警察庁が保有する秘密個人情報ファイル簿の情報公開訴訟 FOIA case against the NPA

#刑事司法 #Criminal Justice
#情報公開 #Information Disclosure

現在の支援総額 Total amount of current support

213,300円 ¥ 213,300

106%

目標金額 Target amount

200,000円 ¥ 200,000

サポーター Supporter

25 人 25 supporters

支援する Support a Case

警察庁の秘密ファイルの開示を求めています。 FOIA case against the National Police Department asking for the disclosure of the ”secret” File.

判決報告会のお知らせ

Judgment Report Meeting

2022/2/3 11:37

情報公開クリアリングハウスを原告として東京地裁で係争してきた、警察庁の行った不開示決定の取り消しと開示の義務付けを求めた情報公開訴訟。

2022年1月18日に判決があり、一部勝訴しました。開示せよと裁判所が命じた範囲は6割くらい。

犯罪捜査等への支障を理由にした不開示決定の情報公開訴訟は争うこと自体が難題で勝つことも容易ではないのですが、今回なぜ、勝てたのか。いろいろな経緯がここに至るまでありました。

なぜ勝てたのか、どんな文書を争っていたのか、公開するとどんな意味があるのか、争点は何だったのかなど。提訴したのが2018年3月、足掛け4年近くかけての判決に至るまでと判決について報告する機会を設けました。

本日20時からと急なご案内ですが、ぜひご参加ください。事前申し込みが必要です。


日時2022年2月3日(木)20:00~(開場 19:55~)
開催方法Zoomによるウェビナー(要事前申込)
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_faoIjFP1SfetFpNM6sMkjg
参加費無料
主催情報公開クリアリングハウス


An information disclosure lawsuit that has been disputed at the Tokyo District Court with Clearinghouse as a plaintiff and demands the cancellation of the non-disclosure decision made by the National Police Agency and the obligatory disclosure.

There was a ruling on January 18, 2022, and we won partly. The pay ordered by the court to the government is about 60%.

The information disclosure proceedings for non-disclosure decisions due to obstacles to criminal investigations are difficult to win, but why did we win this time? There have been various circumstances leading up to this point.

Why did we win, what kind of document we were fighting for, what it meant to publish, what was the issue, etc. We would report such kind topics that had happened in this four years since our filing the lawsuit. 

Sorry for the short notice, It's from 8 o'clock today, but please join us. RSVP. 

 Date and time February 3, 2022 (Thursday) 20: 00- (Opening 19: 55-)
 Holding method Webinar by Zoom (advance application required)
 https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_faoIjFP1SfetFpNM6sMkjg
 Entry fee free
 Organizer Information Disclosure Clearinghouse


一部勝訴しました!

landmark victory!

2022/1/18 16:40

本日、東京地裁民事51部(清水知恵子裁判長)は、本件について判決を言い渡し、警察庁に対し不開示としていた122の行政文書に含まれる、合計500を超える項目について開示せよと言い渡しました。警察庁の保有する個人情報ファイル簿に対する情報公開請求が認められることは稀で、警察庁の秘密主義が改善されることが期待されます。


判決では行政機関に広い裁量があることを認めつつ、開示によるリスクが想定されない項目まで一律全面不開示とした警察庁の対応は裁量権行使の逸脱・濫用があるとされています。追って判決を訴訟記録に公開する予定です。

控訴されるか予断は許しませんが、警察庁においては判決の趣旨を踏まえ速やかに情報を開示することを期待します。

引き続きご支援を賜われれば幸いです。


Today, the Tokyo District Court's Civil Affairs Division 51 (Judge Chieko Shimizu) has handed down a ruling on this matter and told the National Police Agency to disclose more than 500 of the administrative documents that had not been disclosed. It is extremely rare for a request for information disclosure to the personal information file book held by the National Police Agency to be accepted, and it is expected that a scalpel will be included in the confidentiality of the National Police Agency.

 The judgment will be published in the proceedings record later.

 The ruling admits that the administrative agency has a wide range of discretion, but the National Police Agency's response to completely non-disclosure of items for which no risk due to disclosure is expected is said to be a deviation or abuse of the exercise of discretionary power.

 We hope that the National Police Agency will promptly disclose information based on the purpose of the decision.

 We would appreciate your continued support.


結審しました

Concluded

2021/8/5 18:18

7月8日11時半から、419号法廷で口頭弁論期日が開かれました。

当方が第6準備書面を陳述しました。

国が対象となる114の文書について、非開示とする理由を個別に整理し表にまとめて主張してきたため、

そもそも非開示とする理由がまったく存在しない書面については開示するべきであること、

一部の項目について非開示とする理由があるとしてもそれ以外の項目については開示するべきであること、

非開示とする理由についても立証が不十分であることなどを主張しました。


裁判所は審理は熟したと判断し、弁論を終結して結審したいと述べました。

これに対し国の代理人は、当方の準備書面に反論したいと述べましたが、新たな法律論や事実の主張をする予定はないと述べたことから、

裁判所は結審後に提出してくれれば拝見すると述べ、結審の方針を維持しました。


2018年3月の提訴以来、コロナ禍などもあり3年半にわたり審理がつづけられましたが、いよいよ判決となります。

警察庁による大雑把で過剰な不開示対応に風穴が開くのか、注目していただければ嬉しいです。

The oral argument date was held in Court No. 419 from 11:30 on July 8.

We have stated the 6th brief.

Because the country has individually organized the reasons for non-disclosure of 114 documents covered by the country and insisted on them in a table.

Documents for which there is no reason not to disclose in the first place should be disclosed,

Even if there is a reason to not disclose some items, other items should be disclosed.

He also argued that the reason for non-disclosure was insufficient proof.


The court ruled that the hearing was ripe and said it would like to end the argument and conclude the case.

In response, the state agent stated that he would like to refute our briefs, but said he had no plans to assert new legal theories or facts.

The court maintained its policy of closing, saying that it would see if it was submitted after the closing.


Since the complaint was filed in March 2018, the trial has continued for three and a half years due to the corona illness, but the decision is finally reached.

I would be grateful if you could pay attention to whether the National Police Agency will open a hole in the rough and excessive non-disclosure response.

書面による準備手続(ウェブ会議)が開かれました

Written preparatory procedure (web conference) was held

2021/4/28 14:28

国から準備書面(6)が提出されました。

前回提出された準備書面(5)における不開示理由の主張を補充する内容です。

裁判所から、準備書面(5)添付の一覧表の内容を、(6)の主張を反映させる形で更新するよう指示がなされました。

国からは5月21日までに更新して提出することになりました。

原告から6月21日までに反論の書面を提出することになりました。

次回期日は、7月8日11時半から、久しぶりに419号法廷で行われます。

いよいよ終盤戦です。ぜひ傍聴にお越しください。

The government has submitted a brief (6).

This content supplements the allegation of reasons for non-disclosure in the previously submitted brief (5).

The court has instructed us to update the contents of the list attached to the brief (5) to reflect the allegations in (6).

The government will update and submit it by May 21st.

The plaintiff will submit a written counterargument by June 21st.

The next date will be held at Court No. 419 for the first time in a long time from 11:30 on July 8.

It's finally the final game. Please come and listen.

過去の期日の報告

Report of past due dates

2021/4/28 14:19

報告が漏れており大変失礼しました。

コロナ禍の中、公開の法廷ではなく、ウェブシステムを利用して以下のとおり期日を重ねておりました。


2020年12月9日15時~ 

国から不開示の理由について一部の説明がなされましたが、裁判所からさらなる釈明が求められました。


2021年1月27日10時半~

国から不開示の理由が記載された一覧表が開示されました。

他方、一覧表に記載のない不開示理由があるとの説明がなされたため、裁判所からさらに一覧表を整理するよう釈明がなされました。



Sorry for the leaked report.

During the corona wreck, the deadlines were repeated as follows.


 December 9, 2020 15: 00 ~

 The state gave some explanations about the reasons for the non-disclosure, but the court requested further clarification.


 January 27, 2021 10: 30 ~

 The country has disclosed a list of reasons for non-disclosure.

 On the other hand, because it was explained that there was a reason for non-disclosure not listed in the list, the court explained that the list should be further organized.



準備手続が開かれました

Oral argument was held.

2020/9/3 15:22

本日(2020年9月3日)午後2時から、電話会議システムを用いて準備手続が開かれました。

裁判所は被告に対し、一律で不開示とした122件の資料の中には、不開示の理由がそれぞれ異なるものがあるのではないか、また一部については開示が可能な項目・欄があるのではないかと指摘がなされ、次回期日までに不開示の理由について項目・欄ごとに整理することを求めました。

被告からは、そのような回答をできるか否かも含めて検討し、3ヶ月後に検討結果を開示すると回答がなされました。

裁判所の指摘はこれまでの原告の主張に沿ったもので、ようやく資料ごとに具体的な議論が展開されることとなります。

次回期日は12月9日(水)15時から、同じく電話会議となりました。

引き続きご注目ください。

 From 2:00 pm today (September 3, 2020), the preparatory procedure was held using the conference call system. 

 The court argued to the defendant that the 122 non-disclosure materials may have different reasons for non-disclosure, and some have items/fields that can be disclosed. It was pointed out that the reason for non-disclosure was to be sorted out by item/column by the next deadline. 

 The defendant replied that it would consider whether or not such a response could be made, and disclose the results of the examination 3 months later. 

 The court's point is in line with the plaintiffs' allegations up until now, and a concrete discussion will finally be developed for each document.

 The next date will be held from 15:00 on Wednesday, December 9th. 

 Please keep your attention. 

次回口頭弁論期日

Next oral argument date

2020/1/29 20:53

次回の口頭弁論期日は、2020年2月6日午前11時30分から、東京地方裁判所419号法廷で行われます。国の反論が予定されています。是非傍聴にお越しください。

国の準備書面等は期日後に更新予定です。

 The next oral hearing will be held in Tokyo District Court, Court No. 419, at 11:30 am, February 6, 2020. A national objection is scheduled. Please come to observe. 

 National documents will be updated after the deadline. 

第8回期日が開かれました

The 8th oral argument was held

2019/9/19 11:45

2019年9月19日11時から、第8回口頭弁論期日が開かれました。

被告は、準備書面(3)を陳述し、前回期日における裁判所の釈明を踏まえ、非開示とした122の書面に関し、共通する項目ごとに開示できない理由を主張しました。

原告代理人は、少なくとも別請求において部分的に開示された項目については、本件請求で開示できない理由を具体的に述べるべきではないかと尋ねましたが、裁判所は、そこまで具体的な主張を求めると大量になるので難しいのではないか、いずれにせよその点も含めて次回期日までに書面で反論してほしい、と述べました。

次回期日は、11月12日(火)11時から419号法廷で開かれます。

ぜひお越しください。

The 8th oral argument date was held from 11:00 on September 19, 2019.

Defendant stated a preparation document (3) and asserted why the 122 documents that were not disclosed could not be disclosed for each common item based on the court's explanation as of the previous date.

The plaintiff's representative has asked that the reason why it cannot be disclosed in this request at least for items that are partially disclosed in another request should be specifically stated. He said that it would be difficult because it would be too large, and that he would like to argue in writing by the next date, including that point anyway.

The next due date will be held in the 419 court from 11:00 on November 12th (Tuesday).

Please come by all means.

第7回口頭弁論期日

The date of the seventh oral argument.

2019/5/20 9:45

2019年6月11日、11時半から、419号法廷で、第7回口頭弁論期日が開かれます。

原告のクリアリングハウスが、反論の書面を提出する予定です。

ぜひ傍聴にお越しください。


The seventh oral argument date will be held in the 419 court from 11:30, June 11, 2019.

The plaintiff's Clearinghouse will submit a written response.

Please come to Hearing.


9 件中 1-9

1-9 of 9 cases

  • 1

情報公開クリアリングハウス

関連コラム