結婚の自由をすべての人に訴訟(同性婚訴訟) Lawsuit for freedom of marriage to every

現在の支援総額 Total amount of current support

345,500円 ¥ 345,500

17%

目標金額 Target amount

2,000,000円 ¥ 2,000,000

パトロン数 Supporter

55 人 55 supporters

支援する Support a Case

法律上の性別が同じ人どうしは、日本では結婚できません。
2019年2月14日、札幌、東京、名古屋、大阪の各地方裁判所で提訴、さらに、9月5日には福岡地裁でも提訴しました。
本ケースは、日本初の同性婚についての集団訴訟(「結婚の自由をすべての人に」訴訟)です。
法律上の性別にかかわらず結婚できることを目指しています。
People with the same legal gender can not get married in Japan.

九州・提訴しました!(2019年9月5日)

Kyushu

2019/9/6 9:29

福岡地方裁判所に、9月5日提訴しました。

原告は、男性どうしのカップルです。

札幌、東京、名古屋、大阪の各地裁での先行訴訟の訴状を参考にしつつ、新たな主張を加えたり、書き方を変えたりしています。

訴状証拠説明書(どのような証拠を提出しているかが分かります)を掲載しています。

ぜひご覧ください!

なお、訴状は別紙を除いたものとなっており、別紙の掲載はありません。

また、証拠説明書内に記載のURLはハイパーリンクをつけているのですが、うまく表示されないものがあります。

お手数をおかけし申し訳ありませんが、URLをコピー&ペーストしてくださいますようよろしくお願いいたします。

「結婚の自由をすべての人に」九州訴訟の訴訟の日時につきましては、決まりましたらまたお知らせいたします。

先行訴訟とともに、九州訴訟の傍聴などでの応援もよろしくお願いいたします。


ご支援くださった方、ありがとうございました。

本ケースへのご支援は、九州訴訟にも役立てさせていただきます。

Coming soon

東京・第2回口頭弁論(2019年7月8日)

Tokyo 2nd Oral Argument (July 8, 2019)

2019/7/10 9:09

「婚姻の自由をすべての人に」東京訴訟第2回期日報告

日時:2019年7月8日15時00分から15時45分

場所:東京地方裁判所第103号法廷

裁判官:田中寛明裁判長 寺内康介裁判官 吉原裕貴裁判官

内容:

  1. 【被告】第1準備書面正式提出
  2. 【原告】第1準備書面求釈明申立書の正式提出
  3. 【原告】証拠の取調べ(甲A1の1~甲114、甲B1、甲C1~甲C2、甲D1、甲E1、甲F1、甲G1~3)
  4. 被告の第一準備書面は、ほとんどが形式的なものであり実質的な主張はわずか2ページ程度で、その骨子は、憲法24条1項は「両性」すなわち男女の合意に基づくと定められており同性間の婚姻は「想定されていない」と主張するのみでした。そこで、原告は事前に求釈明書を提出した上、法廷においても、被告の主張をより詳細に明らかにするよう求め、約20分程度問答しましたが、結局、被告は「現時点では求釈明に回答する必要はない」という態度に終始しました。
  1. 裁判所から、被告に対して、現行の民法上の婚姻について、その由来、沿革、趣旨、目的を文献等を示して明らかにするよう指示がありました。
  2. 原告に対しては、各原告の個別事情について書面で主張するように指示がありました。

次回期日

201910161430分(第3回口頭弁論) 東京地方裁判所第103号法廷

原告は被告第1準備書面に対する反論書面と原告の個別事情に関する書面を、被告は上述した裁判所からの宿題に関する書面を、それぞれ提出予定です。

また、原告のうち1名の意見陳述を行う予定です。

第2回も傍聴席はほぼ満席でした。第3回にも是非お越し下さい。

期日報告会

裁判を傍聴できなかった人、傍聴できたけどよくわからなかった人のために、期日終了後に、弁護士会館で期日報告会を開催しました。まず、弁護団から今日の期日の内容について報告した後、原告の皆さんから感想をお話しいただきましたが、憲法24条1項の「両性」という文言から憲法は同性間の婚姻を想定していないという主張のみに終始して、原告代理人の求釈明に対して一切答えようとしなかった被告の態度に対して、皆さん口々に憤りを訴えていらっしゃいました。

次回以降も、毎回期日報告会は開催いたしますので、ぜひご参加ください。


なお、法廷や報告会のことは、次のとおり報道されています。

同性婚訴訟、国は逃げ切りねらう 「憲法が想定していない」ひたすら繰り返し、原告側は猛抗議(弁護士ドットコムニュース)

「性的マイノリティの人権は『想定外』だと言っている」 同性婚訴訟、国側の主張に強く反発(Buzzfeed)

「想定内の人と想定外の人がいるのか」。同性婚訴訟、「想定していない」と繰り返す国に原告側が反発(Huffpost)


******************

ご支援くださり、ありがとうございます。

CALL4では500円からご支援いただけます。

ご支援は、弁護士費用を除く、訴訟に要する費用(コピー代、交通費、意見書作成料等)に大切に使わせていただきます。

Coming soon

札幌・第2回口頭弁論(2019年7月8日)

Sapporo 2nd Oral Argument (July 8, 2019)

2019/7/8 20:00

「婚姻の自由をすべての人に」北海道訴訟 第2回期日報告

日時:2019年7月8日13時30分から13時45分

場所:札幌地方裁判所の第805号法廷

裁判官:武部知子裁判長 松長一太裁判官 臼倉尭史裁判官

内容:

  1. 原告ら第1準備書面の正式提出・要旨の陳述
     原告らから、同性間で婚姻できないとされる法律上の規定が違憲であることについて、すでに社会的背景からその違憲性が明らかになっていると主張しているところ、その補充として、国内外に社会情勢が刻一刻と変化していることを示す具体的な事情を主張しました。
  2. 被告第1準備書面の正式提出
     被告の書面は、ほとんどが形式的な認否であり、被告の主張はわずか2ページ程度でした。主張の骨子は、憲法24条1項は「両性」すなわち男女の合意に基づくと定められており、同性間の婚姻は「想定されていない」と主張するのみでした。
  3. 原告提出証拠の取調べ(甲115~甲138)
  4. 原告らから被告に対する求釈明

 原告ら代理人)被告第1準備書面のp19に記載されている「憲法は、当事者双方の性別が同一である場合に婚姻を成立させることを想定していないというべきである」との記載があるが、これは立法で婚姻を法制度化することも認められないという趣旨か、あるいは単に当時想定していなかっただけで立法は可能という趣旨か。

 被告代理人)その点についての回答は、持ち帰って検討したい。書面でもらえないか。

 原告ら代理人)その他の求釈明事項も含めて、改めて書面で釈明を求める予定である。


次回の裁判の日程調整

 7月11日に進行協議期日が開かれ、その後に原告側から求釈明の書面及び主張の書面と、被告側からの求釈明に対する回答の書面が提出される予定です。

 次回期日は10月16日(水)14時からと指定されました。


今回も傍聴席はほぼ満席でした。国は、書面でも口頭でも、あまり具体的な主張をしませんでした。


次回期日

2019年10月16日 14時00分(第3回口頭弁論)

札幌地方裁判所の第805号法廷


期日報告会

はじめに、弁護団の綱森弁護士から、国の第1準備書面についての報告をしたうえで、本日の口頭弁論の内容について報告がありました。

これについて、出席した2組の原告カップルから感想が述べられました。

「国は想定していないって言うけど、LGBTの人々は昔からいたし、現にわたしたちはここにいる。想定されなくても、実際にここにいる。」

「国は具体的なことを主張せず、逃げたんだなと思った。」

「国がそういう対応なら、裁判所に救済を求めるしかない。裁判所に期待したい。」

などのコメントが印象的でした。

弁護団から、求釈明により国の考えを明らかにさせたい、という説明がありました。

マスコミの方が帰った後は、お茶とお菓子をつまみながら、弁護団の加藤弁護士と須田から、ニューヨーク視察の報告をしました。立法府だけではなく、民間支援団体、行政、大学、そして裁判所までも、日本とは全く異なる次元で丁寧なLGBTQの対応をしていることに感銘を受けつつも、アメリカもここ4~50年で変わったのだから、日本はもっと速いスピードで近い将来変われるはずだ、という私見を述べました。


(左:須田弁護士 右:加藤弁護士)

次回以降も、毎回期日報告会は開催いたしますので、今回参加できなかった方も、ぜひご参加ください。

*************************

CALL4では500円からご支援いただけます。

ご支援くださり、ありがとうございます。

ご支援は、弁護士費用を除く、訴訟に要する費用(コピー代、交通費、意見書作成料等)に大切に使わせていただきます。

Coming soon!

大阪・第2回口頭弁論(2019年7月5日)

Osaka 2nd Oral Argument (July 5, 2019)

2019/7/7 10:44

「婚姻の自由をすべての人に」大阪訴訟第2回期日報告

日時:2019年7月5日15時30分から15時50分

場所:大阪地方裁判所第202号法廷

裁判官:

内容: 

  1. 国から反論書面が提出されました
  2. 原告側から、社会や世界の動向を補充する書面を提出しました。
  3. 婚姻届不受理証明書等を証拠として取り調べました。
  4. 大畑弁護士が補充書面の説明を行いました。
  5. 原告の川田さんと田中さんが意見陳述を行いました。
  6. 次回の裁判の日程調整をしました。

今日は約100人の方が傍聴に来てくださり、大法廷が満員になりました。皆さん色とりどりの洋服を着てこられて、バーの内側から見ると傍聴席が虹色に輝いていて、とても勇気づけられました。

次回期日

201910251030分(第3回口頭弁論) 大阪地方裁判所第202号法廷

大阪地方裁判所の庁舎が耐震補強工事に入り、大法廷がしばらく閉鎖されるため、次の裁判が少し先になりました。

9月6日までに、原告側から、国の主張で不明確な部分に対してさらに説明を求める書面を提出することになりました。

その書面を受けて、次回の裁判に間に合えば、国が説明を補充したり反論したりする予定です。

もしも国の反論が間に合わなくても、次回の裁判で国側の準備状況が報告されます。

期日報告会

裁判終了後に、大阪弁護士会館で期日報告会を開催しました。

司会は寺野弁護士です。

期日報告会も会議室が満員になり、傍聴に来て下さった方だけでなく、傍聴に来たけれど満員で法廷に入れなかった方もたくさん参加してくださいました。

まず弁護団の大畑弁護士から、この日の裁判の手続の内容について説明がありました。

次に、意見陳述をした原告の田中さんから今日の感想の報告がありました。

国が同性カップルを放置してきたことに対する怒りを裁判所に伝えたかったというお気持ちを述べられ、婚姻届の提出をきっかけに地元で同性パートナーシップ制度が導入されることになったこと等を報告されました。

その後、山岸弁護士から国から提出された書面の内容の説明があり、今後原告側がどのように反論していくかについても説明がありました。

また、新しく大阪弁護団に加入した佐藤倫子弁護士から自己紹介があり、今回の訴訟に参加することになったきっかけや今後の裁判に向けた熱い思いが述べられました。

会場からもたくさん応援の声をいただき、原告・弁護団ともにおおいに励まされました。

最後に、三輪弁護士から引き続きの支援の呼びかけがあり、閉会となりました。

今後も満員で法廷に入れない方がおられるかもしれませんが、毎回裁判の後に期日報告会を開催して裁判の内容について説明する機会を持ちますので、引き続き傍聴のご支援をよろしくお願いします。

Coming soon

名古屋・第2回口頭弁論(2019年7月2日)

Nagoya 2nd Oral Argument (July 2, 2019)

2019/7/3 12:56

「婚姻の自由をすべての人に」名古屋訴訟第2回期日報告

日時:2019年7月2日13時10分から13時40分

場所:名古屋地方裁判所 第1102号法廷

裁判官:桃崎剛裁判長 植村一仁裁判官 藤本理裁判官

内容:

  1. 被告第1準備書面の正式提出
  2. 原告ら第1準備書面及び求釈明申立書の正式提出
  3. 原告提出証拠の取調べ
  4. 堀江弁護士による原告第1準備書面及び求釈明申立書の要旨の陳述
  5. 求釈明を巡るやり取り
  6. 次回の裁判の日程調整

 今回、原告から準備書面及び求釈明申立書が提出されたことから、裁判所は被告に対して、当然の如く「反論や回答はいつまでに提出するのか」と確認しました。

 ところが、被告は「追加の主張や回答の必要は無い」と答えました。

 そこで、原告は被告に対して、被告に対する求釈明のうち、「24条1項に『両性』との文言が用いられている点から憲法に違反しない」との主張のほかに主張予定はないかを確認しました。

 そうしたところ、被告は「そのほかに主張予定はない」と答えたため、原告は裁判所に対して、被告の回答を調書に記載するよう求めました。

 これに裁判所が応じて調書にその旨記載されました。

 次回の期日においては、今回の被告の見解を前提として、原告が準備書面を提出することとなりました。

 

 傍聴席はほぼ満席でした。


次回期日

2019年10月15日午前11時(第3回口頭弁論) 名古屋地方裁判所の第1102号法廷

 10月4日までに、今回の期日における求釈明を巡るやり取りを前提として、原告が準備書面を提出することとなりました。

期日報告会&しゃべろう同性婚

期日報告会には、裁判を傍聴していただいた方のほか、今まで裁判を傍聴していない方も複数名、参加されていました。

 まず弁護団から、裁判の概要、これまでの経緯、期日でのやり取りなどについて説明をした上で、風間孝さんの司会で、名古屋青空部の代表者、NPO法人PROUDLIFEの代表理事とトークをしながら、この裁判に関する弁護士への質疑応答がなされました。

 トークの終了後、5人一組で段ボールの円卓をつくり、ディスカッションタイムとなりました。

まず、各参加者が円卓に同性婚などに関する不安やネガティヴなテーマを書き出した上で、その中からテーマを選び、そのテーマをいかにしてポジティヴなものにしていくかのアイディアをディスカッションしました。

ディスカッションタイムの後、各グループからディスカッションの内容が発表されました。性のあり方の多様性に関する教育、同性カップル当事者のなかに同性婚について消極的な意見があること、同性カップルが子どもを持つこと等、各グループから様々なテーマが出て、そのテーマに対するアイディアが発表されました。

 発表の終了後、参加者からこのイベントについての感想が述べられました。その後、風間孝さんから終わりの挨拶があり、最後に全員で記念写真を撮りました。

 内容の充実したイベントであり、参加者も積極的に発言するなど、大変有意義なイベントとなりました。このようなイベントを地道に続けていくことで、社会が同性婚の問題に関心を持つようになっていけば幸いです。

次回以降も、毎回期日報告会は開催いたしますので、今回参加できなかった方も、ぜひご参加ください。

Coming soon

第2回期日、決定!報告会もあります。(追記20190622)

2nd due date, decided! There is also a briefing session.

2019/5/9 14:04

追記(20190622) 報告会情報など追記しています。

第2回期日の日時が決まりました。

どなたでも傍聴できます。可能な方はぜひ応援にいらしてください!

すべての地域で報告会もございます(東京は中継いたします)。

なお、いずれも訴訟の終了時刻は予定ですので、前後することがございます。


札幌地方裁判所

第2回弁論期日:2019年7月8日(月)13:30~

※傍聴券交付予定なし。法廷への入場は先着順になります。

場所:札幌地方裁判所805号法廷

事件番号:平成31年(ワ)第267号

事件名:損害賠償請求事件

アクセス:http://www.courts.go.jp/sapporo/about/syozai/sapporomain/index.html

【報告会】

時間 14:15ころ~(訴訟終了後)

場所 丸二羽柴ビル4階D(札幌市中央区北1西8)

報告会場へのアクセス:https://www.instabase.jp/space/57282696


東京地方裁判所

第2回弁論期日:2019年7月8日(月)15:00~ 

※傍聴券交付あり。

傍聴をご希望の皆さまは、午後2時40分までに東京地方裁判所の傍聴券交付場所にお越しください。

傍聴券交付場所は、「東京地方裁判所正面入口(東京メトロ霞が関駅A1出口上がってスグ)、裁判所建物に向かって右側」です。

参考:傍聴券交付情報 http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=15

(国家賠償 平成31年(ワ)第3465号 です)

場所:東京地方裁判所103号法廷

事件番号:平成31年(ワ)第3465号

事件名:国家賠償請求事件

アクセス:http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html

【報告会】

時間 16:00~17:00

場所 東京弁護士会508号室ABC

報告会場へのアクセス:https://www.toben.or.jp/know/toben/access.html

報告会の中継あります!ぜひご覧ください。 https://youtu.be/-bcz4SOC8yU


名古屋地方裁判所

第2回弁論期日:2019年7月2日(火)13:10~

※傍聴券交付予定なし。法廷への入場は先着順になります。

場所:名古屋地方裁判所1102号法廷

事件番号:平成31年(ワ)第597号

事件名:結婚の自由をすべての人に訴訟事件

アクセス:http://www.courts.go.jp/nagoya/about/syozai1/nagoyamain/index.html


【報告会&しゃべろう同性婚 予約受付中】

時間 18:30~

場所 ナディアパークデザインセンター6階セミナールーム3

(名古屋市中区3-18-1)

詳細(予約方法など):http://marriageforall.jp/blog/mfajnagoya0702/


大阪地方裁判所

第2回弁論期日:2019年7月5日(金)15:30~ 

原告の川田有希さん・田中昭全さんが意見陳述の予定です。

※傍聴券交付予定なし。法廷への入場は先着順になります。

場所:大阪地方裁判所202号法廷

事件番号:平成31年(ワ)第1258号

事件名:結婚の自由をすべての人に訴訟事件

アクセス:http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/index.html

※大阪地裁傍聴券交付情報(交付されない場合は一覧にあがりません)

http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=146


【報告会】

時間 16:00~17:00

場所 大阪弁護士会館1203号会議室(12階)

報告会場へのアクセス:http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/


変更があり次第、新たな情報をこちらのサイトに追記いたします。

期日が近づきましたら、改めてご確認くださいますようよろしくお願いいたします。


*************************

国内外からご支援くださり、ありがとうございます。

ご支援は、弁護士費用を除く、訴訟に要する費用(コピー代、交通費、意見書作成料等)に大切に使わせていただきます。

Coming soon!


大阪・第1回口頭弁論(2019年4月26日)

Osaka 1st Oral Argument (April 26, 2019)

2019/4/26 17:34

「婚姻の自由をすべての人に」大阪訴訟第1回期日報告

日時:2019年4月26日14時00分から14時25分

場所:大阪地方裁判所202号法廷

裁判官

内容:

  1. 訴状の正式提出
  2. 答弁書の正式提出
  3. 証拠の取調べ
  4. 弁護団の三輪弁護士による訴状の説明と意見陳述
  5. 原告坂田麻智さんによる意見陳述
  6. 次回の裁判の日程調整

大法廷の傍聴席はほぼ満席となり、たくさんの方が応援に駆けつけてくださいました。裁判所に入る場面や法廷内ではテレビカメラの撮影もあり、関心の高さがうかがえました。

坂田さんの意見陳述では、傍聴席から鼻をすする音が聞こえ、心に訴えかける内容でした。裁判官も坂田さんをまっすぐ見つめて真剣に聞いている様子でした。

次回期日

2019年7月5日15時30分(第2回口頭弁論)

6月21日までに国の反論書面が提出されることになりました。原告側も、最近の社会での動きをまとめた書面と証拠を提出する予定です。

また、次回は川田有希さんと田中昭全さんの意見陳述も行われますので、ぜひ傍聴に足を運んでください。

期日報告会

傍聴に来て下さった方の大部分の方が報告集会に参加して下さいました。座席が足りず、立ち見の方もおられました(すみませんでした)。

まず、弁護団の三輪弁護士から、第1回裁判で何が行われたか報告があり、訴状の概要についても説明がありました。

その後、原告の坂田麻智さん、テレサ・スティーガーさん、田中昭全さん、川田有希さんから、傍聴に来て下さった方への感謝のメッセージや裁判の感想について発言がありました。

参加者の方から原告の皆さんに対して応援のメッセージもいただきました。許されるなら法廷で拍手をしたかった、次回の裁判にもたくさん傍聴者が来るよう呼び掛けたいと思う、などの発言もいただきました。プライベートな内容が含まれるので詳しい報告はできませんが、それ以外にもたくさんの方から感想や応援のメッセージをいただきました。笑いあり、涙ありの充実した報告集会となりました。

次回も、裁判の進行や原告の皆さんからの発言などをお伝えすべく報告集会を開催しますので、ぜひご参加ください。

Coming soon

名古屋・第1回口頭弁論(2019年4月19日)

Nagoya 1st Oral Argument (April 19, 2019)

2019/4/19 23:12

「婚姻の自由をすべての人に」名古屋訴訟第1回期日報告

日時:2019年4月19日15時30分から16時00分

場所:名古屋地方裁判所第1102号法廷

裁判官:桃崎剛裁判長 植村一仁裁判官 藤本理裁判官

内容: 

  1. 訴状の正式提出
  2. 答弁書の正式提出
  3. 証拠の取調べ
  4. 浦野弁護士、堀江弁護士による訴状の説明
  5. 原告鷹見さんによる意見陳述
  6. 次回の裁判の日程調整

傍聴席は満席でした。

次回も1102号法廷で指定されましたが、次々回からは、一番大きな法廷を使えるように、傍聴での応援をよろしくお願いします。

次回期日

2019721310分(第2回口頭弁論) 名古屋地方裁判所第1102号法廷

6月21日までに、国の反論書面が提出されることになりました。

期日報告会

裁判を傍聴していただいた方を中心に、裁判所近くのKKRホテルで、期日報告会を開催しました。

まず弁護団から、期日でのやりとり、訴状の内容、今後の進行について説明をした上で、原告の鷹見さんから意見陳述に際しての想い、期日を終えての感想について、話していただきました。

その後、質疑応答、感想をシェアする時間をとりました。参加者の方から、いろいろな質問、感想が挙がって、改めてみなさんの関心の高さを感じました。「勇気を持って訴訟を起こしてくれたことが嬉しい」「原告の意見陳述は、隠れて生きてきた自分の思いを文字にしてくれたようなものだった」という感想をいただき、改めて、この訴訟に取り組む気持ちを強くしました。

次回以降も、毎回期日報告会は開催いたします。今回参加できなかった方も、ぜひご参加ください。

Coming soon

札幌・第1回口頭弁論(2019年4月15日)

Sapporo 1st Oral Argument (April 15, 2019)

2019/4/17 16:45

「婚姻の自由をすべての人に」北海道訴訟第1回期日報告

日時:2019年4月15日13時30分から14時20分

場所:札幌地方裁判所第805号法廷

裁判官:武部知子裁判長 松長一太裁判官 臼倉尭史裁判官

内容:

  1. 訴状の正式提出
  2. 答弁書の正式提出
  3. 原告側の証拠の取調べ
  4. 須田布美子弁護士による訴状の説明と意見陳述
  5. 原告Eさんによる意見陳述
  6. 原告国見亮佑さんによる意見陳述
  7. 次回の裁判の日程調整

傍聴席は札幌地裁で最も大きい805号法廷の80席が満席。傍聴券配布に間に合わなかったため、傍聴いただけない人もいました。

次回期日

2019781330分(第2回口頭弁論)

6月17日までに、国の反論書面が提出されることになりました。また原告側からも、最近の同性婚や性的マイノリティに関する世の中の動きをまとめた書面と証拠を提出することになりました。

期日報告会

裁判を傍聴できなかった人、傍聴できたけどよくわからなかった人のために、期日終了後に、札幌弁護士会館で期日報告会を開催しました。お茶とお菓子を囲んで、和やかな会となりました。

まず弁護団の綱森弁護士から、裁判の仕組みや裁判に関わる人たちのこと、さらにこの日の裁判の手続の内容について、裁判の傍聴が初めての方にも分かりやすく説明しました。

質疑応答を経て、原告たかしさんのお姉様から、感動的なスピーチをいただきました。たかしさんとずっと一緒に暮らしていながら、たかしさんの苦しみをまったく理解してあげられなかったことを悔やみ、今はパートナーの亮佑さんとともに、家族として受け入れていることをお話いただきました。そして最後には、同性愛者であることを悩み、自ら命を絶つ人もいる中で、お二人に対し、「生きていてくれてありがとう!」と心からの感謝の言葉を述べられました。この言葉に、会場にいるほとんどの人たちが、涙腺を崩壊させていました。

次回以降も、毎回期日報告会は開催いたしますので、今回参加できなかった方も、ぜひご参加ください。

Coming soon

東京・第1回口頭弁論(2019年4月15日)

Tokyo 1st Oral Argument (April 15, 2019)

2019/4/16 0:09

「婚姻の自由をすべての人に」東京訴訟第1回期日報告

日時:2019年4月15日10時から10時35分

場所:東京地方裁判所第103号法廷

裁判官:田中寛明裁判長 寺内康介裁判官 吉原裕貴裁判官

傍聴席は満席でした。傍聴希望の方が多くいらっしゃったため、抽選になりました。

内容:

1.【原告】訴状の正式提出 

2.【原告】原告佐藤郁夫さんによる意見陳述

3.【原告】原告小野春さんによる意見陳述

4.【原告】弁護士3名(清水皓貴弁護士・加藤慶二弁護士・中川重徳弁護士)による意見陳述

5.【被告】答弁書の正式提出

6.次回の裁判の日程調整 4月26日9時50分から開催される進行協議期日で、次回期日が決められる予定です(訴訟の進行など手続きについて話し合われます。公開手続ではなく、傍聴はできませんのでご注意ください)

期日報告会

裁判を傍聴できなかった方、傍聴できたけれどよくわからなかった方のために、原告や弁護団員が出席して期日報告会が開催され、ライブ配信も行われました。配信映像は、YouTubeの専門チャンネル https://youtu.be/BqJA8NuoXUk でご覧になることができます。

東京訴訟では、毎回、期日報告会のライブ配信が予定されています。

Coming soon

12 件中 1-10

1-10 of 12 cases

森あい

「結婚の自由をすべての人に」訴訟・弁護団員
当サイトの同訴訟についてのクラウドファンディング呼びかけ人