's room toward the door of the same room, an immigration officer carried out Deniz and assaulted (the country claims This is a video disc (DVD) in which one video taken with a handy camera during "suppression" is stored.

Plaintiff: Petition for petition (*Written by the court to prompt the clarification of the unclear meaning of the other party's assertion)


[Exchange in court]

Based on the disclosure of the video of the handy camera, the court argued to the plaintiff side that the communication between Mr. Deniz and the immigration officer on the day of the case and the contents of the assault were specifically stated, and it was justified as a suppression act. Regarding the objection by the defendant, it was decided that the plaintiff would submit a document to supplement the argument, asking for specific objection.


2019年10月18日:第1回口頭弁論期日(東京地方裁判所 415号法廷)

Oct 18, 2019:First oral argument date

2020/8/12 12:25

【提出書類】

原告側:訴状、訴状訂正申立書、証拠(甲1号から3号)

被告側:答弁書


【法廷でのやりとり】

被告(国)が、訴状に対する具体的な反論は次回までに行うとの回答をしたことを踏まえて、裁判所は被告に次回までの反論書面の提出を指示。

【Documents to be submitted】

Plaintiff side: Complaint, petition for correction of complaint, evidence (Nos. 1 to 3)

Defendant: Answer


 【Interaction in court】

 Based on the reply that the defendant (country) will make a specific counterargument to the complaint by the next time, the court instructs the defendant to submit the counterargument document until the next time. 

2019年8月10日 提訴

Filed on August 10, 2019

2020/8/12 12:15

東京地方裁判所に提訴

Sued to the Tokyo District Court

5 件中 1-5

1-5 of 5 cases

  • 1

岡本翔太