カメルーン人男性死亡事件国賠訴訟 A compensation lawsuit against the Japanese government, et al., regarding the death of a Cameroonian in the Ushiku detention center.

現在の支援総額 Total amount of current support

1,259,100円 ¥ 1,259,100

125%

目標金額 Target amount

1,000,000円 ¥ 1,000,000

サポーター Supporter

287 人 287 supporters

支援する Support a Case

 2014年3月30日、茨城県牛久市の入管収容所に収容中のカメルーン人男性が、大声で「死にそうだ」と訴えながら放置され、死に至った事件。 A detained Cameroonian in the Ushiku detention center, Ibaraki Prefecture, was abandoned and died, although he had been seeking help by screaming “I’m dying” overnight.

210611 Web会議による弁論準備手続(第16回)

210611 Web conference preparatory procedure for speech (16th)

2021/7/7 15:23

【被告】

被告6月7日付準備書面(6)

乙25(牛久入管で2016年1月から3月までに発生した「制止等の措置」の件数について)提出

【次回期日】

2021年7月20日11時30分〜 Web会議による弁論準備手続

相手方の今回の準備書面に対して、7月9日までに反論の準備書面を提出する予定

【defendant】

Defendant June 7 Brief (6)

Submission of Exhibit Otsu 25 (Regarding the number of "measures such as restraint" that occurred from January to March 2016 in Ushiku Immigration Bureau)

[Next date]

July 20, 2021 11: 30-Preparation procedure for speech by web conference

The other party's briefs will be submitted by July 9th.

210419 Web会議による弁論準備手続(第15回)

210419 Web conference preparatory procedure for speech (15th)

2021/4/27 18:36

2021/4/19 13:15〜 Web会議による弁論準備手続(第15回)

【原告】

第10準備書面、第11準備書面、甲48~甲53、証拠申出書(原告側から意見書出した原医師と被告側の東谷医師の証人尋問を求める)


裁判所としては、今回原告から証人申請のあった二人の医師について採用方向で考えている。


【次回期日】

2021年6月11日(金)11時30分~

被告が今回の原告側書面に反論する(書面提出期限は6月7日まで)

双方、医師が水戸地方裁判所で尋問に来られる日程を確認する。

2021/4/19 13:15 ~ Web conference preparatory procedure for speech (15th)

【plaintiff】

10th Preparatory Document, 11th Preparatory Document, Exhibits A48 to Exhibit A53, Proposal of Evidence


The court is considering hiring two doctors who have applied for witnesses from the plaintiff this time.


[Next date]

June 11, 2021 (Friday) 11: 30-

Defendant refutes the plaintiff's document this time (the deadline for submitting the document is June 7)

Both sides confirm the dates when doctors will come to the Mito District Court for cross-examination.

210226 Web会議形式による弁論準備手続(第14回)

210226 Web conference-style speech preparation procedure (14th)

2021/4/27 17:45

2021/02/26 11時15分〜 Web会議形式による弁論準備手続

【当方】

・原告第9準備書面、甲47(ご遺族メール)

【国】

・国 準備書面5,乙22−24

【次回までの準備】

(当方)国の準備書面への反論+人証申請(原医師、東谷医師)→3月いっぱいまで。


【次回期日】

4月19日13時15分 Webによる弁論準備手続 原告はマイルストーン総合法律事務所で

2021/02/26 11: 15- Web conference format speech preparation procedure

【us】

・ Plaintiff's 9th brief, Exhibit Ko 47 (bereaved family email)

【Country】

・ National Brief 5, Exhibit Otsu 22-24

[Preparation until next time]

(We) Counterargument to the national briefs + application for personal identification (Dr. Hara, Dr. Higashiya) → Until the end of March.


[Next date]

April 19, 13:15 Web speech preparation procedure Plaintiffs at Milestone General Law Office

201120 口頭弁論期日(第13回)

201120 Oral argument date (13th)

2021/4/27 17:42

2020年11月20日 11時30分〜 水戸地方裁判所301号法廷

【原告】
・原告10月29日付け第8準備書面提出
・甲45、46
【被告】
・乙20、21

【次回期日】

2021年2月26日午前11時15分 弁論 301号法廷

【準備事項】

・被告 準備書面を2月19日までに提出
・原告は、被告の次回準備書面に対する再反論をするかどうかを次回期日までに検討
・双方、人証についての考えを、口頭で良いので次回期日までに検討

November 20, 2020 11: 30- Mito District Court No. 301 Court

【plaintiff】
・ Plaintiff submits the 8th brief dated October 29 ・ Exhibits A45 and 46
【defendant】
・ Otsu 20, 21

[Next date]

February 26, 2021 11:15 am Oral No. 301 Court

[Preparations]

・ Submit the defendant's briefs by February 19 ・ The plaintiff will consider whether to re-argue against the defendant's next briefs by the next deadline. Consider by

200918 口頭弁論期日(第12回)

200918 Oral argument date (12th)

2021/1/21 16:31

2020年9月18日午後11時 水戸地方裁判所301号法廷

口頭弁論期日

裁判長と右陪席が交代していました。

【被告】

・2020年7月3日付準備書面4

・乙20(国が医師に意見を聴取した報告書)乙21(医学書)

【原告】

・事件当時の牛久所長だった川村氏への訴えは、2020年4月7日に取り下げました。


【次回】

今回の国側の主張に対して、原告から反論する。

【次回期日】

2020年11月20日 11時30分〜 水戸地方裁判所 301号法廷

September 18, 2020 11:00 pm Mito District Court No. 301 Court

Oral argument date

The presiding judge and the right seat were replaced.

【defendant】

・ Preparation document dated July 3, 2020 4

・ Exhibit Otsu 20 (report of the government hearing opinions from doctors) Exhibit Otsu 21 (medical book)

【plaintiff】

・ The complaint against Mr. Kawamura, who was the director of Ushiku at the time of the incident, was withdrawn on April 7, 2020.


【next time】

The plaintiff argues against the country's allegations.

[Next date]

 November 20, 2020 11: 30- Mito District Court No. 301 Court

2020年6月5日に予定されていた口頭弁論期日は延期となりました。

2020年6月5日に予定されていた口頭弁論期日は延期となりました。

2020/5/28 16:26

2020年6月5日に予定されていた口頭弁論期日は新型コロナウイルスの影響で、裁判所から期日取消の連絡があり、延期となりました。

次回決まりましたら、またお知らせします。

2020年6月5日に予定されていた口頭弁論期日は新型コロナウイルスの影響で、裁判所から期日取消の連絡があり、延期となりました。

次回決まりましたら、またお知らせします。

200306 口頭弁論期日(通算11回目)

200306 16:00-Mito District Court No. 302

2020/3/31 10:05

200306 16時〜 水戸地方裁判所302号法廷 口頭弁論期日(通算11回目)


【原告】

・第7準備書面(医師の意見を踏まえた主張補充。前回の裁判所の釈明に応えるもの)

・甲43(医師の追加意見書)及び甲44(日本神経学会HPより「意識障害とは」)


【被告国】

・乙19 カメルーンの国家賠償制度についての文献

【裁判所】

・次回は、原告の第5〜第7準備書面に対して国が反論すること

・乙19が提出されて、カメルーンでも外国人による国家賠償ができると理解できる。国は相互保証(国賠法6条)については主張しないということでよいか。

→国も積極的に主張するものではないとのことでした。

・それを踏まえて、原告側は被告川村氏個人への訴えを維持するのかどうか検討するようにとのことでした。

【次回期日】

6月5日16時15分〜 水戸地方裁判所302号法廷 口頭弁論期日(通算12回目)

・被告国による反論

・原告は川村氏個人への訴えを取り下げるかどうか検討する

200306 16:00-Mito District Court No. 302, Oral Argument (11th in total)




【plaintiff】


・ Preparation document 7 (supplementation based on doctor's opinion. Responding to previous court's explanation)


・ Ko 43 (doctor's additional opinion) and Ko 44 ("What is Consciousness Disorder?"




[Defendant country]


・ Otsu 19 Literature on Cameroon's national compensation system


【court】


・ Next time, the government will refute plaintiffs' fifth to seventh preliminary documents.


-You can understand that you can submit national compensation to foreigners in Cameroon by submitting the second party. Is it OK that the state does not assert mutual assurance (Article 6 of the National Liability Law)?


→ The state does not assert itself.


-Based on this, the plaintiffs said that they would consider whether to keep the defendant Kawamura's individual appeal.


[Next date]


June 5, 16:15-Mito District Court No. 302, Oral Argument (12th in total)


・ Counter objection by defendant country


・ Plaintiff considers whether to withdraw Kawamura's personal complaint

200117 口頭弁論期日(通算10回目)

200306 16:00-Mito District Court No. 302

2020/3/31 9:58

200117 11時30分〜 水戸地方裁判所302号法廷 口頭弁論期日(通算10回目)

【原告】

第6準備書面提出

甲42(医師の意見書)提出

【裁判所から】

・意見書の内容からすると、救命のためには19:04の段階で搬送すべきであったこと、20:30の段階では救命できたか分からないということは理解できる

・それを踏まえて、19:04の段階では、本人の容態がどのような状況で、どのような処置をすることにより救命できたのかを明確にしてほしい

・逆に、20:30の段階では、被収容者の容態がどのような状況にまで悪化し、なぜ救命が困難になっていたのかを明確にしてほしい

とのリクエストがあり、次回までに原告側でこれに対応することになりました。


次回期日

2020年3月6日 16時〜 水戸地方裁判所302号法廷

200117 @ 11:30-Mito District Court No. 302, oral argument date (10th in total)


【plaintiff】


6th Preparatory Document Submission


Kou 42 (doctor's opinion) submission


[From the court]


・ From the contents of the written opinion, it is understandable that it should have been transported at 19:04 for lifesaving, and that it was not known at 20:30 that it was saved.


・ Based on that, at the stage of 19:04, I would like to clarify the condition of the person and what measures were taken to save the life


-Conversely, at the stage of 20:30, I want you to clarify how the inmates' condition deteriorated and why it was difficult to save their lives


And the plaintiff will respond to this by the next time.




Next date


March 6, 2020 @ 16:00 ~ Mito District Court No. 302

191115 口頭弁論期日(通算9回目)

191115 口頭弁論期日(通算9回目)

2019/11/15 12:00

2019/11/15 11:30〜 水戸地方裁判所301号法廷

【原告】

・第5準備書面提出〜因果関係、死因についての補充主張

【被告ら】

なし。

相互保証主義の関係で、カメルーンの国賠法については未だ回答なしとのこと。


【次回予定】

2020年1月17日11時30分〜 水戸地方裁判所301号法廷

1月10日までに原告から、死因や因果関係に関する医師の意見書とそれを踏まえた準備書面を提出する予定

2019/11/15 11: 30〜 Court of Mito District Court 301

【plaintiff】

・ Submission of the fifth preparation document-causal relations, supplementary claims about cause of death

[Defendants]

None.

Due to the mutual guarantee principle, there is still no response to Cameroon's national law.


[Next schedule]

January 17, 2020 11:30-Mito District Court 301

By January 10th, the plaintiff will submit a doctor's opinion on the cause of death and causality and a written preparation based on it.

190826 弁論準備手続(通算8回目)

190826 Preparatory proceedings (8th in total)

2019/8/28 11:08

・国 準備書面(3)、乙14−18提出

 前回の私たちからの求釈明へ回答がありました。

 大変驚くべき内容でした。

 男性がうめき苦しむ映像を確認していたのは、入管職員ではなく、委託を受けたガードマンとのこと。音声を聞くことは可能な機器ではありますが、どうも聞いていなかったようです(国の代理人は調べられるかどうかもわからないと言っていました。)。

 また、公開している休養・動静・監護日誌には、当日の男性の様子について、ほとんどの場面で「異常無し」とされていますが、この日誌も入管職員ではなく、ガードマンが作成していたということもわかりました。

・国から準備書面等が提出されたのが8月16日でした。急遽弁護団会議を行い、求釈明申立書2を提出しました。

・次回は、私たちの方から、明らかになった事実関係を踏まえて、入管職員らの救護義務違反について主張をまとめることになりました。

・次回期日 11月15日 11時30分〜 水戸地方裁判所302号法廷 次回はまた公開法廷です。

・ Preparation of country preparation document (3), submitted to B-14-18

There was an answer to the previous explanation from us.

It was very amazing.

It was not the immigration staff but the guard man who was entrusted that the video that the man suffered from moaning was confirmed. Although it is possible to listen to the audio, it seems that he was not listening to it (the country representative said he was not sure if it could be investigated).

In addition, the rest, movement, and custody diary that is open to the public states that there are no abnormalities in the situation of men on the day, but this diary was created by a guardman, not an immigration officer. I understood that.

・ It was August 16 that preparation documents were submitted by the government. We held a quick defense council meeting and filed a petition for petition 2

・ The next time, we decided to compile allegations of violations of relief duties by immigration staff based on the facts revealed by us.

-Next date November 15th 11:30-Mito District Court No. 302 Court Next time will be a public court again.

20 件中 1-10

1-10 of 20 cases

児玉晃一

この弁護団の団長を務めさせていただいています。マイルストーン総合法律事務所所属。http://milestone-law.com/