鬼怒川大水害訴訟 Kinugawa Huge Flood Litigation

現在の支援総額 Total amount of current support

6,000円 ¥ 6,000

0%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

パトロン数 Supporter

3 人 3 supporters

支援する Support a Case

2015年9月9日の「平成27年9月関東・東北豪雨」時に鬼怒川が溢水・越水して、茨城県常総市で大水害が発生しました。国が自然堤防の掘削を適切に対処しなかったり、低い堤防を放置していたことが、水害を引き起こし、被害を拡大しました。大水害で被害を受けた私たち原告は、河川行政の過ちを今後繰り返さないためにも、行政の責任を問うこの訴訟が必要だと考えています。
No data

第2回鬼怒川水害裁判口頭弁論(2019年7月12日)

Oral argument at the 2nd Kinugawa Flood Damage Trial (July 12, 2019)

2019/9/6 21:56

第2回鬼怒川水害裁判口頭弁論(2019年7月12日)


2015年9月10日、台風18号がもたらした関東・東北豪雨は、大洪水となって鬼怒川の下流に位置する常総市を襲いました。浸水面積は40k㎡、東京都の江東区の面積に相当する大水害でした。あれから4年、提訴から約1年の7月12日、第2回鬼怒川水害裁判は、水戸地裁下妻支部から異例の回付により、本庁の水戸地方裁判所に回され、新任の岡田伸太(裁判長)、南宏幸(右陪席)、小林遼平(左陪席)によって開廷されました。

第3回口頭弁論は10月18日(金)午後2時30分~です。


鈴木裕也 弁護士の陳述

 今回の弁論は国側の反論に対する再反論。立ったのは弁護団最年少の気鋭の弁護士鈴木裕也さん(水戸翔合同法律事務所)。パワーポイントを使い音吐朗々、法廷をうならせました。


片倉一美さんの意見陳述(要旨)

私は、両親・私夫婦・息子たち夫婦と、三世代で2軒の家を持ち水海道に住んでいました。その内、一軒は大規模半壊、もう一軒は半壊という被害を受けました。

 当初、私は、水害は天災と諦めていましたが、「常総水害被害者の会」に参加し、水害の原因を次第に知るようになりました。2016年1月、衆院第二議員会館で開かれた国との話し合いに参加。国のあまりの無責任、非常識に触れ、これでは私たちの被害の償いはもちろん、今後も全国で起こる水害被害はなくならないだろうと思い、原告になりました。

私は残念でなりません。水害がなければ、家族を失った方、財産を失った方、職を失った方など、人生そのものを失うような悲劇は起きなかった筈です。国は非を認め、国民のための国民に信託される河川行政に変わってください。

本日は訴状提出から340日目になります。裁判は、私たちの地元である下妻支所から水戸地裁へ一言の説明もなく回付され、進行が遅れています。今後は速やかに進行を図り、公正な判決を下すようお願いします。









Oral argument at the 2nd Kinugawa Flood Damage Trial (July 12, 2019)


The heavy rains in Kanto and Tohoku that hit the Kanto region on September 10, 2015 , resulted in a massive flood that hit Joso city located downstream of Kinugawa. The flooded area is 40km2. The flood was equivalent to the area of Koto Ward in Tokyo. On July 12th, four years after that, the second Kinugawa Flood Trial was transferred to the Mito District Court of the headquarters by the unusual circulation from the Shigetsuma branch of the Mito District Court. (Chairman), Hiroyuki Minami (Starboard), Kohei Kobayashi (Portside)


Hiroya Suzuki Statement of lawyer

This argument is a re-argument against the national argument. Standing is Yuya Suzuki (Sho Mito Office), the youngest lawyer of the defense team. Using the power point, I cheated the court.

Kazumi Katakura's statement of opinion (summary)

I lived on a waterway with two houses in three generations with my parents, private couple, and my son. One of them was severely damaged and the other was damaged.

At first, I had given up on flood damage as a natural disaster, but I joined the “Joint Flood Damage Victims Association” and gradually became aware of the causes of flood damage. In January 2016, participated in a discussion with the country held at the House of Representatives Second House. I touched the country's irresponsibility and insaneness, and I thought that this would not only compensate for our damage, but that flood damage that would occur throughout the country would not go away.

I'm sorry. Without flooding, there should have been no tragedy that would have lost life, such as those who lost their families, those who lost their property, or those who lost their jobs. The country should admit non, and change to river administration that is trusted by the people for the people.

Today is the 340th day after filing the complaint. The trial has been circulated without any explanation from our local Shimotsuma branch to the Mito district court. In the future, please proceed promptly and make a fair judgment.


1 件中 1-1

1-1 of 1 cases

  • 1