優生保護法に奪われた人生を取り戻す裁判

State Compensation Litigation under the Old Eugenics Protection Law

日本に約25年前まであった優生保護法により、国から「子供を産んではいけない」と言われ、本人の同意なく強制的に不妊手術を受けた人たちがいます。「不良な存在」として尊厳を傷つけられた被害者たちが、国に対して謝罪と補償・差別の是正を求めて起こした裁判の、裁判費用を集める支援プロジェクト…

Only about 25 years ago in Japan, there was a law called the Eugenics Protection Law. It is a proceeding to apologize and compensate the vi…

現在の支援総額 Total amount of current support ¥ 460,000 目標金額 Target amount ¥ 1,000,000 サポーター Supporter 60 supporters

支援者情報 Supporter information
ユーザーネーム 必須 User name Required
氏名 Real name
メール 必須 Email address Required

※支援する金額を選択してください。

※Please select the amount to support.

金額を直接入力 Enter the amount directly.

最低支援金額は500円となっています。

The minimum support amount is ¥500.

コメント Comment

頂いたコメントはユーザーネームとともに支援者の声欄に掲載されます。

Comments will be posted in the Supporters’ Voice section with username.

氏名とメールアドレスは表示されません。
メールアドレスは今後訴訟についてのアップデートやお知らせを送るのに使用させていただきます。

Real name and email address do not appear.
Your email address will be used to send you updates and notices about the lawsuit in the future.