「羽田空港新ルート設定の取消訴訟」 Actions for the revocation of administrative dispositions over Haneda Airport’s new flight paths

現在の支援総額 Total amount of current support

626,500円 ¥ 626,500

12%

目標金額 Target amount

5,000,000円 ¥ 5,000,000

サポーター Supporter

69 人 69 supporters

支援する Support a Case

都心住宅密集地や臨海コンビナート周辺の原告ら住民・労働者の生命・環境・安全・健康を守るために 、本件訴訟による行政処分の取消を通じて 、都心・臨海コンビナート上空の低空飛行をやめさせる、羽田空港の離着陸については、これまでの原則通り、海上ルートを守らせる、これが、原告らの願いであり 、本件訴訟の目的でもある 。 To call for revocation of the administrative dispositions that allowed the use of the airspace over the dense residential areas and waterfront complexes as takeoff and landing paths of Haneda Airport.

口頭弁論期日

Oral Argument

日時 Date
2021年9月22日(水)
15:00~
2021.9.22(Wed)
15:00~
場所 Location
東京地方裁判所・103大法廷 Tokyo District Court, Courtroom#103
期日
内容
Details
第一準備書面で触れていない「騒音被害論」を踏まえて第二準備書面を当方が提出することが、次回口頭弁論の主トピックとなります。5/12の口頭弁論でも、清水裁判長から次は「騒音ですよね?」と確認あった通りです。

2/5の原告意見陳述の場で、国の騒音測定所である広尾中学校のデータを書証提示しながら、事前住民説明値に対し実測値が大きく上振れしている事実を、既にアピールしました。これをベースにしながら準備書面化することは、次回の「テーマの一つ」です。

書証提出可能な資料を、数多く取り揃え、弁護団に託すという、結構重い作業を今月アタマまでに終えたところです。まだ「争点整理」にいつ入れるか、具体的なメドは聞いておりません。

序盤段階で重要な書類は、訴状/原告と被告の第一準備書面、と聞きます。裁判が長期化し、途中裁判官の交代が発生する際、後任がしっかり読み込む書類、を意味しますし、そういう意味では序盤戦の急所なのだろう、と自覚する次第です。
Oral Argument
期日
報告会
Report
Meeting
37℃以上の熱がある方、体調不良の方はご参加はご遠慮ください。
また、法廷内でのマスク着用のご協力をお願いします。
Please refrain from participating if you have a fever of 37 ° C or higher or if you are in poor physical condition.
In addition, we ask for your cooperation in wearing masks in the courtroom.

訴訟原告団